[The Interview]エンジニア向けQAサイト「teratail」とは

第3回 teratail ユーザ座談会を開催!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ユーザの本音が見えた!? teratailにこんな機能がほしい!

テラテイル:teratailにはユーザを評価するスコアリングのしくみを盛り込んでいますが,スコアはモチベーションに関わりますか。

h_sakurai:最初はおもしろいなと思ってチェックしていましたが,最近はあまり気にならなくなりました。

katoy:変動し過ぎてよくわからないというのもありますね。さっきまで90だったのに,数時間後に見ると80あまりに下がっているとか。

テラテイル:スコアリングの意図は,有益な回答をしているエンジニアがわかるようにしたいというものですが,今はその指標をどのような基準で導き出せばよいか試行錯誤している段階です。ロジックの変更も多く,それがスコアにも影響するので,落ち着くまでもう少しお待ちください。

yohshiy:ベストアンサーに選ばれてもスコアが上がらない気がしますが,あまり重視されていないのでしょうか。

テラテイル:ベストアンサーは日次で集計した結果を反映する形のため,リアルタイムではなく時間差で反映される仕様なんです。なので,次の日に見ていただくとスコアが変わると思います。ちなみに,スコアリングのロジックはあえて公開していないのですが,ある程度ロジックが見えたほうがよいでしょうか。

yohshiy:個人的にはロジックがわからなくてもかまわないですね。teratailを使っていたらいつの間にかスコアが上がっていたというのも楽しいので。ただ,頻繁な変動には戸惑うので,早くロジックを固めてもらえるとうれしいです。

h_sakurai:「次にこれをやるとスコアが上がる」みたいな目標設定があるといいですね。ちょっと頑張ってみようかという気持ちになりますし,新しい楽しさにつながる気がします。

テラテイル:teratailに対して改善してほしいところはありますか。

yohshiy:細かいことを言えばいろいろありますが,ぜひほしいのは質問や回答,コメントの編集や削除の機能です。

katoy:質問や回答をまとめて記事全体を構成する編集機能はぜひほしいですね。たとえば質問をして,もらった回答の1つをベストアンサーにしたけれど,あとからもっといい回答が来る場面も考えられるでしょう。それと,まとめ回答のようなものが作れるといいなと思っています。回答のどれかをベストアンサーにすると,あとから来た人はそれしか読まないことが多いと思いますが,別の回答にいいことが書かれていることも多いですよね。そこでいくつかの回答をまとめておけば,より有益な情報源にできます。質問も同じで,似た質問をまとめられれば便利でしょう。

テラテイル:まとめることで,質問や回答をブラッシュアップしていくイメージですね。

katoy:そうそう。編集機能が入ることで情報の価値が高まったり探しやすくなったりするわけです。それが実現すればteratailの実用性はもっと高まると思います。

teratailが目指すのはIT業界の“寺子屋”

h_sakurai:回答したあとで,質問した人とコミュニケーションしたいなとも思います。問題がちゃんと解決したのか気になることがあるので。

yohshiy:そうですね。質問に回答したあと,結局どうなったのか知りたいことはあります。

katoy:問題を解決したら実際にどのようなコードになったか投稿できればいいのかもしれませんね。回答者は問題が解決したとわかりますし,コードレビューもできて便利でしょう。

テラテイル:それはおもしろいですね。Q&Aがあって,改善後のコードまでシェアできる。そこからコミュニケーションがつながっていくという形ですよね。

katoy:そうしてサイクルが回るといいですね。そのサイクルの中で学んだ人が別の質問に回答するようになり,コミュニケーションが広まっていく。オンラインで集まるIT業界版寺子屋のイメージですね。

テラテイル:僕たちが考えていたのも,まさにそこです。この活動は,Q&Aサイトをやりたいということではなく,katoyさんに言っていただいた寺子屋のように,困ったときに来れば誰かがいて教えてくれる存在なんです。まだサービスは始まったばかりですが,teratailで目指しているのはそういったサービスです。

編集部:teratailにアクセスしているエンジニアは,どのような人たちだとイメージされていますか。

katoy:回答している人は,スキルが高い人が多いように感じます。

yohshiy:自分が回答した質問でも,ほかの人の回答を見て勉強になることがありますね。

テラテイル:ちなみに,印象に残っている質問や回答はありますか。

yohshiy:かなり前の質問ですが,エディタに何を使っているかという質問があって,Q&Aだけじゃなく,そういった情報交換にも使えるのはいいなと思ったことを覚えています。

katoy:それは私も覚えています。エディタの質問は,ほかだと絶対に炎上しますよね。みんな自分が使っているのが一番と思っているから。でもteratailでは炎上しない。そこはちょっと不思議だなと思いながら見ていました。

h_sakurai:テンプレートエンジンのSmartyか何かの質問に対して,2時間くらいかけて一所懸命回答を書いたら,すごく感謝されたことが一番印象に残っています。あのときは本当にうれしかったですね。

テラテイル:なぜ2時間もかかったんですか。

h_sakurai:回答を書いていたら,その途中でこれも書きたい,あれも書きたいとなってしまって。なぜタダでこんなに書いているんだとは思いましたが(笑⁠⁠。

テラテイル:回答するときは丁寧に答えようと思うものなんですね。

yohshiy:たとえば調べればすぐにわかるような質問であっても,ただマニュアルのような内容を書くのではなく,自分の経験も踏まえながら少し詳しく書いて回答しようといった意識はあります。

h_sakurai:答えをポンと出してしまうとそれで終わってしまうので,自力で調べるコツのようなものを書くこともあります。

katoy:おなかが空いている人に魚をあげるのがいいのか,それとも釣りのしかたを教えてあげるのがいいのかという話ですよね。そういう意味では,まず魚をあげて,それに加えて釣り方を教えてあげるといいんじゃないかなと思います。こういうキーワードで検索するといいよとか,マニュアルはこうやって読むんだよみたいな。

テラテイル:すごいですね。本当に教育者だ。今日はいろいろな意見をいただき,本当に参考になりました。今日のお話も踏まえ,これからもteratailをよりよいサービスにするために改善を続けていきますので,ぜひ今後もご協力をお願いします。本日はありがとうございました!

teratail開発チーム 本橋氏,藤本氏,實重氏(左から)

teratail開発チーム 本橋氏,藤本氏,實重氏(左から)

teratail(テラテイル)
http://teratail.com
取材協力/レバレジーズ株式会社
http://leverages.jp