一般記事

PyCon JP 2020の歩き方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

開催まで1ヵ月を切ったPyCon JP 2020。どんなセッションがあるのか ―「PyCon JP 2020の歩き方」と題して,その一部をスタッフの稲森と花井がお届けします。

PyCon JPとは

PyCon JPは,日本国内外のPythonユーザーが一堂に会し,互いに交流を深め,知識を分け合い,新たな可能性を見つけられる場所として毎年9月中旬に開催される国際カンファレンスです。

PyCon JP 2020は8月28日(金⁠⁠,および29日(土)の2日間で開催されます。当初の予定では大田区産業プラザPiOでの開催で準備を進めていましたが,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を考え,オンラインで開催することになりました。

PyCon JP 2020の座長であるnishiさんによると,早い段階で「参加者の安全が担保できない状態では現地開催を行わない」と決めていた一方で,簡単には現地開催を諦めずに準備を進めてきたが,4月後半に差し掛かっても(COVID-19は)依然収束の気配がないため,開催日までの時間を考慮して,オンライン開催とすることに決めた。と述べています。

相手の顔が直接見えない中でプレゼンテーションを行う発表者やブースを設置し,直接参加者との交流が図れないスポンサーの方々の募集に苦労することが予想されましたが,100本を超えるCfPへの応募,プラチナに限らず多くのスポンサー応募があり,PyCon JP に対する関心の高さが伺えます。

そんなPyCon JP 2020をどのようにして参加すれば楽しめるのか? 初のオンライン開催と言うことで色々とあわただしく準備が進められてますがそんな中で発表されたセッション情報などから私たちが注目している内容をいくつかテーマ別にご紹介してみたいと思います。

注目セッション

キーノートセッション1日目

キーノートセッションの1日目は,芝世弐氏によるもの。Pythonにおける機械学習に興味をお持ちの方ならば外すことのできないセッションと言えます。こちらでも経歴が紹介されていますが,独学で機械学習を始め,将棋電王トーナメントに初参加ながら準優勝。また世界コンピュータ将棋選手権優勝するほどの凄腕の研究者(エンジニア)です。

機械学習をこれから学ぼうとしている方,学んだ結果をどのように活用していくのか。あらゆる局面において非常に参考になる期待のセッションです。発表当日をお楽しみに!

キーノートセッション2日目

2日目は,初日の機械学習とは打って変わってWebプログラミングの分野からです。

Gun.ioの共同設立者でアリサーバレスフレームワークZappaの作者でもあるRich Jones氏による発表はWeb開発者だけでなく,多くの方が注目することでしょう。Pycon Singapore 2019のレポートでも発表の素晴らしさが伝えられていますが,PyCon JP 2020ではどんな事を発表していただけるのか,非常に楽しみでなりません。

招待講演

PyCon JP では,毎年,各界(学術や産業など)の第一人者をお招きし,普段ではなかなか聞くことのできないPythonに関するお話を講演いただく目的で,招待講演の枠が設けられております。今年は5名をお招きして,講演いただきます。

露木 誠さん
『パーフェクトPython』の著者の一人としても知られる露木さん。MetaclassやDescripterについてお話しいただく予定です。
片寄 里菜さん
PyCon JPではドローンに関する発表とデモンストレーションでおなじみの片寄さん。ドローンに関するこれまでのあゆみと,今後の展望についてお話しいただく予定です。
打田 智子さん
Janomeの開発者として有名な打田さん。Janomeのこれからと,今後,そして個人開発の続け方についてお話しいただく予定です。
岩崎 祐貴さん
業務ではMultimedia関連の研究に従事されている岩崎さん。DevOpsの派生であるMLOpsについてお話しいただく予定です。
Nina Zakharenkoさん
本年度PSFディレクターに就任したNinaさん。PSFとコミュニティの関わりと,PSFとしての取り組みについてお話しいただく予定です。

著者プロフィール

稲森景(いなもりあきら)

株式会社インターネットイニシアティブ所属。入社以来,一貫してサービス向けの基盤開発・運用に携わる。開発・運用を自動化するためにpuppet, chef, Ansibleと利用していたが,結局,自分でPythonコードを書き始めるまでに至る。Pythonを選んだのは2015年からアメリカ西海岸に駐在とした際に赴任したのがきっかけ。2019年に帰国して以来,息子にどうやってプログラミングに興味を持たせるか試行錯誤中。

趣味と実益を兼ねてマンション管理組合の理事長を長年勤める傍ら,小型船舶免許を持っているため,友人から近隣住民向けクルーズの操船要員としてかり出されることもしばしば。


花井宏行(はないひろゆき)

PyCon JP 2020事務局チームリーダー。PyCon JPには2018年からPython未経験のまま参加。スタッフ参加がきっかけでPythonに興味を持ち,日々勉強中。

Twitter: @hanahiro_aze

バックナンバー

2020

  • PyCon JP 2020の歩き方