Android Weekly Topics

2020年8月第2週 ようやくPixel 4aが登場,Pixel 4は終了へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ようやくPixel 4aが登場,Pixel 4は終了へ

Googleの新型スマートフォン「Pixel 4a」が発売になりました。華々しい発表会は行われていません。

価格は4万2,900円,8月14日に予約の受付開始で8月20日発売です。

キャリアでは,ソフトバンクが取り扱うことを発表しており,Google PlayストアからはSIMフリー端末が購入できます。また,年内には5Gネットワークに対応したPixel 4aの発売が予定されています。

端末スペックを見ていくと,ディスプレイはパンチホール付きの5.8インチ(2,340×1,080ピクセル)SoCはSnapdragon 730,メモリは6GB,ストレージは128GB,カメラは背面・前面ともにシングルで,背面は12.2MP,前面は8MPです。背面には指紋認証センサを搭載します。付属のUSB-C 18Wアダプターを使うと急速充電ができます。 端末サイズは,144.0ミリ×69.4ミリ×8.2ミリで重さは143gです。手に余る大型端末があたりまえになる中で,手に納まるサイズの端末は貴重な存在です。

Pixel 3aから変わったところ

Pixel 3aからPixel 4aの変化を見ていきます。

まず,SoCがSnapdragon 670からSnapdragon 730にアップグレードされています。メモリも4GBから6GBに,ストレージも64GBから128GBにアップグレードされています。他,ディスプレイのガラスにGorilla Glass 3が使われています。

端末価格は,4万9,500円から4万2,900円になり6,600円安くなっています。コロナ禍で,収入減となった人も多い中での発売なので,戦略的な価格設定がされています。

日本語版のPixel 4aには,引き続きFeliCaが搭載されます。

新型コロナウィルス感染防止対策として,非接触決済の利用が増えたので外せません。Pixel 4aではeSIMが使えます。eSIMは「海外へ行った時に物理SIMを購入しなくて良いので便利」が最も分かりやすい利用シーンでしたが,現在のコロナ禍では海外へ行くこともないので,FeliCaと比較すると意味の無いものになってしまいました。

ミッドレンジ端末ではお馴染みの3.5ミリオーディオジャックは,Pixel 4aでも削除されることなく健在です。しかし,センサ類ではActive Edgeが削除されています。よって,端末の下半分をグッと握りしめて,Googleアシスタントを起動する使い方ができなくなります。

カラーバリエーションはJust Blackのみです。

風変わりなネーミングは健在ですが,Pixel 3aではClearly White,Just Black,Purple-ishの3色展開でした。また,画面サイズのバリエーションもありません。これもPixel 3aでは無印が5.6インチ,XLが6インチでした。

防水機能とワイヤレス充電機能が非搭載なのもPixel 3aから変わりありませんが,どちらもあればなお良いと言った程度の機能です。

コンセプトはPixel 4aでも変わらず

AIを使ったカメラが引き続き搭載されており,誰でも気軽に綺麗な写真が撮れるケータイの面目は保たれています。Android 10を搭載しますが,Googleが3年間のアップデートを約束しているので安心して使い続けられます。

ハードウェアは,時流に合わせてアップデートされていますが,カメラ以外は特筆するところがない端末ともみれます。しかし,Pixel 3aでウケた「Pixelシリーズのエッセンスを幅広いユーザーに体験してもらう」のコンセプトがそのまま継承されているのと,欠点の少ない仕上がりなので,多くの人が不満なく使える端末です。先の読めない時代に入ったので,いまスマートフォンを買い換える必要があるなら,Pixel 4aを購入して節約するのが賢い選択です。

Pixel 4はひっそりとフェードアウト

ハイエンドのPixel 4とPixel 4XLは,在庫がなくなり次第終了するとThe Vergeが報じています。

Pixel 4/4 XLは,昨年の10月発売なので1年を待たずに販売終了です。

これの販売台数は,2020年第1四半期までで200万台と言われており,販売数は奮わなかったと評価されています。後継モデルは,2020年後半に提供予定と発表されているので,年内にはPixel 5が発売されることになります。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/