世界を目指せ!Androidアプリ開発入門

第2回 Androidアプリ開発のための環境構築

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

第2回は,開発環境の構築をご紹介します。

iPhoneのそれが面倒なく揃うことを考えると,Androidは手間をかける必要があります。しかし,手順に沿えば難しいところはないので,根気よく進めてください。

筆者は,Mac OS XでAndroidのアプリを開発しています。ポイントでは,Windows向けの解説も追加していますが,多くはMac OS X向けであることをご了承ください。

Android SDKのインストール

まずは,Android SDKをダウンロードします。Android developersのページのSDKのタブをクリックすると,ダウンロードページにアクセスできます。

図1 Android開発者向けのサイト。Android SDKダウンロードページ。

図1 Android開発者向けのサイト。Android SDKダウンロードページ。

原稿執筆時点(2010年3月29日)ではRevision 5が最新です。ダウンロードページでは,Windows版,Mac OS X版,Linux版がダウンロードできるので,環境に合ったSDKをダウンロードします。Mac OS Xの場合,ダウンロードしたZIPファイルを解凍すると「android-sdk-mac_86」フォルダができあがります。これを環境にあったフォルダへ移動します。

とくにルールはありませんが,筆者は「/Developer」の直下に移動しています。Windowsの場合は,C:\の直下に移動しても問題ないはずです。

SDKのフォルダにパスを通す

次に,SDKフォルダにあるtoolsフォルダにパスを通します。Mac OS Xは,.bash_profileにパスを記述します。ホームディレクトリに,同名のファイルが存在しない場合は作成してください。

図2 .bash_profileにパスを設定する様子。改行コードをLFにしてください。

図2 .bash_profileにパスを設定する様子。改行コードをLFにしてください。

Windowsは,マイコンピュータを右クリックしてプロパティを選択します。システムのプロパティダイアログが表示されたら[詳細設定][環境変数]をクリックします。システム環境変数のPathを選択して,編集をクリックします。変数値に,SDKをコピーした先のtoolsフォルダのパスを追加します。

図3 Windowsのパス設定はGUIで行う。

図3 Windowsのパス設定はGUIで行う。

JDKのインストール

次に,JDKをインストールをします。

開発には,JDK5かJDK6が必要になります。Mac OS Xは標準でインストールされているので,この作業の必要ありません。JDKは,SUNのホームページからダウンロードします。JREでは開発ができないので,間違いないようにしてください。

図4 JDKのダウンロードページ。JREでは開発できないので注意。

図4 JDKのダウンロードページ。JREでは開発できないので注意。

JDKのインストールは,画面に表示される手順に従うだけなので割愛します。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/