Android Weekly Topics

2019年8月第5週 Android 10からはもう甘くない

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Android 10からはお菓子の名前はなし

8月22日,Android Qとして開発していた次期OSの正式名称を「Android 10」とGoogleが発表しました。

新OSと言えば,皆で余興として楽しんでいたお菓子の名前を使ったコードネームですが,Android 10からは使われないことになりました。理由は「必ずしも全世界の人々に理解されるものではない」とのことです。

お菓子のコードネームは,2009年4月リリースのCupcake(1.5)から始まって,Donut(1.6⁠⁠,Eclair(2.0⁠⁠,Froyo(2.2⁠⁠,Gingerbread(2.3⁠⁠,Honeycomb(3.0⁠⁠,Ice Cream Sandwich(4.0⁠⁠,Jelly Bean(4.1⁠⁠,KitKat(4.4⁠⁠,Lollipop(5.0⁠⁠,Marshmallow(6.0⁠⁠,Nougat(7.0⁠⁠,Oreo(8.0)と続き,2018年8月のPie(9.0)まで続いています。10年近く続けているので,いまごろ世界中の人たちに理解されないと言われてもピンと来ない説明です。

ただ,多くの人がAndroidスマートフォンのOSが何かを気にしていないはずで,ましてやお菓子のコードネームが使われていることを知っているのは,マニアくらいだとも言えるので,区切りの良いAndroid 10で,これまでのやり方を変えて,余興は終わりということなのかもしれません。

ロゴデザインが変更された

Android 10からはロゴの視認性を高めるために,⁠android」のフォントの色が緑から黒に変更され,ドロイドくんの愛称で呼ばれるロボットの頭が含まれるロゴデザインに変わりました。これまでのAndroidのロゴデザインとドロイドくんのデザイン遍歴は,動画にまとめられてYouTubeに公開されています。

例年であれば10月に開催される「Made by Google」で,新しいロゴデザインともう甘くないAndroidが世界に向けて発表されるはずです。

キーボード付きのAndroidデバイス「Cosmo Communicator」が正式発表

iPhone Proと言われる新型iPhoneでは,Apple Pencilが使えるうわさがあり,その昔,PDAで使われていたスタイラスが復活しようとしています。時代は再び繰り返すとはよく言ったものです。

8月22日に正式発表された「Cosmo Communicator」もNokia Communicatorを思い出す懐かしの端末ですが,これも時を超えて復活しました。これは,イギリスのPlanet ComputersがGemini PDAの後継機として,Indiegogoで出資者を募り開発されました。

Cosmo Communicatorの国内発売は,早くて9月末,価格は10万円前後の予定です。

日本でも正式発表が行われた理由は最も売れているからで,全体の25.8%を占めています。続いて,アメリカが18.1%,イギリスが12.8%,ドイツが8.5%となっており日本がダントツです。

こうした背景もあってか,発表会の翌日の8月23日には「Cosmo Communicator backer meetup in Japan」と称して,出資者向けのイベントが行われています。YouTubeに参加された方の動画が公開されており,日本の出資者と食事を取りながら開発者自ら製品説明をして,堅苦しい雰囲気はなく楽しみながら交流が行われている様子が見られます。

日本が考慮されたスペック

Cosmo Communicatorは,キーボード搭載のクラムシェル型端末で,ディスプレイを閉じた状態でも通話がしやすいように,ディスプレイの裏面にサブディスプレイが搭載されています。このサブディスプレイは,タッチ操作が可能で電話以外の用途,たとえば,音楽プレイヤーが操作できるようです。

ハードスペックは,SoCがMediatek Helio P70,6GB RAM,128GBストレージ,NFC,Bluetooth 5.0,GPSを搭載し,512GBまでのmicroSDにも対応しています。

搭載OSは,Androidが標準になりますが,他にはSailfish OS,Debian,Kail Linuxがインストールできます。

LTE内蔵で,対応バンドが1,2,3,4,5,7,8,11,18,19,26,28,41,71となっています。これは,日本での高いシェアを考慮した対応バンドになっていることも見逃せません。

筆者はIndiegogoで出資をしているので,首を長くして到着を待っています。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/