Ruby on Railsで作られたプロジェクト管理ツールredMineを使ってみよう!

第4回 redMineを使ったプロジェクト管理(その2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

文書は,カテゴリに分けてドキュメントを作成することができます。デフォルトでは「ユーザ文書」「技術文書」というカテゴリが用意されています。

このカテゴリの値は,トップメニューの「管理⁠⁠→⁠列挙項目⁠⁠→⁠文書カテゴリ」で編集/追加することができます。

文書の一覧画面(カテゴリ毎に表示される)

文書の一覧画面(カテゴリ毎に表示される)

文書の作成/編集画面

文書の作成/編集画面

ニュースは,掲示板の記事のようにコメントが付けられ,⁠最新ニュース」という形でマイページに追加することが可能です。

ニュースにはコメントがつけられる

ニュースにはコメントがつけられる

ニュースは,プロジェクトのMTGや飲み会の報知,出欠管理,プロジェクトに関連する事柄のディスカッションに利用すると良いでしょう。

ディスカッションについては,redMineのフォーラムを利用するという方法もあります。

フォーラムを設置するには,サイドメニューの「設定」から,コンテンツエリアに表示される「フォーラム」を選択します。

フォーラムの設定画面

フォーラムの設定画面

フォーラムを1つ以上作成すると,プロジェクトのサイドメニューにフォーラムというメニューが追加されます。このメニューを選択すると,プロジェクトに作成されたフォーラムの一覧が表示されます。

フォーラムは掲示板的な位置づけとして利用できます。プロジェクトメンバ間でのディスカッションの場が必要な場合は重宝する機能だと思います。

フォーラム画面

フォーラム画面

活動

最後に活動のページを紹介します。サイドメニューの活動というメニューを選択すると,そのプロジェクトに対して行われた作業が時系列に沿って表示されます。

プロジェクトの管理者は,この活動のページをチェックするようにしましょう。

SVNと連携している場合,コミットの時間も表示されるので,夜遅くにソースのコミットや「問題」のステータス変更が行われている場合は,その時間まで作業をしていたということなので,労働時間の大まかな把握ができます。

また,どのユーザの作業の活発度も把握できるので,作業の進捗が芳しくないメンバを見つけることも可能です。

活動の画面(Tracのタイムラインにあたるページです)

活動の画面(Tracのタイムラインにあたるページです)

以上で,簡単ではありますが,redMineの機能を紹介を終わります。

おわりに

redMineは,本連載で解説した使い方でなければいけないと言うことは決してありません。プロジェクトの状況やメンバの特性に応じて,使い方は柔軟に変えていきましょう。

プロジェクト管理ツールは,導入するだけでプロジェクトの状況が改善するというものではありません。使い方やルールといった運営方法を,プロジェクトメンバ全員が共有し,それをしっかり守っていくことでその力を発揮できるものです。

導入時には若干パワーを必要とするかもしれませんが,プロジェクト運営時にはそれ以上のメリットが得られます。

redMineを導入して快適なプロジェクト運営を目指しましょう!

著者プロフィール

栗栖義臣(くりすよしおみ)

TIS株式会社 主任。鹿児島県出身。大阪大学大学院工学研究科にて原子力工学を専攻。卒業後,TISで主にJavaの開発案件に携わる。 SUN × Recruit主催のmash up award 2ndにて「サグール賞」「きざし賞」「特別賞」を受賞(asso-ball.networdarium.net)。iGoogleガジェットコンテストで「特別賞」を受賞(U.T.)。ブログは「でぃべろっぱーず・さいど」。

URLhttp://dev.chrisryu.com/