Android Weekly Topics

2019年12月第2週 Qualcommがスマートフォン,Windows向けの次世代Snapdragonを発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

多くのAndroidにも搭載されているSoCを開発するQualcommが「Snapdragon Tech Summit 2019」で次世代のSnapdragonを発表しました。今回は,ARM版Windows用のSoCも発表されました。

Qualcommが次世代SoC「Snapdragon 865とSnapdragon 765」を発表

Qualcommが12月3~5日にハワイで開催した「Snapdragon Tech Summit 2019」で,次世代スマートフォン向けのSoC「Snapdragon 865」「Snapdragon 765」を発表しました。

フラッグシップのSnapdragon 865

まず,フラッグシップのSnapdragon 865です。

Snapdragon 855の後継機となるSoCで,これと比較するとCPUがKryo 485からKryo 585になりました。ビックコアが4とリトルコアが4コア,合計8コア構成なのは変わりありませんが,ビックコアがCortex-A76からCortex-A77にアップデートされているのと,L3キャッシュが2MBから4MBに倍増したことにより,25%の性能向上を実現しています。GPUは,Adreno 640からAdreno 650になりました。内部アーキテクチャーの改修とシェーダーユニットを50%増加,メモリがLPDDR5対応となり動作クロックが2,750MHzまで引き上げられたことでメモリ帯域が増加して25%の性能向上を実現しています。CPUとGPUは,ともに25%の性能向上となりました。

他,スマートフォンの必須となったAIエンジンは,第5世代の「Hexagon 698」が搭載されています。これは新たなTensorアクセラレターが内蔵しており,Snapdragon 855のAIエンジンの演算性能が7TOPSだったのに対して,Snapdragon 865のAIエンジンの演算性能は15TOPSと倍増し,大幅に性能が強化されました。また,画像処理エンジンも「Spectra 480」が搭載されており,4K 120FPS,8K 30FPSでの動画撮影や2億ピクセルの静止画キャプチャが行える能力を持っています。

とんでもない性能を持っていますが,5Gモデムは内蔵していません。

Snapdragon 865とは,1チップに4Gモデムと5Gモデムを統合したQualcomm製のマルチモードモデム「Snapdragon X55 5G modem」とペアで使うことが前提で,これはSnapdragon 865とセット販売が前提で,他のモデムとは組み合わせて使えないので,Snapdragon 865を搭載するスマートフォンは,必ず5G対応となり4G端末は実現しません。

商用提供は2020年の第1四半期に開始予定で,年明けに開催されるCESやMWCなどスマートフォン関連のイベントで搭載端末,OnePlus 8やGalaxy S11などを見られるはずです。

5Gモデム内蔵のSnapdragon 765

Snapdragon 765は,ミドルレンジスマートフォン向けで,Snapdragon 730の後継となるSoCです。

Snapdragon 765は,CPUはKryo475,GPUはAdreno 620,AIエンジンがHexagon 696,画像処理エンジンがSpectra 355の組み合わせです。これには,Snapdragon X52 5G modem名付けられたマルチモードモデルが内蔵されています。別途モデムを用意する必要がなく低コストで5G対応のスマートフォンを実現できます。

Snapdragon 765も2020年の第1四半期に商用出荷が開始されます。

ドコモ,au,ソフトバンクはそろって,5Gサービスの開始時期を2020年の春としています。くしくも似たタイミングで回線と端末の両方がそろうので,5G対応スマートフォンであふれることになるかもしれません。

ARM版Windows向けのSnapdragonも発表

ARM版WindowsのSoCで発表されたのは,Snapdragon 8cx,Snapdragon 8c,Snapdragon 7cです。それぞれ,ハエインド,ミドル,エントリー向けのSoCと位置づけられています。

MicrosoftのSurface Pro Xに搭載されているMicrosoft SQ1は,Snapdragon 8cxの高クロック版です。このSnapdragon 8cxには,CPUがKryo 495(L3キャッシュは10MB⁠⁠,GPUがAdreno 680です。これは,Snapdragon 865の高性能版といった構成のSoCです。

ARM版Windowsは,64bit ARMネイティブなバイナリの提供が普及のカギとなりますが,AdobeがCreative Cloudの提供を予定,ビデオカンファレンスのZoomも提供を予定しています。Microsoft Edgeは,Canary Buildで64bit ARM対応版のバイナリを提供しています。ARMネイティブのバイナリは増えていますが,対応状況を気にする必要がなくなるまでは,まだまだ時間がかかりそうです。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/