新春特別企画

ウィズコロナ時代の大学のオンライン授業 〜様々なツールを使った授業設計

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

あけましておめでとうございます。みなさんご存知の通り,昨年3月ごろから世界的に新型コロナウイルスの流行により,これまでとは違う生活が余儀なくされています。

昨年度は全国のほとんどの大学において,春学期はオンラインで授業が実施されることになりました。秋学期も多くの大学が引き続きオンラインで授業を実施しています。私の勤務する京都産業大学においても,秋学期から少しずつ対面の授業が開始されているものの,私の持つ授業はすべてオンラインで実施されています。

オンライン授業,そして,リモートワークとなってこれまでと異なることはたくさんあります。私事ですが緊急事態宣言の最中の5月に第二子が誕生しました。その時点でリモートワークとなっていたため,第一子のとき以上に子育てに参加できたのは良かった点の一つです。

とはいえ,多くのことはこれまでのやり方を踏襲できず,試行錯誤で取り組んでいるところです。これ以降も事態が急に好転することも期待できませんので,今後もオンライン,対面が併用されると予想されます。本稿では,この一大学教員の試行錯誤の取り組みと,今後の展望を紹介したいと思います。

大学の授業

様々な取り組み

このコロナ禍にあって,多くの大学の教員,職員,学生が戸惑い,そして試行錯誤を繰り返しています。

Facebookでは2020年3月に「新型コロナのインパクトを受け,大学教員は何をすべきか,何をしたいかについて知恵と情報を共有するグループ」という公開グループが作成され,2020年12月の時点で20,584万人が参加しています。このグループでは,所属や専門を超えて,遠隔授業の情報やノウハウの共有を目的として,日々様々な議論が行われています。

2000年3月からNII主催で4月からの大学等遠隔授業に関する取組状況共有サイバーシンポジウムが定期的に開催され,これまでに23回開催されています。ここでは様々な分野・大学での事例の共有だけでなく,通信料削減のための議論や,著作権法改正など多岐にわたった講演資料が確認できます。

情報処理学会では2020年9月の会誌にて情報化社会のニューノーマルと題してコロナによりどのような変化が引き起こされ,著者らがどのように対応したのかの記録を特集しています。特に第2章「教育のオンライン化 〜実施してみて分かったこと〜」では,医療や体育など様々な分野の5名の教員がコロナ禍においてどのように授業のオンライン化に取り組んだかが取り上げられています。また,ぺた語義という教育に関するコラムが常設されており,ここにもコロナによる教育の変化が取り上げられています。

これらの資料から,みんな混乱しながらもこの困難に取り組もうとしていることがわかるのではないでしょうか。

玉田の授業

では実際に,私がどのようにオンライン授業を取り組んだのかを紹介したいと思います。私は今年度は4種類の授業を持ち,次のようにオンライン授業を実施しました。

  1. プログラミング演習科目(Javaの初級⁠
    • 講義資料の配信(GitHub Pages⁠⁠,オンラインでの課題提出(Moodle)
  2. 座学
    • 講義ビデオの配信(Microsoft Stream⁠⁠,講義資料の配布(Moodle⁠⁠,オンラインでの課題提出(Moodle)
    • リアルタイム講義配信(Microsoft Teams⁠⁠,録画動画の配信(Microsoft Stream⁠⁠,オンラインでの課題提出(Moodle)
  3. ゼミ科目
    • ビデオチャット(Zoom⁠⁠,Wikiesa.io⁠,チャット(Slack⁠⁠,GitHubなど。

すべての授業でメールやチャット(Microsoft Teams)による質問を受け付けています。なお,Microsoft TeamsやStream,Moodleは大学で採用しているシステムであるため,利用しています。その他のSlackやesa.io,Zoomは個人的な好みで採用しました。

