ヒューマンリソシアのGITサービスが目指す,時代にアジャストするエンジニアチームの作り方

第3回 スミセイ情報システムの事例に見る海外エンジニアと働くメリット

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

スミセイ情報システム株式会社 システム企画・開発・運用メンバー

スミセイ情報システム株式会社 システム企画・開発・運用メンバー

住友生命保険相互会社のシステム企画・開発・運用を担い,同グループのIT戦略を支え続けているほか,保険や金融などの分野の企業に対してシステムインテグレーションを提供しているのがスミセイ情報システム株式会社(以降:SLC)です。

同社の「ITA企画部」では,海外ITエンジニアを派遣するヒューマンリソシアの「GITサービス」を活用しており,インド出身のデータサイエンティスト,アカシュ氏が活躍しています。

ヒューマンリソシアのGITサービスは世界各国からエンジニアを採用し,国内の企業に派遣するサービスで,全国300社超の企業が活用しています。採用しているエンジニアは,海外の教育機関でテクノロジーを専攻するなど技術に精通しているほか,日本に興味・関心を持ち,日本で働きたいと高い意欲を持つエンジニアたちで,AIやIoT,データサイエンスなど,さまざまな分野のエンジニアが在籍しています。またヒューマンリソシアでは,日本のIT開発プロジェクトで働く上で必要となる日本語コミュニケーション力の養成に力を入れており,海外出身のエンジニア採用で不安視されることが多い言語の面でも安心感があります。

今回,SLCがこのGITサービスを通じてアカシュ氏を受け入れることに至った背景,あるいは海外ITエンジニアの強みなどについて,同社のITA企画部 AIコンサルタント 西川達哉氏,ITA企画部 データサイエンティスト 金井聡氏にオンラインインタビューにてお話をいただきました。

ヒューマンリソシアのGITサービスとは?

GITサービスとは,Global IT Talentサービスの略称で,2021年3月時点,40ヵ国800名を超える即戦力の外国籍ITエンジニアを正社員として採用し,国内企業に派遣するサービスです。

GITサービス
https://git.resocia.jp/

インド出身のITエンジニアをデータサイエンティストとして活用

――ITA企画部の業務内容を教えてください。

スミセイ情報システム株式会社
ITA企画部 AIコンサルタント
西川達哉氏

スミセイ情報システム株式会社 ITA企画部 AIコンサルタント 西川達哉氏

西川:ITA企画部は2年前に発足した新しい部門で,最新のテクノロジーをキャッチアップして全社的なトレーニングを展開しているほか,SLCとしてどういった技術を推進するのかといったことを企画・検討する部門になります。

――人材採用や人材育成に関して,どのような課題を感じていますか。

西川:従来から人材育成を進めてきたシステムインテグレーション業務に加え,DX(デジタルトランスフォーメーション)に対応できる人材の育成を進めていかなければならないと感じています。たとえばAI(機械学習)やデータサイエンス,クラウド,Webアーキテクチャなど,最新の技術がさまざまな局面で使われるようになっています。そうした技術に対応できる人材の育成は,私たちにとっての課題の1つとなっています。

――SLCでは,今回GITサービスを通じて受け入れているエンジニア以外にも,海外出身の方はいらっしゃるのでしょうか。

西川:はい。とくにここ数年,中国など海外から来日されるエンジニアの方は珍しくなくなっています。私たちの近くにも普通に海外出身のエンジニアが働いています。

――ヒューマンリソシアのGITサービスを通じて,インド出身のエンジニアが活躍されているとのことですが,そもそも海外のエンジニアを活用しようと考えた背景を教えてください。

西川:私たちのチームはITA企画部の中でデータ分析などに取り組んでいるのですが,現在の日本の人材マーケットではデータサイエンティストはかなり不足していて,そういった技術に特化した人材を採用することが難しいという背景がありました。

多くの人材サービス会社ともお付き合いしていますが,そこでデータサイエンティストの派遣や紹介をお願いすると,金額とスキルの面でミスマッチが起きることがあり,当方のニーズに合わない場面がありました。

そのような中でヒューマンリソシアからご紹介いただいたアカシュさんは,大学ですでに一定の技術を学んで実践した経験があり,加えてハングリー精神がすごく強いと感じたので,ぜひ一緒に仕事をさせていただきたいと考えました。

――アカシュさんとはじめて会ったときの印象を教えてください。

西川:強く印象に残っているのは,日本語がうまかったことで,こんなにも話せるのかと思いながら彼の話を聞いていました。また経歴についても,大学で機械学習を学んでいたことがわかったほか,さきほどお話したようにハングリー精神が強く,⁠日本で働きたい」⁠機械学習を活用した仕事がやりたい」という強い意思を感じました。

――アカシュさんは若いエンジニアで,実績や経験はそれほどありませんでしたが,その点は気になりませんでしたか。

西川:もちろん経験が多いに越したことはないのですが,今回の件で言えば優先順位はそれほど高くはありませんでした。むしろ本人のマインドや,どういった技術を学んできたのかを重視しました。

アカシュさんの場合は,機械学習という専門的な知識が求められる領域での採用事例だったため,それに関する知識を持っていることを重視しました。

著者プロフィール

川添貴生(かわぞえたかお)

株式会社インサイトイメージ代表取締役。企業サイトの構築及び運用支援のほか、エンタープライズ領域を中心に執筆活動を展開している。

メール:mail@insightimage.jp


酒井啓悟(さかいけいご)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室所属。

1986年生まれ。富山県富山市出身。2011年4月株式会社技術評論社に入社。書籍編集部を経て,現職。電子書籍,オーディオブックなど,出版業界に訪れる新しいジャンルの市場の成長に関わっていくことが当面の目標。

サッカーとねこが好き。