プログラマのためのFlash遊び方

第1回 無料でFlash作りに挑戦!Flex 3 SDKを導入してみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

開発環境の準備

Flex 3 SDKは次のOSに対応しています(参考:Adobe Flex 3:System requirements⁠。

  • Windows 2000,XPまたはServer 2003
  • Mac OS X 10.4.x
  • Redhat Enterprise Linux 3または4,Suse 10
  • Solaris 9,10

Flex 3 SDKのコンパイラはJavaで記述されているため,このように多くのOS上がサポートされています(対応OSにWindows Vistaがありませんが,筆者のWindows Vista環境では今のところ問題なく使えています⁠⁠。

また,HDDに空き容量は200MB程度必要です。メモリは512MB以上(1GBを推奨)となっています。

Java実行環境を導入

Java実行環境(JRE)は1.4.2以降のバージョンが必要です。

Sunのダウンロードページから現在のバージョンの確認や最新版のインストールしておいてください。

Flex 3 SDKをダウンロード

Flex 3 SDKは2008年2月末に公開されたばかりです。まだ,Adobeの日本語サイトからはダウンロードできないため,英語のページからダウンロードします。

ページの下の方に「I have read the Adobe Flex 3.0 SDK License...」というチェックボックスがあります。チェックボックスをクリックすると,ダウンロード用のリンクが登場します。リンクをクリックしてzipファイルをダウンロードしてください。

flex3ダウンロード

なお,ダウンロードすると,Adobe Flex 3.0 SDKのライセンスに同意したことになります。気になる人は目を通しておいてください。

Flex 3 SDKをインストール

Flex 3 SDKを展開するフォルダを作成します。Windowsの方はC:\flex,Mac OSの方は/Developer/SDKs/flexといった場所にするのが分かりやすいでしょう。

ダウンロードしたzipファイルをflexフォルダに展開します。先ほど作成したflexフォルダの中に,asdoc・bin・libなどのフォルダがあれば成功です。

パスを通す

Flex 3 SDKでのコンパイルはコマンドラインでの開発となります。そのため,コンパイラにパスを通しておくと,今後の作業が楽になります。他の言語のSDKを導入したことがある方にはおなじみの作業でしょう。

以下に代表的な環境での設定方法を書いています。

Windows XP
  1. システムのプロパティを開きます((エクスプローラの[マイコンピュータ]を右クリックして[プロパティ]をクリック⁠⁠。
  2. [詳細設定]タブを開き,[環境変数(N)]ボタンを押します。
  3. [システムのユーザー環境変数(S)]の中にPathという項目がある場合は[編集(E)]ボタンを押し,変数値の最後に「;C:\flex\bin」を追加します。Pathという項目がない場合は,[新規作成]ボタンを押し,変数名に「path⁠⁠,変数値に「c:\flex\bin」と入力します。
Mac OS
  1. テキストエディタでホームディレクトリの.profileを開きます。
  2. 最後の行に,export PATH=$PATH:/Developer/SDKs/flex/binと追加します。
  3. ファイルを保存して,テキストエディタを終了します。
  4. ターミナルにsource ~/.profile[Enter]と入力して,.profileの内容を反映します。

ここまででセットアップは完了です。

Flashファイル生成まであと一息です。

HelloWorld!をコンパイル

それでは,最初のページで紹介したHello World!のソースコードをコンパイルしてみましょう。

以下のソースコードをテキストエディタに入力し,HelloWorld.asというファイル名で保存してください。


package{
  import flash.display.*;
  import flash.text.*;

  public class HelloWorld extends Sprite{
    public function HelloWorld(){
      var tf:TextField = new TextField();
      tf.text = "Hello World!";
      addChild(tf);
    }
  }
}

Flex 3 SDKにはGUIの開発環境が付属しません。コンパイルは全てコマンドラインで行います。Windowsの方はコマンドプロンプトを,Mac OSの方はターミナルを起動してください。cdコマンドを利用して,HelloWorld.asが置いてあるフォルダまで移動しておきます。

コンパイラのコマンド名はmxmlcです。mxmlcのあとに,ソースコードのファイル名を入力して,エンターキーを押すとコンパイルが始まります。

mxmlc HelloWorld.as

コンパイルに成功すると,HelloWorld.asと同じフォルダに,HelloWorld.swfいうファイルが生成されます。

Loading configuration file C:\flex\frameworks\flex-config.xml
C:\sample\HelloWorld.swf (622 bytes)

「'mxmlc'は~認識されていません⁠⁠,⁠command not found」などと表示される場合には,Flex 3 SDK のbinフォルダにパスが通っていないようです。コンパイルエラーの場合には,エラーメッセージを参考にして,ソースコードの打ち間違いなどを確認してください。

著者プロフィール

最田健一(さいたけんいち)

有限会社 CO-CONV勤務のプログラマ。京都在住の京都好き。趣味で ActionScript 3.0やFlex 2を触っていたら,いつの間にか仕事でも使うことになっていた。個人ブログは「てっく煮ブログ」。

URLhttp://tech.nitoyon.com/