ソフトウェア開発の必須アイテム,BTSを使ってみよう

第1回 BTSって何?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

BTS導入のメリット

BTSを導入するメリットを具体的に挙げてみましょう。

ユーザの権限管理ができる

多くのBTSではアカウントごとに閲覧や書き込みの権限を設定することができ,最終確認は特定のアカウントに限るなど,大人数の開発でも混乱を防ぐことができるようになっています。

ワークフローの明確化

そのバグを受け持っているのは誰か,どんな状態にあるかを管理すると共に,⁠バグの一生」とでもいうべき処理の流れを制御します。

代表的な流れは図2のようになります。

図2 workflow

図2 workflow

報告されたバグはNew(新規)から始まって,Assigned(割り当て済み⁠⁠→Resolved(処理済み⁠⁠→Verified(確認済み⁠⁠→Closed(解決済み)と流れて完了します。差し戻しが発生すると,Reopend(再開)となります。

報告フォーマットの統一

紙媒体や表計算ソフトでは空欄での入力を防ぐことができず,情報の収集に支障を来たすことがあります。BTSを使って必須項目を設けておけば,より確実にインシデントを収集できます。

集計レポートの作成

BTSによっては,バグ除去率をグラフで表現するなど,綺麗なレポート出力ができるものもあります。きちんとしたレポートは見た目の安心感がありますので,顧客とのやり取りに一役買ってくれるでしょう。

リアルタイムに情報共有可能

複数人で同時に作業可能ですので,バグの報告も即座に共有可能です。ほとんどのBTSがメールでの通知もサポートしています。

バグ処理履歴の記録が可能

どのような処理を行ったか時系列で記録してくれますので,処理履歴の追跡が容易です。表計算ソフトではただ上書きするだけになりがちで,過去の経緯まで振り返ることができません。

さまざまな付加機能

BTSによってはバグ管理のみならず,テストケース管理ソフトと連携したり,wikiやバージョン管理ソフトと合体したものもあります。これらが開発スタイルと合致すれば,非常に便利なツールとなります。

どうでしょう,非常に魅力的かと思います。

これらのメリットを前述のBTSのない開発エピソードに当てはめてみましょう。

顧客側にもBTSを使ってもらい,バグリストを入力してもらえば,受付やマージの手間は発生しません。アカウント管理をしていますので,顧客は自分の報告したバグだけを絞り込んで閲覧することが,いつでも簡単にできます。いちいち報告する必要は生じません。バグを検索すればそれが報告済みでないか,次のビルドで修正されるのかどうかをすぐ調べることも可能です。

デモを触ってみよう

このように,とても導入効果の高いBTSですが,初めての方は何をするのかピンとこないかもしれません。そういう場合はデモを触ってみるのが一番です。

数あるBTSのひとつ,MANTISのデモを見てみましょう。

図3 mantis

図3 mantis

「新しいユーザーの作成」からアカウントを作成して,⁠登録」から作業割り当て,解決済みまでチケットを動かしてみましょう。また,バグ一覧の絞込みや検索も試してみてください。

最初は取っ付きにくく感じるかもしれませんが,日本語化されているBTSであれば,慣れるまでにそれほど時間はかからないと思います。

まとめ

今回はBTSの概要とその魅力に触れてみました。次回以降は,開発スタイルに合わせたBTSの選定・設置についてお話したいと思います。

著者プロフィール

山本健(やまもとたけし)

ウノウ株式会社 QAエンジニア。パーソナルコンピュータ黎明期にPCを使い始めるも,若気の至りか芸術の道へ大きく寄り道し東京芸術大学大学院で油画を専攻。在学中から始めたサイト制作・携帯コンテンツ運営などを経て2003年より株式会社BEATにて受託開発のテスト業務に携わる。2006年4月よりウノウに参戦し,より早くより深いWebアプリケーションの品質管理を目指して奮闘中。画家としても活動しており,見た目からは連想できない繊細な画風で世間の注目を集めている。白日会会員。