使ってみよう! Windows Live SDK/API

第24回 Windows Live フォト ギャラリー ── はてなフォトライフ プラグインの作成 Part III

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

プラグインの配布

プラグインを配置する場合,前回の記事にあるようにレジストリへの登録が必要です。そのため,通常はインストーラーを作成してプラグインを配布する必要があります。ここではVisual Studio 2008を使用したインストーラーの作成を簡単に紹介します。無償のVisual Basic Express Edition等では作成できませんが,後で紹介しているサンプルプログラムでは無償のインストーラーを使用しているのでそちらも参考にしてください。

セットアップ プロジェクトの作成

プラグインのソリューションへ新しいプロジェクトを追加します。図2のようにセットアップ プロジェクトを追加します。

図2 セットアップ プロジェクトの追加

図2 セットアップ プロジェクトの追加

インストール先の設定

プラグインファイル(*.dll)のインストール先を設定します。ソリューションエクスプローラからプロジェクト名を右クリックし,⁠表示⁠⁠→⁠ファイル システム」を選択します。すると,ファイル システムページが表示されるので,図3のようにアプリケーションフォルダにプロジェクト出力を追加します。

図3 プロジェクト出力の追加

図3 プロジェクト出力の追加

メニューの「プロジェクト出力」をクリックし,開いたウィンドウではプラグインのプロジェクトの「プライマリ出力」を選びます。

ソリューションエクスプローラを見ると,セットアップ プロジェクトにプライマリ出力が追加されたことがわかります。⁠Microsoft.WindowsLive.PublishPlugins.dll」図4のようにインストールするファイルから除外しておきます。

図4 参照DLLファイルの除外

図4 参照DLLファイルの除外

レジストリの設定

続いてレジストリの設定を行います。ソリューションエクスプローラからプロジェクト名を右クリックし,⁠表示⁠⁠→⁠レジストリ」を選択します。レジストリページが表示されるので,図5のようにキーと各値の設定を行います。レジストリキーと値の内容については前回の通りです。値の変更はプロパティウィンドウから行います。

図5 レジストリの設定

図5 レジストリの設定

プラグインファイルのインストール先は,環境によって変わるため[TARGETDIR]というプロパティを使用して表します。

インストーラーの実行

以上でインストーラーは完成です。ソリューションエクスプローラのセットアップ プロジェクト名を右クリックして「ビルド」後に「インストール」してみましょう。図6のようなウィザードが表示されたでしょうか。

図6 セットアップ ウィザード

図6 セットアップ ウィザード

インストール後,実際にLiveフォト ギャラリーのアップロードメニューからプラグインが動作するか確認してみましょう。最低限の設定しかしていませんので,実際には各種プロパティを適切に変更してウィザードに表示されるテキストやインストール先をカスタマイズして使用してください。

サンプルプログラム

最後に,開発に役立つアップロード プラグインのサンプルを紹介します。

Flickr プラグイン

Live フォト ギャラリーは標準でFlickrへのアップロードができますが,それとは別にC#のサンプルコードが提供されています。バイナリファイルとソースコードはダウンロードセンターからダウンロード可能です。

このサンプルでは,インストーラーをマイクロソフトのオープンソースプロジェクトのWindows Installer XML(WiX)を使用して作成していることが特徴です。サンプルを動作させるにはWiX Toolset version 3.0をインストールしている必要があります。サンプルについてはWindows Live Photo Gallery Publishing Plug-in Sampleも参照してください。

Facebook,YouTube プラグイン

サンプルというわけではありませんが,マイクロソフトのインターン生が開発したFacebookとYouTube用のプラグインが,オープンソースのホスティングサイトCodePlex上に公開されています。ソースコードが参照でき,こちらもたいへん参考になると思います。

いずれもコードはC#です。また,インストーラーにはWiXを使用しています。ソースコードは,CodePlexのページ上の「Source Code」からダウンロード可能です。

おわりに

3回に渡ってLive Photo Gallery Publishing Plug-in Platformを利用したLive フォト ギャラリーのプラグイン作成について紹介しました。いかがでしたでしょうか。日本語サービス向けのアップロード プラグインは今のところ皆無ですので,ぜひプラグインを作成して公開してみてください。最後に紹介したプラグインの他にも,開発チームのブログにサードパーティー製のプラグインが紹介されています。併せて参考にすると良いかと思います。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp