2022年,AWSを図解で学ぼう~最短1日で基礎が身に付く(図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書 連動企画)

第7回 AWSの"今"を知る1日~AWSの進化においてけぼりにならない情報収集:AWS re:InventとAWS Summit

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

この連載もついに最終回!

AWSといえば,すぐにサービスやUIが変化してしまうので有名ですね。書籍を執筆する我々にとっても,執筆している最中にUIが変わってしまったり,本を発売した直後にサービスが増えたりと,ライター泣かせのジャンルの1つです。皆さんも,会社でドキュメントを作ったら変わってしまった……ということがあるのではないでしょうか。

しかし,使いやすく進化することも多く,変更のリリースは楽しみであったりもします。こうした情報は,イベントで発表されることが多いので,今回は,AWSのイベントを使った情報収集についてお話していきましょう。

そもそも情報収集ってしなきゃいけないの?

さて,情報収集の話の前にソモソモ論です。

AWSの情報は,つねに追いかけなければいけないのでしょうか。

私個人の意見としては,「そこまで熱心じゃなくてもなんとかなる。ただし,クリティカルな奴は押さえろ!!」というところでしょうか。

第1回でも説明しましたが,AWSのサービスは多岐にわたります。その数,なんと200以上!!

この200以上のサービスのすべてを追いかけるのは,大変ですし,業務で使わないサービスも多いでしょう(※AWS全サービスをまとめたシートを配布中です。詳しくはこの記事の最後⁠⁠。

画像

ですから,Amazon EC2やAmazon S3,Amazon RDSなどの自分がよく使うサービスは,「時折チェックするが吉」ですが,今使っていないサービスはそこまで真剣に追いかけなくても良いでしょう。

そうは言っても,Amazon Lightsailのような「今までEC2を使ってきたけど,便利なサービスが出てきたぞ」という例もあるので,その年の目玉くらいはチェックしておくことはオススメします。

この手の話は,とかく「ITエンジニアなら,つねに情報収集して,勉強しつづけなければ!」という話になりがちですが,勉強熱心なあまり,趣味の時間がなくなってしまったり,気持ちが落ち込むようになってしまっては本末転倒です。仕事をすることが,人生の第一目標であるならば,それも楽しいでしょうが,そうでないならツライばかりです。そうした観点から考えると,⁠この情報を逃したら仕事で大失敗する」という情報以外は,ホドホドで良いのではないでしょうか。

そして,⁠この情報を逃したら仕事で大失敗する」ような変更は,能動的に情報を集めて回らなくても,SNSなどで騒ぎになります。よく使うサービスは能動的に,あまり使わないサービスは受動的に情報を得るのも,悪くないスタイルです。

楽しく情報収集しよう!イベントのススメ~AWS re:InventとAWS Summit

では,どのように情報収集するかですが,毎年開催される2つのイベントを覚えておくと,手軽に情報収集できます。

1つ目は,⁠AWS re:Invent(リインベント⁠⁠」です。年に1回,11月末から12月頭ごろにラスベガスで開催される世界最大級のAWSイベントで,世界中のAWSユーザが集まるカンファレンスです。ベストプラクティスや最新情報を学べます(昨年の公式サイトはこちらから⁠⁠。

新機能,新サービスが発表されるのは,この機会が多いので「今年のre:Inventで○○が発表になって~」と話題になりやすいですね。場所はラスベガスではありますが,オンラインでも視聴できます。メンドクサイナーと思われる方は,⁠re:Inventのまとめ」のような動画やブログを探して,概要を掴んでから,深掘りしていくのも良いでしょう。公式の他に,パートナー企業や,有志,メディアが動画や記事,ブログにまとめてくれています。

とくに,イベントより数ヵ月遅れますが,公式がYouTube上にRecapの動画(30分~1時間程度)をあげているので,まずはそちらを見ると掴みやすいです。日本語ですから大丈夫ですよ!

