使ってみよう! Bing API/SDK

第6回 Hello, Bing Map App!──Silverlightで作るBing Mapsアプリケーション(6)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

その他の応募作品

その他の応募作品もMap App Galleryで使用できます。それらも見てみましょう。

Microsoft Regional Directors

Microsoft Regional Directors図5は,世界にいるMicrosoft Regional Directorと呼ばれるマイクロソフトと開発者コミュニティをリンクする,開発者やトレーナーなどのエキスパートです。その方たちの地域情報から地図上に表示し,BlogやTwitterなどにアクセスできます。

図5 Microsoft Regional Directors

図5 Microsoft Regional Directors

情報は少な目で,リアルタイムに情報を更新する必要もないため,各経緯度やアイテムの情報は,Map Appプラグイン内部にリソースとして持っているのかもしれません。リソースから情報を取得するプラグインは,第2回で紹介しています。

Festivals de Théâtre en France 2010

Festivals de Théâtre en France 2010図6は,フランスの特定の劇場のみを表示するMap Appです。こちらも位置情報は,プラグイン内に保持しているようです。特徴としては,Bing Mapsのルート探索やリスト作成機能と連携しています。リストボックスや,プッシュピンのポップアップにある「Directions」「Save」から確認できます。

図6 Festivals de Théâtre en France 2010

図6 Festivals de T

また,フランス語が使用されているわけですが,ほかのMap Appと同様に登録されています。もしかすると日本語Map Appも登録可能かもしれませんね。ただし,開発チームは理解できないと思いますので,英語の説明も必要でしょう。また,現在はBeta版であるため,今後,Map Appを言語でフィルタリングすることも可能になるかもしれません。

World of Football

World of Football図7は,サッカーの試合状況を表示します。パネルに試合状況を表示し,試合を行っているスタジアムの場所に一定期間で移動します。見た目はかなり凝っている印象で,チームのエンブレムやスタジアムの写真も表示されます。

図7 World of Football

図7 World of Football

試合の情報は,Scores Proのフィードを利用しているようです。ただし,直接参照しているわけではなく,Yahoo Pipesを通して利用しています。Pipesでは,前回紹介したclientaccesspolicy.xmlにより,Silverlightアプリケーションからのアクセスを許可しているためMap Appからも利用できます。これはよいマッシュアップの例ではないでしょうか。

Map Appだけの問題かは判断できなかったのですが,Map Appの表示を終了したあとも自動で地図が移動されてしまう問題を確認しています。自動で移動してしまうようなMap Appを作成する場合は,このあたりの動作も考慮しておく必要がありそうです。

Apo-AT

Apo-AT図8は,オーストリアの特定の薬局を表示するMap Appです。位置情報などはプラグイン内部に持っているようです。

図8 Apo-AT

図8 Apo-AT

大きな特徴はありませんが,プッシュピンのポップアップの中やパネルのリスト中の項目に,画像が表示されているものもあります。ポップアップやリストの項目は,XAMLやコーディングにより自由にレイアウトできるため,画像情報の有無で表示をこのように変化させることもできます。

Random Location

最後は,Random Location図9です。名前が示すように,ランダムな場所へ移動するだけのMap Appです。ただし海上は除いてくれるようです。

図9 Random Location

図9 Random Location

海上の判定はどうしているのかは不明ですが,単純でわかりやすいアプリケーションですね。

おわりに

コンテストの応募作品をみてきましたが,いかがでしたか。残念ながらかなり応募数が少なかったようです。その影響もあると思いますが,どの作品もこれまでの連載内容と少しの知識があれば,同様のタイプのアプリケーションは作成できそうですね。意外とMap App登録はハードルが低いことも伺いしれましたのではないかと思います。ぜひ何かアイデアをプラスしてMap App登録に挑戦してみてください。次回ももう少しだけMap Appについて紹介する予定です。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp