いま,見ておきたいウェブサイト

第167回 The Super League,Yamauchi No.10 Family Office,宏光MINI EV

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

全国的にジメジメとしてくるにつれ,晴れの日のありがたさを感じる今日このごろ,皆様いかがお過ごしでしょうか。今回も個人的に感じた,素晴らしいウェブサイトの特徴をいくつかお話したいと思います。

儚く散った,夢の大会

The Super League

2021年4月18日に12のビッグクラブの合意によって創設が発表された,ヨーロッパのフットボールクラブによる大会「European Super League」の公式ウェブサイト,⁠The Super League』です。

図1 12のビッグクラブによる合意が発表された「European Super League」の公式ウェブサイト

図1 12のビッグクラブによる合意が発表された「European Super League」の公式ウェブサイト

「THE BEST CLUBS. THE BEST PLAYERS. EVERY WEEK.」と名付けられた大会概要によれば,⁠European Super League」には,ヨーロッパの4大フットボールリーグに所属する20クラブが参加し,2つのグループに分けられたクラブが平日開催でホームアンドアウェイ方式の試合を行います⁠。各グループの上位3チームとプレーオフの勝者2チームが準々決勝に進出し,最終的に2022年5月に一発勝負の決勝戦が行われます。

図2 大会概要に並ぶ「THE BEST CLUBS. THE BEST PLAYERS. EVERY WEEK.」のタグラインから,⁠European Super League」の自信が伺える

図2 大会概要に並ぶ「THE BEST CLUBS. THE BEST PLAYERS. EVERY WEEK.」のタグラインから,「European Super League」の自信が伺える

コロナ禍であぶり出された,クラブ経営の問題点

今回,UEFAに所属するビッククラブが「European Super League」設立へと合意した理由の1つが,新形コロナウイルス感染拡大による経営の悪化でしょう。クラブ自体が巨額の負債を抱えている中で,新型コロナウィルスの影響による無観客試合や放映権収入の激減により,ビッククラブといえども大きな経営的ダメージを受けています。

図3 ⁠European Super League」の発表を受け,急遽発表されたUEFAによる各サッカー協会との共同声明

図3 「European Super League」の発表を受け,急遽発表されたUEFAによる各サッカー協会との共同声明

「European Super League」の発表を受け,UEFA(欧州サッカー連盟)イングランド,スペイン,イタリアの各サッカー協会との共同声明を公式サイトで発表します。UEFAは,参加を表明したクラブが国内や欧州,世界レベルの大会に参加できなくなること,所属選手が代表チームでプレーできなくなる可能性を示唆しました。

事前に説明もなかった各クラブに所属する監督や選手たち,OBやサポーターからも,大会開催に対する抗議の声が挙がります。各方面からの猛烈な抗議によって,4月20日には参加予定だった6クラブ,4月21日には3クラブが相次いで撤退を表明しました。結果として「European Super League」に残存するクラブはわずか3クラブとなり,大会の開催は不可能となりました。

図4 Deloitte Touche Tohmatsuによるレポート「Deloitte Football Money League」によれば,2019から20年の収益上位20クラブの合計金額は82億ユーロで,前シーズンと比較して12%減少した

図4 Deloitte Touche Tohmatsuによるレポート「Deloitte Football Money League」によれば,2019から20年の収益上位20クラブの合計金額は82億ユーロで,前シーズンと比較して12%減少した

(グラフはDeloitte Football Money Leagueより引用)

「European Super League」が合意に至った理由の1つは,新形コロナウイルスの影響による経営悪化です。会計事務所Deloitte Touche Tohmatsuが毎年発表するフットボールクラブの財務実績レポートDeloitte Football Money Leagueによれば,2019年から2020年までの収益上位20クラブの合計金額は82億ユーロ(約1兆937億円)で,前シーズンと比較して12%(約1,467億円)も減少しました。

ビッククラブが収益にこだわる理由は,クラブの成り立ちにも関係があります。イングランド,スペイン,イタリアでは,クラブのオーナーが私財を投資しながらクラブの規模を拡大してきた歴史的経緯があります。経営の健全性を無視した補強や投資で,多くのビッククラブがいまだに莫大な負債を抱えており,その返済に当てる資金が必要不可欠なのです。

それ以外にも「UEFA主催試合の収益分配金条件の見直し」⁠各国内リーグでのクラブ間収益の差の拡大」⁠年間試合数の増加による選手の負荷増加と試合の質の確保」など,ヨーロッパのフットボール全体には課題が山積みです。今回の騒動をきっかけに,運営,クラブ,選手,サポーターのすべてに受け入れられる,新たな仕組みづくりを進めてほしいと願っています。

著者プロフィール

Lançamento(ランサメント)

国内外のウェブサイトを日々紹介する Blog『Lançamento』を運営する,自称“フリーランスという名の無職”。目指すは“エクスペリエンスデザイナー”(O'REILLY『Web情報アーキテクチャ』11ページ参照)。2008年の“ジェフの奇跡的な残留”を目の前で見たサッカー好き。