ちょっと気になる隣の技術畑

第5回 VRの魅力とエンジニアの情熱

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

話し手 中地功貴

【話し手】
中地功貴(NAKAJI Kohki)

普段はUnityエンジニアとしてVRゲームの開発をしながら,専門学校の先生やYouTuberをしている。カンファレンスへの登壇や技術記事投稿,イベント主催などのコミュニティ活動も精力的に行う。

Twitter:@nkjzm GitHub:nkjzm
URL:https://nkjzm.jp/portfolio

本コーナーでは技術へのタッチポイントを増やすことを目標に,各分野で活躍されている方をお迎えします。

今回のテーマはVRVirtual Realityです。VRゲーム「アルトデウス」の開発者中地さんにユーザー体験のデザインや没入感,技術の魅力を伝えていただきます。

はじめてのVR

日高:今回はVR技術を中心に聞いてみたいと思います。VRとの関わりはいつからでしょうか。

中地:はい。学生のころ(2015年)からVRと関わっていて今もVRゲーム開発をしています。

日高:早い時期に触れられていたんですね。

中地:始めた時期はちょうどVR元年と言われていたころです。たまたま参加した勉強会にOculus Rift DK2(開発者キット)を持ち込んだ人がいて。そのときはジェットコースターのVRを体験したんです。

日高:私もやったことあるかも。VRってテレビの画面に映っているものとは全然違いますよね。

中地:当時,体験したVRはヘッドセットタイプでした。周りを見渡すと景色も変わるし,ジェットコースターが落ちた瞬間に体が浮くような感覚があって衝撃的でした。

日高:あれ,不思議ですよね。

中地:あとから知ったことなんですが人間の五感って相互に作用しているらしいんですよ。クロスモーダル現象といって,たとえば実際に存在しない刺激でも脳が補完した感覚が生起することがあるんです。当時は全然知らなかったので「そんなことができるんだ,すごい可能性があるな」と。

日高:いい体験をしたんですね。

中地:この勉強会はUnreal Engineを使ってVRコンテンツを作ろうという主旨のものでした。当時は名古屋で学生をしていましたが,その3週間後ぐらいにVRの展示イベントがあって,自分もコンテンツを作り始めたことが最初のVR開発です。

日高:3週間とはずいぶん短いですが,それまでも勉強していたのですか?

中地:いえ,勉強会をきっかけに学び始めました。

日高:ゼロからだと難しかったのでは。

中地:まだまだVR開発者が少なかった時期ですが,みなさんたくさんの情報を発信してくれていて。ブログとかの技術記事を見ながらやったので頼りになりました。

日高:初心者が遠慮せず前に踏み込めたというのは温かいコミュニティがあったんですね。

中地:自分がやってみて気付いたことなのですがVRってかぶらないとわからないんですよ。SNSとかでバズっても遊んでみようとはならない。体験するハードルが高いことが開発者が相互扶助する下地になったのかもと思います。

日高:自分がしんどかったことを防ぎたい?

中地:どちらかというと,ちゃんとみんなVRにハマってくれるといいなっていう思いが芽生えてきました(笑)。そういう技術への想いが業界にあったのかなと。

伝える難しさ

日高:VRにハマる人が感じる魅力ってどのあたりなんでしょうか。

中地:それに回答する前に少し説明がいるかもしれません。VRと一言で表現していますが実はたくさんの分野があるんです。

日高:一般的なイメージだとヘッドセットをかぶるやつがVRだと考えがちですがそうではないと?

中地:はい。視覚の場合はヘッドセットタイプのもので,みなさんがよく知っている見た目ですね。しかし,それだけではなくて音のVRとか触覚のVRとかいろんな分野があります。

日高:それは視覚だけでなくて五感のような人間の感覚を延長できるものだと?

中地:そうです。これっていう一つの現象ではないので,VRという技術領域でその人がハマるものが見つかれば好きになるのだと思います。どこに可能性を感じるかじゃないかな。

日高:たしかに重要な体験って人によって全然違いますからね。

中地:ですね。VRって聞くと空間のようなものがあると捉えがちなんです。

日高:私も仮想空間で何かするというイメージがあります。

中地:Virtualという言葉には「実質的な,本質的な」という意味合いがあります。その人の体験した場所が仮想的なものであっても,感じたことは現実も仮想も関係なく本物なんだよと。

日高:具体的な例だとVRChatのようなソーシャルなチャットでの利用も増えていますよね。

中地:そのときの価値はチャット空間というより本質的には人とのコミュニケーションじゃないかな。現実と同じ体験ができるから楽しいし,VRでのチャットにハマっている人は身体性が伴うようなコミュニケーションが好きな方が多いんじゃないかと。

日高:あー,自分が重要視する体験ができるから楽しいわけか。

中地:そうですね。どの側面に魅力を感じるのかは人それぞれで,もっと言うとVRゲームを作るというのは人の体験とか感覚を呼び起こす作業だと思っています。

日高:ゲームでの感覚というと樹の下で告白する恋愛シチュエーションの再現でもいいんでしょうか?

中地:わかりやすいと思います。実際に自分が体験していなくてもアニメとか作品を知っているだけでイメージができる。そういう感覚は体験として作れるんですよね。

日高:現実的でなくても同じ背景を共有できればいいと。

中地:この例は日本の文化を知っている前提があるので海外のユーザーは理解するのが難しいかもしれません。

日高:なるほど。ユーザーの持っている体験に依存するところが大きいからか。

中地:はい。VRゲーム開発ではシーンや操作など自然だと感じてもらえる要素を詰め込んでいきます。ユーザーの感じ方を想像しながらなので,これには頭を使いますね。

著者プロフィール

日高正博(ひだかまさひろ)

Androidの開発者カンファレンスDroidKaigiや技術書イベントの技術書典を主宰。技術の共有やコミュニケーションに興味があり,ひつじがトレードマーク。(イラスト:shatiko)

GitHub:mhidaka
Twitter:@mhidaka
URL:https://techbooster.booth.pm/