OSSデータベース取り取り時報

第60回 ついに連載が満5歳! MySQL 8.0.21リリース,次バージョンPostgreSQL 13情報が続々

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

[PostgreSQL]2020年7月の主な出来事

次期メジャーバージョンのPostgreSQL 13のベータ版が5月にリリースされて以降,関連情報が途切れること無く流れてきています。また,延期になっていたPostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムの成果発表会が9月初旬に開催予定です。

PostgreSQL 13ベータ2がリリース

6月25日に,2つめのベータ版がリリースされました。ベータ1からベータ2の仕様的な変更点は次の2点の様です。

  • 設定パラメータenable_hashagg_diskがhashagg_avoid_disk_planに名称変更しデフォルト値がOFFに
  • 設定パラメータenable_groupingsets_hash_diskが削除

上記以外では,ベータ1の期間中に報告されて改善や修正された事項が含まれています。主要な新機能については,前回のベータ1の段階で確定していたとみていいでしょう。

SRA OSS Inc.によるPostgreSQL 13ベータ版の検証報告

SRA OSS Inc. 日本支社によるPostgreSQL 13ベータ版の検証レポートが公開されました。内容は,PostgreSQL 13の主要な新機能を対象にして,実機で検証した結果が盛り込まれています。

  • B-Tree インデックスの性能向上
  • 新しい実行プラン
  • パーティションテーブル機能の拡張
  • パラレル VACUUM
  • 進捗レポートビューの拡張
  • pgbench の拡張
  • pg_rewind の拡張
  • SQL 機能の追加

レポートの中でも述べられている通り,今後正式にリリースされる PostgreSQL 13では,この検証レポートと同じでは無くなる可能性があります。なお,このレポートには検証環境へのPostgreSQL 13ベータ版のインストール手順も詳細に示されていますので,追検証を行いやすくなっています。これは,OSSの検証レポートを出す際の姿勢として見習うべきことでしょう。また同時に,自身で動かしてみたい方の教材としても重宝します。

PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムの成果発表会がまもなく

PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons)の2019年度分の活動成果の発表セミナーは,コロナ禍で通常開催を見送り延期されていましたが,9月3日にオンラインで開催する予定で準備中です。

PGEConsの技術部会は3つのワーキンググループ(WG)に分かれて調査や検証活動をしています。各WGは2019年度は次のような活動をしてきました。

WG1: 新技術検証WG
  • PostgreSQLパラレルクエリ検証
    • PostgreSQL 11/12間での性能検証
    • PG-STROMとの性能検証
  • PostgreSQL 新機能検証
    • Pluggable-Storage調査
    • 定点観測(参照・更新)
WG2: 移行WG
  • PostgreSQL間のバージョンアップ検討
  • 移行ガイドブックの改訂
  • これまで取り組めていなかった新機能の検討(ストアドプロシージャ,パーティショニング,パラレル処理)
WG3: 課題検討WG
  • パブリッククラウド,性能トラブルの2テーマは2018年度から継続
    • パブリッククラウドの調査結果のまとめ
    • 性能トラブル事例と対策をさらに拡充
  • 拡張統計情報,機械学習によるパラメータチューニング自動化の検証
    • バージョン10で導入された拡張統計情報の活用方法と最適な適用ケースを調査検討
    • 機械学習を用いてPostgreSQLのパラメータチューニングを自動で導き出せないか調査検討,PGTuneと比較検証

9月の成果発表会も,各WGの活動内容から得られた知見が発表されることになるはずです。また,CR(Community Relations)部会や,2020年度の活動についても紹介されます。このセミナーの正式な発表と参加募集は,近日中に開始される予定ですので,PGEConsのWebサイトにご注目ください。

2020年8月以降開催予定のセミナーやイベント,ユーザ会の活動

COVID-19への警戒が続いていますので,引き続き各種イベントがオンライン化されています。いずれの団体でも通常開催かオンライン開催かを見定めながら進めています。そのため,イベント情報の公開から開催までの日数が短い傾向にあり,8月に開催されるオンラインイベントがこれから発表される場合もあると思いますので,ご容赦ください。

