Android Weekly Topics

2021年2月第4週 低価格キワモノ路線もAndroidならばアリ(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ディスプレイが折り畳み式だったり一部が回転したり,近年はユニークなギミックを採用するスマホが見れるようになりました。こうしたスマホは,ハイエンド端末と同等の価格設定で,気軽に手が出せる代物ではありません。しかし,Androidの世界は奥深いもので,ユニークかつ手頃な価格の端末も存在します。今回は,こうした端末を2回に分けてご紹介します。

学習リモコンとして使える「Xiaomi QIN 2 Pro」

まずは,XiaomiのQIN 2 Proです。

Xperia 1の21:9越えの,22.5:9のアスペクト比を持つ縦長ディスプレイが最初に目に入ります。端末サイズは132 x 55 x 8.6mmで,重さは105.7gです。

AliExpressの「MI Mijia YouPin Store」⁠Xiaomiが運営する小口注文用のオンラインストア)が販売しており,価格は1.3万円台です。

搭載OSはAndroid 9.0。SoCはオクタコアのSC9863A,メモリは2GB,ストレージは64GBです。グローバルバージョンを選べばPlayストアにも対応します。冒頭でも触れたように,アスペクト比22.5:9,5.05インチ(1440 x 576ピクセル)の縦長ディスプレイと赤外線ポートを搭載しているのが特徴です。

QIN 2 Proは,普段使いのスマホとして使うには物足りないスペックですが,家電操作のリモコンとして活用できそうです。

最近は,スマホの専用アプリで操作する家電が増えていので,こうした家電と従来の赤外線リモコンで操作する家電の両方をQIN 2 Proの1台で操作できます。この目的以外のアプリを入れないようにすれば,学習リモコンよりも便利につかえそうです。

大きさと重さがテレビのリモコンに近いので,リビングのテーブルにQIN 2 Proがあっても違和感はなさそうです。

2つの初採用「Hisense A5 Pro CC」

Hisense A5 Pro CCは,カラーのE-Inkディスプレイを搭載したスマートフォンです。

Hisenseは,REGZAブランドで有名な東芝映像ソリューションを2017年に子会社としており,国内ではテレビブランドとしても名前が浸透しつつあります。本国の中国では,家電だけではなく,スマートフォンやタブレットも扱っている大手電気メーカです。

2020年6月に中国で発売された端末ですが,ふたつの初採用があるのでピックアップしました。

国産SoCを採用

A5 Pro CCのSoCは,中国の国策半導体企業UNISOC社のT610を採用しています。

UNISOC社は,中国国内ではHuawei傘下のHiSilicon社に続いて,2番目に大きなファブレス企業です。

T610は,Cortex-A75x2+Cortex-A55x6のオクタコアプロセッサで1.8GHzで動作します。GPUはMali-G52 MP2で,製造プロセスは12nmです。CPUとGPUのどちらも2017年から2018年ごろの技術で,新しいものではありませんが,Android 10に最適化されています。

Hisenseの端末は,同じ中国のHuaweiのKirinシリーズを採用することもありましたが,国策にしたがいUNISOC社のSoCを使った端末をリリースしています。A5 Pro CCは,T610をはじめて採用した端末で,これ以外のAシリーズのスマホやQシリーズのタブレットでも,UNISOC社のSoCを採用しています。

世界初のカラーE-Inkを採用

搭載されているカラーE-Inkディスプレイは,5.84インチ(1440×720ピクセル)で発色できる色数は4,096色です。

発色数に限りがあるのは,いまどき信じられませんが,8bitや16bitパソコンが全盛だった頃は発色数をウリにしていたので,'80年代中ごろに戻った印象です。2016年にフルカラー表示可能なE-Inkディスプレイが発表されているので,この色数が話題になるのは数年の間かもしれません。

YouTubeのレビュー動画を観ると,画面を書き換えているのが見て取れるのと表示モードによっては残像が残っているので,動きとしてはモノクロのE-Inkディスプレイと変わりません。紙のような表示品質がE-Inkの特徴でカラー表示でも同じです。ただ,発色がイマイチで,インクジェットのエコモードで印刷したような表示に見えます。

QIN 2 Proの用途が明確だったのに対して,正直,A5 Pro CCはどう使おうかと悩みますが,ガジェット好きの心をくすぐる要素を持っています。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/