プログラミング演習科目

この授業は150名程度を3名の教員,6名のTA,補助員で担当しています。コロナ禍の前から反転授業として設計,実施しています。つまり,学生はあらかじめ講義資料を読み,課題に取り組みます。当学部では入学時にMacBookを購入し,それをBYOD環境として学習に利用してもらっています。本講義でもそのMacBook上に環境を構築し,学習します。従来は講義室で質問,課題の提出を受け入れていたのですが,Moodleを利用して提出してもらうよう変更しました。質問も学内で採用されているMicrosoft Teamsで行ってもらうようにしました。これまでとは上記の内容のみを変えて,その他はほぼ同じ内容を実施できました。

学生に対するアンケートによると,このやり方を好まない少数の学生はいるものの,アンケートに答えた学生(全体の51%)のうち,92%の学生には受け入れてもらって,とりあえずは安心しています。

座学

2つの講義を受け持ち,講義ビデオをあらかじめ撮影し,配信する方法(70名弱)と,リアルタイムで配信し,その様子を録画しておいたものを配信する方法(170名程度)を採用しました。

両講義ともコロナ禍の前からPowerPointの資料を利用しています。講義ビデオ撮影ではPowerPointの録音機能を利用し,動画を作成しました。リアルタイム配信では,Microsoft Teamsのビデオ会議でPowerPointの資料をもとに講義を行い,それを録画したものを後日配信しました。

情報系の学生だと普段から常時接続の環境を持っていることが多いため,問題になることはあまりないと思いますが,そうでなければギガ不足が大きな問題になりそうです。同僚の荻原先生はLight LectureというPDFに音声などを埋め込み,再生できるツールを公開しています。このツールを使うと90分の講義でも20MB程度のデータ量で済み,学生がmacOSを使っているという前提がクリアできればLight Lectureを使うのが良さそうです。

また,リアルタイム配信を行っていたとしても,学生の責によらない理由でリアルタイムに視聴できないケースも考えられます。例えば,親,兄弟が別のビデオ会議システムを利用中で満足な視聴ができないケースや,ネットワークの不調などです。そのため,後からでも見直せるような仕組みが必要となるでしょう。

ゼミ科目

修士学生(1名⁠⁠,4年生(3名⁠⁠,3年生(4名)と3つのゼミ科目を持っており,それぞれ修論,卒論の指導を行っています。そこでは,毎週の定例報告会の前にその週に行ったことをWikiで報告してもらっています。そして定例報告会で,その内容を元に全員で議論を行います。なお,卒論に関する進捗(卒論自体や卒論に関するプログラムや分析結果など)はすべて各人のGitHubのリポジトリにpushして初めて進捗として報告可能であるものとしています。この定例報告会が毎週の定例報告が対面からビデオチャットに置き換わり,そのほかは従来から用いている方式です。定例報告会では学生が画面共有など主体的に話すことはありますが,これまでのトラブルは,その日だけなぜかZoomに接続できない学生が一人出たくらい(PCの再起動で解決)で,大きなトラブルは起こっていません。ビデオチャットでは学生も基本的にカメラをONにしてもらっていますが,体調がそれほど良くないなど,何らかの理由があるならOFFでも問題ないとしています。

なお,チャット(Slack)は私からの事務連絡や進捗に詰まった時の相談窓口,また雑多な連絡など研究室内の連絡に用いています。このような使い方で体面上は問題なく動いているように見えます。ただ以前のように,学生部屋にフラッと寄ったときに,学生が困っている問題をその場で一緒に解決することができなくなった点が歯痒く感じています。

著者プロフィール

玉田春昭(たまだはるあき)

京都産業大学 情報理工学 准教授。
ソフトウェア工学,ソフトウェア保護の研究。特に,プログラムの読みやすさ評価やソフトウェアの盗用検出の研究を行なっている。

GitHub:tamada
URL:https://tamada.github.io/, https://tamadalab.github.io/

バックナンバー

新春特別企画

バックナンバー一覧