Android Weekly Topics

2019年10月第1週 ゲームが遊び放題の「Play Pass」開始とAndroid 10(Go edition)を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

ゲームが遊び放題の「Play Pass」開始とAndroid 10(Go edition)を発表

今週は,以前からうわさがあったGoogle Play Passが開始され,Android 10に続いてAndroid 10(Go edition)の発表が行われました。

アプリ定額サービス「Google Play Pass」が開始

9月23日,Googleはアプリ定額サービスのGoogle Play Passを発表しました。

まずは,米国からの提供となりますが,他国向でもじきに提供予定とされています。

Google Play Passの価格は,初年度が月額1.99USドル,次年度以降が4.99USドルとなっており,10日間のトライアル期間が設けられています。対象タイトルは350以上で,広告の表示がなく,アプリ内課金もありません。また,毎月,新タイトルが追加されますが,Apple Arcadeのような独占タイトルはありません。

Play Passに登録するとPlayストアに,専用タブが追加されて,ここから対象タイトルが探せます。

以下は,プロモーション動画で紹介されているアプリで,日本のPlayストアでダウンロードできるアプリのリンクです。

対象アプリには,月額の数倍にもなる価格のアプリが含まれているので,お買い得度は高そうです。また,対象タイトルがゲームばかりかと思えば,実用アプリも含まれているところもApple Arcadeとは違います。

気になる開発者への利益分配方法ですが,Googleは明らかにしていません。

しかし,アプリの利用時間に応じて分配されると報じているニュースサイトもあります。また,対象タイトルの選定はGoogleが行いますが,参加はアプリ開発者側に決定権があります。

アプリの定額ダウンロードサービスは,日本のユーザーからすれば目新しさはありませんが,iアプリ全盛期と同じような流れを辿っていることに関しては,考え深いものがあります。

Android 10(Go edition)を発表

9月25日,GoogleはAndroid 10に続いて,これの軽量版となるGo editionを発表しました。

Android Goは,新興国を対象とする搭載メモリが1.5GB以下のエントリー端末向けのAndroidです。

主な改良として,Android 10(Go edition)ではメモリ効率を向上させて,Android 9(Go edition)と比較してアプリ切り替え速度が10%向上しています。

また,Googleの暗号化技術である「Adiantum」が導入されました。

これは,Android Goが搭載されるような低スペックの端末で使っても,パフォーマンスに与える影響を最低限に抑えることができるのと,追加のハードウェアを必要とせずCPUだけで処理できるところが特徴です。

AdiantumがAndroid 10(Go edition)に導入されたことで,これまでパフォーマンスの低下を理由に,ストレージの暗号化を行ってなかった端末でもストレージの暗号化が行われることなります。これで,通常のAndroidと同等のセキュリティレベルをGo editionでも確保することになり,より高いセキュリティレベルで端末が使えます。

Android Goのような安価なハードウェアに対しても,自社で開発した暗号化技術を搭載して,底上げしようとするところはGoogleらしい動きです。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/