Android Weekly Topics

2021年9月第2週 この秋,期待のAndroidガジェットたち

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

毎年秋は新製品の季節です。8月下旬から期待の端末が登場するのでピックアップします。

定番端末「Pixel 5a」とハイエンド復活の「Pixel 6」

定番端末といえば,Googleの手がけるPixelシリーズです。

これは,アップデートがいち早く受けられるだけでなく,次期Android OSのベータ版がインストールできるので,使わなくなった端末を開発用としても使えます。

直近では,Pixel 5a(5G)が販売開始になりました。

SoCはSnapdragon 765G搭載で,Pixel 5同様にミドルレンジに相当の端末です。

aシリーズは,無印シリーズよりスペックダウンされるのが通例ですが,Pixel 5aでは逆転している部分があります。たとえば,ディスプレイは,Pixel 5の6.0インチ(2,340×1,80)からPixel 5aの6.34インチ(2,400×1,080)で大型化しています。他,バッテリ容量がPixel 5の4,080mAhから,Pixel 5aが4,680mAhに増加しています。

普段使いで気になるのは,メモリがPixel 5の8GBからPixel 5aは6GBに減少しているのと,Pixel 5aはワイヤレス充電が省かれています。どちらも致命的ではありませんが,余裕を持って使える,便利に使える要素で,これらを割り切れるのであれば買って間違いない端末です。

もう1つ,この秋発売されるPixel 6シリーズは,ハイエンド端末となり「Google史上最も速く,カスタマイズにこだわったスマートフォン」と銘打たれています。

Pixel 6は,Google独自設計のSoC「Google Tensor」が搭載されます。これは機械学習とAI強化を目的に設計されているのと,Pixel 3から搭載されているセキュリティチップのTitan M2が組み込まれています。

Google Tensorは,Samsungが開発にも深くかかわっていると言われており,Galaxy S21シリーズ搭載のExynos 2100との多くの共通点が指摘されています。Google Tensorの実態は,Exynos 2100の後継となるはずのExynosプロセッサではないかとGalaxy Clubが取り上げています。

Pixelシリーズと言えばカメラです。このカメラのハードウェアスペックは長らく変わらず,ソフトウェアで写真の品質を向上させていました。Pixel 6では,カメラバーとして特徴的なデザインと共にカメラのハードウェアがアップデートされ,Pixel 6 Proは,広角,超広角,望遠の3眼になります。

Googleは,Pixel 6シリーズに自信を持っているのか,Pixelシリーズが最も売れた2019年の700万台よりも50%多い生産台数をサプライヤーに注文しているようです。

GoogleとSamsung連合の刺客「Galaxy Watch 4」

GoogleとSamsung連合の刺客「Wear OS 3」搭載のGalaxy Watch 4シリーズが発売になりました。8月11日行われたSamsung Unpackedで発表されて,8月27日から一部の地域で249.99ドルからで発売されています。

Galaxy Watch 4は,Activeシリーズのようなシンプルなデザインの「Galaxy Watch 4」と回転ベゼルを備えてダイバーズウォッチのようなデザインの「Galaxy Watch 4 Classic」のデザインがあります。

カラーとサイズは,Galaxy Watch 4がブラック,シルバー,グリーンで40mmと44mm。Galaxy Watch 4 Classicは,ブラックとシルバーで42mmと46mmです。これに加えて接続方法がBluetoothとLTEが用意されています。

Galaxy Watch 4シリーズだけで,すべての需要を網羅するかの勢いのラインナップです。

Galaxy WatchからGalaxy Watch 3までの3世代は,同じSoC(Exynos 9110)が搭載されていましたが,Galaxy Watch 4で,ハードウェアは一新されて新たなSoC(Exynos W920)が搭載されてます。これは,製造プロセスが5nmなので省電力性能とパフォーマンスの向上が期待できます。また,ヘルスケアツールとしても秀逸で,人体を構成する成分ごとの量とそのバランスなどを測定し分析する「体組成分析」も搭載しており,今までのスマートウォッチを凌駕します。

Galaxy Watch 4は,性能,価格,機能のバランスが良く,Wear OS巻き返しの狼煙を上げる1番手としては最高の端末です。FossilやFibitもWear OS 3を搭載する端末を開発しているようなので,秋から来春に向けての展開が楽しみです。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/