きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

第134回 そこには触れないで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

コンサルタントとして某通信系大手さんのシステムの見直しを担当していたときのことです。

業務フローを調べていたところ,なぜか特定の部署を通すとき,いったんプリントして紙にしたのち,その部署でチェック,その部署を通過した後もう一度画面から入力するようになっています。

デジタルデータが一回紙になり,もう一度デジタルになることに思いっきり矛盾を感じたのですが,お客様はここはどうしても紙でなければだめだということでした。

後からわかった話ですが,書類をチェックするために集められた定年前でコンピュータリテラシーのない人たちだけの部署でした。社員に優しい良い会社なのでしょう。

Kan(男/62歳/プログラマ・SE)

データを紙に,そしてまたデータに。むなしい。

もう一度画面から入力する役に当たった人はかわいそうだなー…と。

※この連載は,最新記事を含めて5回分の公開になります。

投稿大募集

みなさんが仕事の現場で体験,または目撃した出くわしたトホホな失敗,思わずうなる珍プレーを投稿してください(500~600字程度)⁠採用された方にはQUOカード3000円分を差し上げます。応募はこちらのページから。

著者プロフィール

きたみりゅうじ

もとは企業用システムの設計・開発,おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。本業のかたわらWeb上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり,現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。

URLhttps://oiio.jp/

Twitter@kitajirushi