きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

File.#010 圧縮ファイルでテストしました(連載第108回)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

ソフトウェアの納品と稼動確認に客先に出向きました。稼動確認するために,とりあえず0件のデータを作ってエラーが起きないことを確認することにしました。

  • 「A君,0バイトのデータファイルを作って実行してみてね。ここのデータはzip形式の圧縮ファイルだからね」

A君はデータを作成してさっそく実行してみました。

  • A君「大変です! エラーになります。」

そんなバカな。確か社内ではテストOKだったはず,ちょっと冷汗がでてきましたが,ひらめきました。

  • 「A君,もしかして0バイトの圧縮ファイル(拡張子がzip)にしなかった?」

  • A君「はい,0件なのでそうしましたが…」

  • 「0バイトのファイルでも,圧縮すると圧縮情報が詰まった数十バイトのファイルができるんですよ」

ファイルの拡張子をzipにしただけではダメだと教えてあげました。

loxop(男/50歳/プログラマ・SE)

あはははは!

みんなこういうポカを経て,ファイル構造やその仕組みなんかを理解していくんでしょうねー。

※この連載は,きたみりゅうじの聞かせて珍プレーのバックナンバーから ,きたみさんセレクトによる傑作選をお届けしています。

投稿大募集

この連載の本体企画きたみりゅうじの聞かせて珍プレーでは皆さんの投稿を熱望中。職場のトンデモ体験や笑える失敗,驚き体験等,手ぐすね引いてお待ちしております。応募はこちらのページから。本採用の暁には「きたみりゅうじの聞かせて珍プレー」にて4コマつきで大公開させていただきます。

著者プロフィール

きたみりゅうじ

もとは企業用システムの設計・開発,おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。本業のかたわらWeb上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり,現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。

URLhttp://www.kitajirushi.jp/

Twitterhttp://twitter.com/kitajirushi

コメント

コメントの記入