Android Weekly Topics

2021年10月第4週 5G時代のベーシックなスマホ探し(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

初代Galaxy FoldをAndroidのメイン端末として使って来ましたが,数ヵ月前からバッテリが膨らんできて,使い続けるのは危険だと考えて次の端末を探していました。

ここ数年は,Samsung Galaxyシリーズを使っていたこともあり,Galaxy Z Fold 3への買い替えを検討しましたが,Galaxy Foldと比較して生活に変化を起こるとは考えられず,気持ちがいまひとつ傾きませんでした。

こうした中で気になっていたのが,最近,勢いを増している中国のスマホメーカです。とくにXiaomiの勢いは凄まじく,2020年9月から2021年9月までのBCNランキングでは右肩あがりで販売台数を伸ばしています。

端末選びの条件

こうなると,Xiaomiのスマホを使ってみたくなる悪い癖が出ます。

近年のスマホは,十分過ぎる速度を持つのでブランドの中のベーシックモデルをあえて選び,ここからブランドの特色を知るのもおもしろいのでは? と考えました。また,Galaxy Foldは,Felica非搭載で普段使いでは不自由したので,このふたつを端末選びの条件としました。

条件に一致するXiaomiの端末は以下になります。

  • Redmi Note 9T
  • Redmi Note 10 JE
  • Mi 11 Lite 5G

Redmi Note 9TとRedmi Note 10 JEは,ソフトバンクとauのキャリア端末で,Mi 11 Lite 5GはSIMフリー端末です。Redmi Note 9Tは発売時期が2月なのと,私が使うキャリアはauなので選択肢から外しました。

残るMi 11 Lite 5Gは7月2日発売で,Amazonであれば4.3万円で入手できます。メモリが6GB,ストレージが128GBなので不自由なく使えそうです。

Redmi Note 10 JEは,8月13日の発売で約2.8万で購入できます。

auとUQ mobileで販売される端末なので入手性が悪くなります。メモリ4GB,ストレージ64GBなのは,不安とは言いませんがもう一声欲しくなります。

両方とも5G通信に対応して,Android 11ベースのMIUI 12を搭載する共通点はありますが,SoCがSnapdragon 780GとSnapdragon 480 5G,ディスプレイがAMOLEDとTFT,WiFi 6対応と非対応,SIMスロットがデュアルとシングル等の違いはあります。

ただ,こうした差はSNSやメールのチェック,音楽やポッドキャストを聴くと言った使い方しかしない筆者には,使用感に違いが出ないのが正直なところです。

1.6万円で購入できるのであれば

理詰めではRedmi Note 10 JEで決まりですが,決定打に欠けていて悶々とした日々を過ごしていました。また,これまでハイエンドモデルを使い続けていたこともあり,動作速度や端末品質に満足できるかも不安でした。

こうした状態でネットを徘徊していると,中古スマホを扱うショップで未使用品のRedme Note 10 JEが15,800円で購入できるのを見つけました。2.8万円の端末が1.6万円で購入できるので,渡りに船とばかりに購入して,Redmi Note 10 JEが後継端末になることが決まりました。

価格だけを見て比較するのは乱暴ですが,Galaxy Z Fold 3を選んていたとすれば,端末価格が役24万円になるので,差額は約22万円,これだけが節約できたことになります。

改める機会を得られた

Redmi Note 10 JEは,ハイエンド端末のように高価な素材は使われていないので,見るからに高級とは言えませんが,チープさを感じることはありません。また,端末の作りが良く,ボタンを強く押し込んでもギシギシすることはありません。

購入前に気になっていた動作速度は,メモリ不足が要因と思われる動きをすることがありますが,頻発するわけではないのでイライラすることはありません。これの詳細は後編でご紹介します。

これまでは盲目的にハイエンドモデルを選択して,多額の出費をしてスマホを買い換えていましたが,これを改める機会が得られてよかったと感じています。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/