AWS re:Invent Recapアーカイブ
https://aws.amazon.com/jp/events/reinvent-2021-recap/

もう1つ押さえて知っておきたいイベントは,5月ごろに開催されるAWS Summit(サミット)です。こちらは,各国で開催されるAWSのラーニングイベントです。もちろん,日本でも開催され,参加費も無料です。コロナ前は,幕張などでリアルイベントが催されていて,お祭り感満載で,ノベルティなども貰え,スポンサーも含めて大賑わいでした。⁠AWSの今を肌で感じられるイベント」ですね。

現在は,オンラインになってしまいましたが,セミナーの充実度合いは変わらず,基礎から事例,最新情報までを知ることができます。

re:Inventが「できたてほやほやの最新」としたら,AWS Summitは「現場の最新」といったイメージでしょうか。

また,国内で開催されるため,⁠参加しやすい」というのも大きな特徴です。同時に複数のセッションが開講されるので,セッションをハシゴしたり,ブースを回ったりしていると,あっという間に閉会時間になってしまいます。1日中会場を歩き回ると,ヘトヘトになりますが,AWSをより身近に感じられるでしょう。勉強するというより,楽しんで身につくイベントです。

5ヵ月遅れではありますが,re:Inventについてのセッションもあるので,ここで新情報を押さえるのもいいですね。

この2つの他にも,AWSome Day OnlineAWS Builders Online Series⁠AWS Innovate」AWS Dev Dayなど,いろいろなイベントがあります。それぞれ,初心者向けだったり,分野別だったり,開発者向けだったりと,性質が違うので,自分に合うイベントに参加すると良いでしょう。

AWSのイベント一覧
https://aws.amazon.com/jp/events/

情報を集めたい場合,書籍や,動画,ブログやイベントなど,さまざまな形態があります。細かい内容をじっくり身につけたいなら書籍が良いですし,具体的な操作は動画が見やすいでしょう。ブログやSNSは,情報が早く,セミナーは双方向で教えてもらえるのがメリットです。

そう考えたときに,イベントの良さは何かと言えば,⁠楽しく身につけられる」に尽きます。もちろん,他にもメリットはいろいろあるのですが,⁠楽しいな」⁠おもしろいな」と思っているうちに,自然と知識が身につくのは,イベントならではでしょう。

興味が湧いたら,ぜひ参加してみてください。

画像

この連載は,図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書10刷記念として企画されたものです。おかげさまで発売後わずか2年ですが,10刷を迎える大ヒットとなりました。

なお,書店でも10刷記念キャンペーンを行っており,書籍を購入すると「ニャゴロウ先生の AWSの全サービスがしっかりわかるシート」が付いてきます。こちらは,200を超えるAWSの全サービスを1枚の紙にまとめたものです。

⁠なんだよ~もう書籍買っちゃったよ~」という方もご安心あれ!購入済の方は,以下のページからPDF版をダウンロードできますぞ。もし,ご友人などで本を持っている方がいれば,教えてあげてください。

図解即戦力AWSサポートページ
https://gihyo.jp/book/2019/978-4-297-10889-2/support

7回にわたってAWSについてお話してきましたが,いかがでしたでしょうか。

AWSは,難しいと思われがちですが,そんなことはありません。素で作るよりもよほど簡単で,運用も楽です。便利なサービスや,サポートツールを色々と用意してくれています。

この連載で,⁠AWSってけっこうおもしろそうだな!」と少しでも興味を持っていただければ幸いです。ぜひ,AWSの世界を楽しんでくださいね。そして,書籍への応援もよろしくお願いします!

著者プロフィール

小笠原種高(おがさわらしげたか)

愛称はニャゴロウ陛下。同人はモウフカブール。

パソコンで遊んでるように見えて仕事してると見せかける仕事。サーバとか,DBの本を書いていると言う噂と,毎日昼寝しているという噂があります。

著書:
『仕組みと使い方がわかる Docker&Kubernetesのきほんのきほん』(マイナビ出版)
『図解即戦力 Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書』(技術評論社)

Twitter:@shigetaka256