ヒットメーカー★サムザップの流儀

第3回 サムザップの強みとこれからのゲーム開発

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

サムザップが求めるエンジニアとは

――遠藤さんはもともとエンジニアで,現在は人事を担当していると伺いました。同様に,別の職種に変わることはサムザップでは多いのでしょうか。

桑田:多いですね。プログラマーで入社した人が今はプランナーになっていたり,デザイナーからディレクターになったりといった事例があります。私自身,もともと広告営業からゲームの世界に飛び込み,プロデューサーになって今に至るので,そこは柔軟に考えています。元美容師や映像制作会社で働いていた人など,ITとは無縁の世界から飛び込んできて,独学でトップクリエイターになった異色の人材もいます。

――本当にさまざまなバックグラウンドを持った方がいらっしゃるんですね。

桑田:特にここ1~2年は多様性を意識するようになりました。さまざまな考え方や経験を持つ人が集まっているほうが,やはり組織としては強くなります。経営層でもそれを受け入れる土壌を作り,組織を活性化させていきたいですね。

――エンジニアの採用において,サムザップが重視するのはどういった点でしょうか。

写真3 人事部チーフ 遠藤和弥氏

写真3 人事部チーフ 遠藤和弥氏

遠藤:技術課題に前向きに取り組める方,その解決のスピードが圧倒的に速い方は必然的に評価も高くなります。ただ,それを採用の段階で見極めるのは難しい面があります。そこで,まずは過去の経験を話していただき,その一つ一つが基礎の上に積み上げられているかを見させていただいています。そのうえで,過去の経験をサムザップで活かせるか,さらにエンジニアとしての成長がサムザップの成長につながるかといった視点を意識しています。

藤代:特にサムザップのエンジニアは「ゲームづくり」を主軸に開発にあたっているので,自分が作ったモノを誰かに提供したいという熱がないと駄目だと思っています。ときには,自分の専門分野を飛び越えてでも相手を理解したい,助けたいと考えて行動できる方がいいですね。エンジニア以外の方と話すときは抽象的な内容を理解し,それを実現するところまで持っていかないといけない場面もあります。たとえばディレクターなどから「こういうのがいいんだけど」とイメージを伝えられたとき,ああだこうだと議論しつつ,⁠こんなのを作ればいいの?」と明確な形にして返すことができる。自分の中で作るべきモノをすぐにイメージできて,なおかつアウトプットできるエンジニアは強いと思います。

桑田:私が求めるのは,先ほどお話したように自分のサービスに触れてユーザ感覚を理解できること。エンジニアだからここまでしかやらないではなく,自分のやるべきことを成し遂げつつも,自分の領域に捕らわれずに仕事をしてほしい。企画に対して意見したり,クリエイティブに口を出したりできる人のほうがいいかなと思います。技術的なスキルが多少低くても,そういうエンジニアは長期的に見れば絶対に成長します。逆に言えば,スキルは高いけれどチームプレイは苦手とか,自分のやり方にこだわる人は難しいかもしれません。

遠藤:今後は多くの方に弊社の「ゲームづくり」を知ってもらおうと,さまざまな形で発信していく予定です。弊社主催の「サムザップテックナイト」という専門性の高いセミナーイベントを隔月で開催していますので,ここを弊社の考えを知っていただける場としていこうと思っています。

画像

戦うフィールドは世界へ

――モバイルゲーム市場の成長は一段落したとも言われていますが,今後どうなっていくと予想されていますか。

桑田:市場規模はリリースされるタイトルに大きく左右されると思います。私たちが提供しているのはエンターテインメントなので,質の高い,みんながおもしろいと感じるタイトルをリリースできれば,市場は伸ばせるはずです。映画業界もそうですね。大ヒット作が出れば市場は盛り上がる。やはり,きちんとユーザーに受け入れられるタイトルを作っていくことが大事です。ただ,競合は増えるでしょうね。特に最近では海外のゲーム開発会社,特にアジア系の会社が日本市場でもヒット作を生み出しつつあります。日本市場は特殊だと言われていましたが,すでに日本の中だけで考える時代は終わり,海外の競合とも戦っていく時代になるでしょう。

藤代:それまでは端末のスペックが低く,制限された中であっても工夫により可能性を広げる傾向がありました。日本人にとっては,ある種得意とされる領域だったと思います。その後,スペックが上がったことで表現できることが大きく広がり,その「得意分野」が活かしづらくなった部分があるかもしれません。特にPCゲームの開発などでノウハウを蓄えている海外のゲームデベロッパーは強敵になっていくと思います。

――そうした環境の中,サムザップとしてはどのような人材を求められているのでしょうか。

桑田:やはり新しいことに積極的にチャレンジしたいと考えている人に来ていただきたいですね。サムザップには挑戦を否定しない風土,周囲を巻き込みやすい土壌があります。また熱意があればどんどんチャンスを渡していきたいと考えているので,エンジニアとして成長したいと考えている人にとっては最適な環境だと思っています。

――本日はありがとうございました。

サムザップでは各種エンジニアを募集しています。

詳しくはhttp://www.sumzap.co.jp/recruit/をご覧ください。

本連載の過去記事はページ下のバックナンバーよりご覧になれます。

WEB+DB PRESS

本誌最新号をチェック!
WEB+DB PRESS Vol.116

2020年4月24日発売
B5判/152ページ
定価(本体1,480円+税)
ISBN978-4-297-11345-2

  • 特集1
    はじめてのトラブルシューティング
  • 特集2
    [実践]AWS CodeDeploy
  • 特集3
    アプリケーションアクセシビリティ