OSSデータベース取り取り時報

第63回 OSC 2020 online/Fall開催, MySQL 8.0.22リリース, Kubernetesで作るPostgreSQLクラスタ環境,

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

この連載では,OSSコンソーシアム データベース部会のメンバーが,さまざまなオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。

OSC2020 online/Fall「企業ITのクラウドマイグレーションとOSSの役割」

「オープンソースカンファレンス(OSC)2020 Online/Fall」が10月23日,24日に開催されました。通常は全国各地で順番に開催しているOSCですが,今年の春からはすべてオンライン開催となっています。例年は東京の回として行われるこの開催も,今年は秋の全国大会としての位置づけにもなっています。

OSSコンソーシアムでは,恒例となりつつあるオープンソースビジネス推進協議会(OBCI)との共同企画として,企画トラック「企業ITのクラウドマイグレーションとOSSの役割」を実施しました。今回はOSSデータベースに特化したものではなくて,アプリケーションやトラブル対応など,下記のような多様なジャンルを含んだ企画となりました。

プログラム概要

《第1部 トラブルに備える》~Linux-HAとアプリケーション性能管理
企画トラックのオープニング/溝口 則行(TIS)
あなたのシステムをOSSで冗長化しよう~いつか来るシステム障害にそなえて/黒木 博(サイオステクノロジー)
Webアプリケーションのクラウド移行時の課題と対策/呉 錫嶼(ジェニファーソフト)
《第2部 アプリケーションはどうする?》~ITモダナイゼーションと認証
ITモダナイゼーションとOSS基盤/井坂 徳恭(東京システムハウス)
今更聞けない認証関連OSSの話 ~クラウド移行の観点も含めて~/今井 啓(オープンソース・ソリューション・テクノロジ)
《第3部 データベースはどうする?》~MySQLとPostgreSQL
クラウドベンダーにデータをロックインされないMySQLのクラウドデータベースの選択/梶山 隆輔(日本オラクル MySQL GBU)
クラウド時代の Pgpool-II の活用~Kubernetes におけるクエリ負荷分散とモニタリング機能を備えた PostgreSQL クラスタの構築/彭 博 ⁠ペン ボ)⁠SRA OSS, Inc. 日本支社)
《第4部 座談会》~ 企業ITのクラウドマイグレーションとOSSの役割
  • 上野 俊作(東京システムハウス)
  • 小田切 耕司(オープンソース・ソリューション・テクノロジ)
  • 梶山 隆輔(日本オラクル MySQL GBU)
  • 才所 秀明(日立ソリューションズ)
  • 溝口 則行(TIS/OBCI)

オンライン座談会の様子 上段:溝口(中⁠⁠,上野(右⁠⁠,下段:梶山(左⁠⁠,最初(中⁠⁠,小田切(右)

オンライン座談会の様子 上段:溝口(中),上野(右),下段:梶山(左),最初(中),小田切(右)

OSSデータベースの発表

上記のうち,第3部がOSSデータベースに関する発表でした。

前半はクラウドサービスでのMySQLの選択について。各種クラウドサービス事業者がマネージド型のデータベースサービスとしてMySQLもしくはMySQL互換のサービスを提供していますが,OSSのMySQLと同じとは限らない,言い換えると本物のMySQLではないものもあるので要注意という話です。

後半は,SRA OSS, Inc. 彭さんによるKubernetes環境でPostgreSQLのクラスタ環境を構築する発表です。これについては,今回記事の後半で少し紹介します。

発表資料はOSSコンソーシアムのWebサイトで公開しています。また,今回もビデオの事後公開を予定しています。公開準備ができましたら同じWebページから参照いただけるようにします。

[MySQL]2020年10月の主な出来事

2020年10月にはMySQLサーバー8.0.22,5.7.32,5.6.50の各マイナーバージョンをはじめ,MySQL NDB Clusterや各種Connector, MySQL Shell, MySQL Workbenchなどのクライアントプログラムの商用版およびコミュニティ版のほぼ全ての製品のマイナーバージョンアップが行われました。

