単なる地方拠点ではない,LINE Fukuokaが担う機能,役割に迫る

「プロダクトだけでなくプロジェクトの品質も高める」LINE Fukuokaが語る品質保証のあり方とは

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

インタビュイー

左:LINE Fukuoka 株式会社 開発センター QA Engineering室 室長 上田洋平氏
右:LINE Fukuoka 株式会社 開発センター QA Engineering室 副室長 / LINE株式会社 開発3センター サービス開発3室 室長 兼 サービスQA室 室長 中川勝樹氏

画像

LINEグループの国内第二拠点であるLINE Fukuokaにおいて,プロダクトやサービスの品質保証の役割を担っているのが「QA Engineering室」です。そのQA Engineering室で,品質保証をどのように考えているのかについて,QA Engineering室の室長を務める上田洋平氏,そして同副室長でLINE株式会社のサービス開発3室室長兼サービスQA室室長でもある中川勝樹氏にオンラインインタビューを行いました。

さまざまなバックグラウンドを持つメンバーが集うLINE Fukuoka

――まずLINE Fukuokaの事業内容を伺わせてください。

画像

上田:LINE Fukuokaは,LINEグループの国内第二拠点として2013年に福岡に設立されました。当初はサービス運営や技術を担う拠点でしたが,その後は徐々に機能が増え,現在はデザインや企画・マーケティング,コーポレート機能などが加わっています。一部の福岡に地域密着した行政サービスにおいては,サービスの企画から運営までを一気通貫で担っています。

LINEグループとして福岡に国内の第二拠点を設けた理由は大きく3つあります。

1つ目は自治体や市民,事業者との距離の近さです。最先端技術を積極的に取り入れる福岡市や,新しいものを柔軟に受け入れる福岡市民,事業者など,福岡には共創によるチャレンジが生まれやすい土壌があります。

2つ目はアジアの玄関口であることです。LINEは世界各地で利用されており,特にアジア地域における普及が顕著です。これらのアジアの各拠点とスピード感を持って連携することを考えたとき,福岡には地理的に大きな価値があります。

充実した教育機関があることも福岡の魅力です。西日本中から若者が集まり,積極的に地域のゲームおよびコンテンツ企業の参加する空気が生まれているほか,産学を連携した知財の活用やビジネス化に向けた取り組みも進められており,非常に活気がある地域であることも,福岡に2つ目の拠点を設置した理由になっています。

画像

中川:LINEには,拠点を置く土地に根ざして企業としての成長を果たし,その街だからこそできることに目を向けて新しい価値を生み出すことを大切にしています。実際,福岡でも行政との関わりを持ち,行政サービスの開発からローンチまで携わる,LINE Fukuoka独自の取り組みも行っています。

LINE Fukuokaの従業員数は2021年1月時点で1,155人,さまざまなバックグラウンドを持つメンバーが働いています。約54%がUIターンで働いているメンバーで,外国籍のメンバーも約10%います。多種多様なメンバーが在籍していることから,多様性やそれぞれの価値観を尊重するカルチャーが根付いています。

新型コロナウイルス感染対策のため,昨年2月からリモートワークも導入しており,テレワーク70%を達成している状況です。完全にリモートワークに切り替えているわけではなく,業務上必要な際にはオフィスに出社しますが,状況に応じて柔軟に働ける環境が整えられています。

QA Engineering室がこだわる「プロジェクト品質」とは?

――LINE Fukuoka内にあるQA Engineering室のビジョンやミッションを教えてください。

上田:QA Engineering室は「最高の状態でサービスをユーザーに届けるために,LINEの新しい品質保証の形を作る」ことをビジョンとしています。これを実現するため,すべての開発工程にQA(Quality Assurance:品質保証)エンジニアが関与し,「プロダクト品質」だけでなく,「プロジェクト品質」も高めることにより,品質の向上やリードタイムの短縮に貢献することをミッションとしています。

プロジェクト品質とは,製品やサービスを作る過程における品質のことを指しています。具体的には,仕様や設計に関するドキュメントやソースコード,あるいはプロジェクトを進める上で必要になるプロセスやルールなど,プロダクトを作るために必要なすべての要素の品質です。

プロジェクトを進める上で必要なもの,あるいは活動の品質が,最終的なアウトプットであるプロダクトの品質につながります。そのため,プロジェクト品質を高めれば,プロダクト品質の向上やリードタイムの短縮に貢献できるという考え方で,取り組んでいます。

――QA Engineering室はどのような背景で立ち上げられたのでしょうか。

上田:QA Engineering室は2020年7月にサービステストセンターから分室しました。サービステストセンターは,約400名のメンバーが在籍する,LINEグループの中でもっとも大きなテスト組織ですが,5年ほど前は30~40名程度の組織に過ぎませんでした。