オープンソースカンファレンス2020 Online/Kyoto

日程 2020年8月28日(金⁠⁠~29日(土)10:00~18:00
場所 オンライン開催
内容 オープンソースカンファレンスは,オープンソースの「今」を伝える総合イベントとして,東京だけでなく,北は北海道,南は沖縄まで全国各地で開催していますが,2月以降はオンライン開催になっています。京都で開催予定だったこの回も今年はオンライン開催となりました。冒頭でご案内のとおり,1日目の28日にOSSデータベース特集トラックが設けられます。セミナープログラムは8月上旬に公開される予定です。
主催 オープンソースカンファレンス実行委員会

【オンライン開催】MySQL Technology Cafe #9

日程 2020年8月26日(水)18:00~20:00(17:45接続開始)
場所 オンライン開催
内容 オラクルのテクノロジーに限定しない,開発者による開発者のための開発者向けコミュニティMeeutpセミナー「Oracle Code Tokyo Night」の企画として開催されているMySQL Technology Caféの第9回開催。
日本MySQLユーザ会(通称MyNA)は2000年3月に設立され,今年で20周年となりました!これを記念して,MySQL Technology Cafe #9 は,日本でのMySQLの普及に多大な貢献をして下さっているMyNAに焦点を当て開催します。
MyNAの代表,副代表の皆さまに登壇いただき,これまでのユーザ会との関わりを振り返っていただいたり,今後のユーザ会でやってみたいこと,期待することなどについてお話していただきます。また,Sun Microsystems時代からMySQLのサポートエンジニアとして働いていて,MyNAとの関りも深い木村 明治氏も登壇させて頂きます。
主催 Oracle Code Night

MySQL Day Virtual Event in Japan

日程 2020年8月27日(木)13:00~18:00(12:45接続開始)
場所 オンライン開催(Zoom)
内容 MySQLの初のバーチャル・カンファレンスMySQL Day Virtual Eventの日本版を開催。KDDI様からのゲスト講師やMySQLサポートチームの奥野が登壇しMySQL 8.0導入のベストプラクティスをご紹介予定です。KDDI株式会社の鈴木 雄祐様より「MySQL8.0 ~導かれし高可用~」をタイトルにKDDIにおけるDB安定稼働へ向けた取り組みとMySQL8.0の採用事例についてご紹介いただきます。ぜひご参加ください。
主催 日本オラクル株式会社 MySQL Global Business Unit

アシストオンラインフォーラム2020

日程 2020年8月24日(月⁠⁠~28日(金)10:00~16:45
場所 オンライン
内容 多彩な分野/製品/業種をカバーする総合的なITセミナーですが,PostgreSQL(EnterpriseDB)関連のセッションが複数含まれています。
  • 8月24日(月)13:00~13:45 ⁠DX時代のデータベースの大本命,EDB Postgresを使いこなせ!」⁠アシスト)
  • 8月27日(木)10:00~10:45 ⁠金融業界での開発・運用実績を集結!「クラウド時代のSIビジネス」で選ばれるDBとは」⁠三菱総研DCS)
  • 8月27日(木)11:00~11:45 ⁠ブレイク・フリー Oracle ファーストステップ」⁠エンタープライズDB)
主催 株式会社アシスト

PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム成果発表会

日程 2020年9月3日(木)予定(公式発表にご注意ください)
場所 オンライン(Zoomウェビナー)
内容 記事本文でもご案内のとおり,2019年度分の活動成果が発表されます。3つの技術部会ワーキンググループと,CR(Community Relations)部会,今年度の活動計画が発表されます。このセミナーの正式な発表と参加募集は,近日中に開始される予定ですので,PGEConsのWebサイトにご注目ください。
主催 PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム

PostgreSQL Conference Japan 2020

日程 2020年11月13日(金)10:00〜18:00 講演の一般募集締切: 2020年8月31日(月)
場所 AP日本橋(東京駅より徒歩5分)
内容 こちらはユーザ会(JPUG)主催の,PostgreSQLの総合カンファレンスです。午前は基調講演 を含む2講演を予定,午後は3トラックにて12 講演程度が予定されています。また,講演発表の一般募集が始まりました。募集締め切りは2020年8月31日です。
主催 日本PostgreSQLユーザ会(JPUG)

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)副理事長。その他,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラムなどにも少しずつ関与。勤務先メンバに,PostgreSQL,Zabbix,Ansibleやコンテナ技術などに強みのある癖のある芸人を抱え,タレントマネージャ業が中心になりつつある。