Flashのフレームワーク「Progression3」を始めてみよう!

第1回 Progression3に触れてみよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

FlashDevelopを利用したProgression開発

ここからの話は,様々な拡張機能や強力なコード補完機能を持つActionScriptエディタのFlashDevelopを利用する事により、よりProgressionの開発をスムーズに行うための方法を紹介します。

なお、FlashDevelopはWindows用のソフトウェアです。MacOSでの利用はできません。

FlashDevelopインストール概要

まず,FlashDevelopの動作に必要なMicroSoft .NET Framework version 2.0をインストールします。

次にFlashDevelopをインストールします。FlashDevelopのWebサイトへアクセスしましょう。

dowloadの項目を見ていただくと分かりますが,現時点での最新バージョンはBeta9ですので,FlashDevelop 3.0.0 Beta9 releasedより,最新版のFlashDevelopをダウンロードし,インストールします。

図7 FlashDevelop 3.0.0 Beta9をダウンロードする

図7 FlashDevelop 3.0.0 Beta9をダウンロードする

これでFlashDevelopのインストールは完了です。

Progressionで生成されるFlashDevelop用のプロジェクトファイルを利用してみる

Progressionの出力時にFlashDevelop用のプロジェクトファイルを作成するか否かのチェックボックスがありますので,そちらにチェックを入れてプロジェクトの作成を行います。

プロジェクトを作成すると,プロジェクトフォルダ以下に「プロジェクト名.as3proj」というファイルが生成されますので,これをFlashDevelopで開きます。

図8 FlashDevelop

図8 FlashDevelop

ここで注意しなければならないのが,デフォルトで作成されたasファイルの文字コードがUTF-8Nとなっている点です。FlashDevelopはUTF-8Nをサポートしていないため,そのままFlashDevelopで開くと文字化けしてしまいます。そこで,一度文字コードをテキストエディタ等でUTF-8へ保存しなおしてください。

Index.flaファイルをFlashで開いている状態でFlashDevelopでF5ボタンを押下することにより,当該flaファイルをコンパイルすることができます。

便利なFlashDevelopテンプレートファイル

FlashDevelopではクラスファイルのテンプレートを登録することができます。この機能を使用して,Progressionで利用する主なクラスファイルのテンプレートを登録しておくと,非常に効率的です。

詳細は,minomix.netのminoruさんがテンプレートと,その利用方法を公開していますので,参照してください。私も非常にお世話になっています。

Flashを使用せずに,FlashDevelopで開発する

FlashDevelopはプロジェクト自体のテンプレートを登録することも可能です。この機能を利用することで,Flashを使用せずに,初期ファイルの配置を自動的に行うことができるようになります※5⁠。

※5
全くFlashを使用しないで作成を行うのであれば,この他に">Flex SDKの導入・設定が必要となりますが,説明は割愛させていただきます

FlashDevelop用のProgressionプロジェクトテンプレートもseyself.comのmichiさんが自サイトで公開されています

方法はテンプレートファイルと同様に,[Tools] メニュー → [Application Files] で設定ファイルがあるフォルダを開き,Templatesフォルダ以下のProjectTemplatesフォルダ内にプロジェクトテンプレートのフォルダごと入れると使用可能となります。

[project]メニュー→[New Project]で開くプロジェクト作成ダイアログで確認してください。

図7 プロジェクト作成ダイアログ

図7 プロジェクト作成ダイアログ

Flashと違い,ステージのサイズやHTMLの設定は手動での作業が必要となります。

いかがでしょうか? 以上の環境を整えておくことにより,非常にスムーズにProgressionを用いて開発できるようになります。可能であればFlashDevelopを使用できる環境を整えておくとよいでしょう。

それでは次回より,早速サンプルを制作していきたいと思います。

著者プロフィール

楢山哲弘(ならやまのりひろ)

3年前に上京してきた北海道出身のFlasher。

開発スピードを上げるため,Progressionに傾倒中。そのため,ブログではProgressionについての言及が多くなっている。

URLhttp://narayama.heteml.jp/