当時の主な役割はテストの実行がメインで,テストマネジメントは他拠点が担当していましたが,LINEが急速に事業領域を拡大するフェーズになると,自ずと担当するプロジェクトが増え,さらにテストマネジメントまで担うようになってきました。このときは事業拡大に応えるのが精一杯で,組織内部の体制整備やキャリアパス,人材育成などは二の次となり,いわゆる木こりのジレンマに陥っている状況でした。そんな状況でも,内外ともにQA=テストの認識があったので,期待されているテスト専門部隊としての業務は安定した成果を上げており,課題視はされていませんでした。

また,このときのテスト組織は他の開発チームとは独立して業務を行う形になっていました。

ISTQBのシラバスでも指摘されていますが,独立したテスト組織には,テスト担当者のチーム以外の組織において品質に関する意識が薄れる,テスト担当者のチームに必要な情報が届かない,あるいは情報の伝達が遅延する,他組織との関係性が希薄になったり対立構造になったりするといったデメリットがあります。その結果,欠陥の修正における手戻りのコストが増大し,リードタイムも伸びてしまうといった問題が発生します。

LINE Fukuokaのテスト組織もまさに,⁠品質はテスト組織が担保⁠⁠,⁠テストは後工程」といった状態が当たり前になっていました。初期品質が低く,修正も多くて手戻りコストも高くなり,テスト工程に時間がかかってしまう。結果としてテスト工程がボトルネックに見られるといった問題が発生していました。

この状況に違和感を覚え,自分たちの前提認識や,役割範囲,領域だけで満足して井の中の蛙になってないか?きちんと大海を知るべきではないか?と考え,外部の勉強会に参加したり,品質に関わる参考書を読み解いたりしました。その結果,自分たちが認識していた仕事は,本当の意味での品質保証ではなく,品質保証の一部である品質コントロール活動に過ぎなかったことがわかりました。

このままの状況では,一定の品質を保ったままサービスのリリーススピードを上げるといったことが不可能になり,自分たちが他のサービスとの競争に負ける原因となりかねないと危機感を持ちました。そこでプロダクト品質を高めるための活動だけでなく,プロジェクト品質に目を向け,本来の意味での品質保証領域の活動を行うべきだと感じるようになりました。

幸い,同じように問題意識を持つメンバーもいたので,そうした人たちと問題意識を共有し,仲間を少しずつ集め,小さい成功を重ねるという取り組みを進めました。さらに上長に対して現状の品質課題や目指すべき方向性を報告し,本格的に組織としてこの活動を推進していくことで合意が取れ,QA Engineering室の設立に至りました。

中川:こうした品質保証の課題は,よくある話だと思います。最初はプロダクトが少数で,プロジェクトの規模も小さいため,メンバー同士がうまく連携して品質保証を行うことができますが,プロダクトの数が増え,チームの規模が拡大すると必然的に組織が分割されていきます。

その際,特に専門職の場合はある職種の人が複数の職種の人をマネジメントするのは難しいため,どうしても職能別に組織が分かれます。それによってQAだけを専門にする組織が生まれる形になるわけですが,そうなると開発を行うチームなどとの距離が遠くなる,いわゆるセクショナリズムの問題が生じます。これにより,QAエンジニアがテスト以外の仕事をすることが難しくなってしまうという状況に陥ってしまいます。

本来であればプロジェクト品質を高めるために,QAエンジニアとしてプロジェクト全体に関わっていくべきですが,組織が分割していたことによって「QA=テスト」というイメージが,LINE Fukuokaでも根強く定着していました。

QAエンジニアとしてプロジェクト全体の品質を高めることは当然なのですが,それと同時に「QA=テスト」ではなく,もっと広い意味を持っているということを周りに認知してもらわなければスムーズに仕事を進めることができません。この認知を変えるために,組織名もQA ⁠⁠Engineering⁠⁠室と,あえてエンジニアリングという言葉を入れました。QAに対するもともとの認識を変えてもらうことが狙いです。

著者プロフィール

川添貴生(かわぞえたかお)

株式会社インサイトイメージ代表取締役。企業サイトの構築及び運用支援のほか、エンタープライズ領域を中心に執筆活動を展開している。

メール:mail@insightimage.jp


酒井啓悟(さかいけいご)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室所属。

1986年生まれ。富山県富山市出身。2011年4月株式会社技術評論社に入社。書籍編集部を経て,現職。電子書籍,オーディオブックなど,出版業界に訪れる新しいジャンルの市場の成長に関わっていくことが当面の目標。

サッカーとねこが好き。

バックナンバー

単なる地方拠点ではない,LINE Fukuokaが担う機能,役割に迫る

  • 「プロダクトだけでなくプロジェクトの品質も高める」LINE Fukuokaが語る品質保証のあり方とは