Android Weekly Topics

2022年4月第4週 Android Autoのその後……沼にハマりはじめる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

まだ気軽にあちこち行けないので,ロードスターが納車されてひと月が経過しますが,走行距離は200Km程度となかなか距離が伸びていません。

もの珍しさも手伝い,ロードスターに乗るたびにAndroid Autoを使っていますが,主な用途がApple Musicとポッドキャストなのは,前回から変わっていません。

この使い方だとBluetooth接続でも同じ結果が得られますが,なぜか入力レベルが低いので,使うたびに音量設定を変更する必要があり面倒です。とは言え,Android Autoを使うときもUSBケーブルを接続したあと,マツダ コネクトで接続操作をする必要があり,どちらもひと手間かけて使っています。

Android Autoの方が良い体験が得られるで使っていますが,使う度にケーブル接続をするのは面倒に感じるようになります。これがワイヤレス接続になれば良いのですが,ロードスターに搭載されているマツダ コネクトは,ワイヤレス接続には対応しておらずアダプタが必要です。

アダプタは,前回取り上げた「ottocast U2-X」が良さそうです。

しかし,ワイヤレス接続のためだけに1.9万円の出費は大きいのと,アダプタのサイズ(84ミリ×47ミリ×14ミリ)は,ロードスターの狭い車内に置くには大きいので,もう少し小さなアダプタが欲しいところです。

U2-X Wireless CarPlay/Android Auto 2 in 1 Adapter - OTTOCAST

ということで,今回は狭い車内のクルマで使うことを前提で,Android Autoをワイヤレス化できる小型アダプタを探してみました。

Carsifi

「Carsifi」は,Android Autoでワイヤレス接続を実現できるアダプタです。

Carsifi | Wireless Android Auto adapter for all cars and head units

価格は,89ドル(1万1,254円ほど※2022年4月18日現在)なので,ottocast U2-Xよりは安価です。

また,サイズは,65.5ミリ×35.5ミリ9.3ミリとottocast U2-Xと比較してひとまわり小さいのが魅力です。良さそうな製品ですが不安なところが2つあります。

1つ目は,Adroid Autoのワイヤレス接続で必要にるWi-Fi接続は2.4/5GHzが選べまずが,Android 11からは5GHz接続が必須です。日本では5.2GHzでの接続が必要になりますが,これに対応しているかは不明です。

2つ目は,CarsifiはIndiegogoで出資を募り製品化に漕ぎ着けていますが,出荷が遅れているようでキャンペーンページは出荷時期を確認するコメントがいくつかあります。出荷遅れはクラウドファンディングの常ですが,筆者はすぐ使いたいので選択肢から外します。

AAWireless

「AAWireless」というアダプタも存在します。これもIndiegogoで出資を募っていた製品です。

AAWireless | Indiegogo

価格は,85USドル(1万749円ほど※2022年4月18日現在)です。これも49ミリ×49ミリ×12ミリと小さく,正方形なので扱いやすそうなのが特徴です。AAWirelessは,搭載プロセッサーがQuad Core 1.3GHzで,CarsifiのDual Core 1GHzと比較すると快適な動作が期待できそうです。Carsifiと同様で,Wi-Fiは2.4/5GHzに対応しますが日本で使えるかは不明です。

初期ロットの出荷がはじまっているようですが,多くのユーザの元に届いて製品の評価が定まるまで,もう少し待っても良いかもしれません。

中華勢も検討してみる

AliExpressを「android auto wireless adapter‌」のキーワードで検索するといくつかの製品がヒットします。

ピックアップした製品は,車載器の画面だけを利用してナビや音楽再生などの制御は,このボックスでやってしまおうというものです。

Android 11 Wireless Android Auto Adapter Wireless Carplay Dongle Carplay ai Box Multimedia Box For VW Audi Kia Toyota Honda Fiat| | - AliExpress

これまでのアダプタと比較すると,Android 11が動作しているので高機能です。

たとえば,Android Autoのワイヤレス接続だけでなく画面のミラーリングにも対応します。サイズは,85ミリ×53ミリ×16ミリと大きいのですが,価格は1万2,154円(2022年4月18日現在)で他のアダプタと同じくらいの価格帯ですが,これもWi-Fi接続動作するかはわかりません。

アダプタ探しを継続中

ottocast U2-X以外,これはと思える製品を見つけられませんでした。

とは言え気になるので,時間があれば良いアダプタはないかと検索しています。新たな沼に足を踏み入れたかもしれません。

今週は,このあたりで,また来週。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/