Android Weekly Topics

2020年4月第3週 AndroidをノートPCに変える周辺機器「Mirabook」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

AndroidをノートPCに変える周辺機器「Mirabook」

ハイエンドAndroidには,モニタに接続するとスマホをPCのように使えるモードを備えている端末があります。たとえば,Galaxy S8以降には,Windowsのように使える「DeX」が搭載されています。

DeXは,活用するには「DeX Pad」というドックを購入する必要があります。使うためには,これに加えて外部モニターとキーボード・マウスが必要です。

下準備に費用がかかるので,ここまでしてDeXを使おうとするのは,これまではパワーユーザくらいでした。しかし,新型コロナウィルスの影響で,テレワークが推奨されるようになり,自宅にPCを持たないユーザがスマホ中心の運用に限界を感じ,スマホをPCのように使える環境として注目する人が増えています。

こうしたユーザには,スマホと組み合わせてノートPCのように使えるデバイス「Mirabook」が最適です。もともとは,Indiegogoで出資を募っていたプロジェクトで,開発に3年の時間をかけて,ようやく「モノ」が登場してきました。

筆者は,国内で先行販売された端末を入手して,Galaxy Foldの組み合わせで使っているので,2回に分けて使い心地をご紹介します。

Mirabookとはなにか?

外見は,一般的なモバイルノートPCのようです。

しかし,搭載されているのはディスプレイとキーボード,タッチパッドだけで,CPUやメモリ,ストレージは非搭載でスマホのそれらが使われます。筆者が組み合わせて使っているGalaxy Foldは,Snapdragon 855,12Gバイトメモリ,512Gバイトストレージなので,スペックだけ見ればPCのようです。Mirabookとは,ケーブル接続でUSB-Cのインターフェースです。

ディスプレイサイズは13.3インチ,解像度はフルHDです。キーボードは英語配列で,ボタンがないタッチパッドを備えています。本体には,ステレオスピーカ,HDMI出力の他,USB 2.0×2,micro SDリーダが搭載されています。

バッテリで駆動するので,4,500mAhのバッテリを内蔵します。充電はUSB-Cです。駆動時間は最大で10時間で,バッテリは本体駆動用だけでなく,スマホの充電にも使えます。

本体サイズは,320×220×15mmで重さは1Kgです。

Mirabookは,どんなスマホでも接続できるわけではなく,デスクトップモードを備えているスマホだけです。たとえば,Samsung DeXやHuawei EMUIデスクトップが使えるスマホが対象です。また,USB-Cから映像出力できるスマホも接続できますが,この場合は画面のミラーリングになります。

The Mirabookイメージ

The Mirabookイメージ

公式サイトより)

DeXモードとは

SamsungのDeXも馴染みが薄いので,こちらも触れておきます。

これは,Samsung独自拡張で,Galaxy S8シリーズ以降のハイエンド端末に搭載されています。DeXでは,アプリを1つのウインドウで起動して,これを複数切り替えて使える,マルチウィンドウ・マルチタスクの環境です。操作は,キーボードとマウスで行い,画面にはマウスポインタが表示されます。

DeXが登場した当初は,対応アプリが少なく限られたアプリでしか恩恵が受けられず,不自由な環境という印象が強かったです。しかし,最近では多くのアプリが対応して,当初と比べれば不自由を感じることがなくなりました。

Mirabookを使うとなにが嬉しいか?

結論から書けば,2つが1つになることで手間が減るところです。

スマホとPCを使い分ける場合,それぞれで同じアプリが動作して,クラウド経由してデータ同期を取るのが使いこなしの必須条件です。わかりやすいところでいえば,Evernoteがこうした使い方です。MirabookはPCを使わないので,それぞれで同じアプリが使える必要はありません。また,環境が1つなので,クラウド経由してデータ同期をする必要もありません。

これだけでなく,OSやアプリのバージョンアップ,セキュリティパッチの適用など,少しずつ時間を削られる作業もスマホだけで済むので,本来やりたいことに時間を割けるのはメリットです。

通信環境にも同じことが言えます。PC用にモバイルルータを持ち歩いている方もいると思いますが,この必要はなくてスマホの通信環境が使えます。たとえば,今後,広がることが期待される5Gも,スマホが対応することでいち早く導入できます。LTE内蔵のノートPCと同じように,外出先でもネットへの接続状況を気にすることなく使えます。

今回は,概要紹介だけになりましたが,次回は使い勝手をご紹介します。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/