レプリケーション用語の変更

MySQL開発チームでは2020年7月にレプリケーションに関する用語の改訂を行いました。リファレンスマニュアルの用語の変更はすでに進んでいますが,一部のコマンドやメッセージなどは順次変更を行っています。

表1 用語の新旧対照

master source
slave replica
blacklist blocklist
whitelist allowlist

MySQL 8.0.22では以下の点を変更しています。ただし後方互換性のため,いずれの旧来の用語も非推奨ながら利用可能となっていますが,新規に作成するアプリケーションや監視スクリプトなどは新しい用語を利用することを強くおすすめいたします。

表2 レプリケーション関連コマンド

START SLAVE START REPLICA
STOP SLAVE STOP REPLICA
SHOW SLAVE STATUS SHOW REPLICA STATUS
SHOW SLAVE HOSTS SHOW REPLICAS

表3 ステータス変数

Com_slave_start Com_replica_start
Com_slave_stop Com_replica_stop
Com_show_slave_status Com_show_replica_status
Com_show_slave_hosts Com_show_replicas

表4 システム変数

group_replication_ip_whitelist group_replication_ip_allowlist

MySQL 8.0.22の新機能

MySQL 8.0.22の主な新機能は下記の通りです。MySQLサーバー開発チームのブログでもMySQL 8.0.22の新機能の紹介がされています。

ネットワークのネームスペースの利用
Linuxなどネットワークのネームスペースに対応したOS上でのbind_address, admin_address, mysqlx_bind_addressへのネームスペースの利用が可能となりました。
InnoDB memcached pluginが非推奨に
キーバリュー型のAPIを提供するInnoDB memcached pluginが非推奨となり,将来的に削除されることとなりました。キーバリュー型の処理が必要な場合はMySQL NDB ClusterのNDB APIを利用することで,耐障害性と水平拡張性を持ったキーバリューデータストアとして利用できます。
OCI Vaultキーリングプラグイン追加
MySQL Enterprise Editionのキーリングプラグインにkeyring_ociが追加され,Oracle Cloud Infrastructure Vault鍵管理のレポジトリとして利用可能になりました。
プリペアード・ステートメントのPREPARE処理が1度のみに
複数回PREPARE処理が行われることはなくなるため,性能向上が期待されます。
ALTER DATABASE文にREAD ONLYオプション追加
データベース(スキーマ)を参照専用にし,移行などの際にデータが変更されない状態でコピーなどが可能となります。

11月もMySQL Database Service関連のイベントやセミナーが続々

MySQL Database Serviceに関してのセミナーが11月以降に予定されています。またdb tech showcase ONLINE 2020(dbts2020)にて複数のMySQLセッションが予定されています。なお一部イベント申し込みページなどは現在準備中です。

日付 概要
11月19日(木) MySQL Database ServiceへのAmazon RDSからの移行方法
11月24日(火) dbts2020: MySQL Shellのユーティリティ dumpInstance&loadDump
11月28日(土) Open Source Conference 2020 Online/Fukuoka(内容調整中)
12月3日(木) dbts2020: MySQL on IaaSの運用あれやこれや 講師:yoku0825
12月10日(木) dbts2020: MySQLのGIS機能を使った事例紹介
12月17日(木) Oracle Developer Days 基調講演:LINE株式会社 大塚 知亮様「LINEにおけるMySQL運用の現状とバージョンアップを支える仕組み」

日本語版のWebセミナーの一覧はこちら英語版の一覧はこちらです。イベント個別の申し込みサイトは順次開設予定ですので,Twitterの@mysql_jpからの情報発信などをご確認ください。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)副理事長。その他,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラムなどにも少しずつ関与。勤務先メンバに,PostgreSQL,Zabbix,Ansibleやコンテナ技術などに強みのある癖のある芸人を抱え,タレントマネージャ業が中心になりつつある。