モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

第30回 よく描く絵 オフィスに「タコ」!?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

タコ救出案4 「積み上げた書類をみんなで見る」

「大きなスクリーンで,同じファイルをみんなで見て,その場で作業する」というアイデアもありました。

これはエンジニアの方のアイデアでした。システム開発の作業をプロジェクターで大きく映し出した画面をいっしょに見ながら実際にプログラムの組み方も共有していくという案でした。プログラムの書き方1つをとっても,同じ画面で他の人の書き方,カーソルの動きそのものを見ているだけで,じぶんとは違った書き方をしていてとても参考になるそうです。体験して触れて学べるチャンスがあるそうです。

その大画面に映し出されているのは,⁠まさに積み上がった書類の中身そのものだ!」と思いました。このアイデアは,聴いたそばからとても筆が進みました。

タコ救出案5 「書類の山から誘い出す」

  • d案「とりあえず飲みに行こう」
  • e案「社内SNSで趣味のコミュニティをつくる」
  • f案「全社の運動会を復活する」
  • g案「あえて手書きの社内報をつくる」

これらのアイデアは一見,ありきたりな発想に思えるかもしれません。でも,ぜひ本気で実行してほしいと思いました。

というのも,よくよく聴いているとタコツボ化した組織で⁠苦しんでいる⁠人ばかりではなさそうなのです。どうも「じぶんから」あえて書類を積み上げて「忙しいからのぞかないでね」⁠声をかけないでねオーラ⁠を放っている人も多そうなのです。そんな人はますますじぶんからこの「書類の山」をよじ登ってまで出てこない。逆に「書類の山」を崩そうとしたら叱られそうです。すると外の人もやっぱり「防御壁は堅い」となって声をかけなくなる。そしてタコは蛸壺に安住したまま…。

これは手強いなあと思って描いていました。しかし,そんなときこそ「書類の山を崩す」のではなく,仕事とはまったく関係のない違った興味でタコツボから引っ張り出すほうが,案外タコツボに身を潜めていたい人たちはスルリと這い出してきそうという絵が描けたのがこれらのアイデアでした。

「飲みに行きましょう」とか,仕事とはまったく関係ない趣味の話に「おもしろそう!」とタコツボから這い出してくる。社内のイベントに参加したり社内報で同じ職場の人の意外な一面や社内の取り組みを知ることで,知らず知らずのうちにタコツボから外に出て来てしまっている様子が描けて筆が進みました。

「タコツボ」という比喩表現のまま会話をする危険

以上,タコツボ化した組織の改善アイデアをいくつかご紹介しましたが,これらのタコ救出案がすべての職場に使えるとは思いません。⁠書類の山」の積み上がってしまった理由や過程は会社や組織によっていろいろだからです。しかし一方で,一社だけで描いたならともかく,いろんな会社や組織を超えて,共通して描けた「タコツボ⁠⁠。しかもその「タコツボ」「見えない書類の山で出来ている」という絵。そんな1つの判断基準ができたおかげで,絵の中でどれが即実行すべき案か,それはどんなタイプのタコツボに効きそうな施策かといったことが見えてきました。

「タコツボ」という比喩表現のまま会話をしていると,意外と簡単な課題や問題を扱わないまま,議論だけが上滑りする危険がありそうです。あなたの会社の「タコツボ」は一体どんな「書類の山」で出来ているか。どんな状況で積み上がってきているのか。こんな第三の目「グラフィック」から見えて来た「タコツボは見えない書類の山で出来ている」という1つの絵が,独自の改善策を探すヒントになればと思って今回はご紹介しました。


絵筆が「よく描く」という現象には,会社や組織を超えて全体に共通していることがありそうで,次回も,あの会議でもこっちの会議でも「よく描いてしまう絵」をご紹介します。それらから,今の職場で感じている違和感やモヤモヤしたものの解決のヒントになればと思っています。ということで,次回も楽しみにしてください。

今回はここまで。グラフィックファシリテーターのゆにでした(^-^)/

著者プロフィール

やまざきゆにこ

様々な議論の現場で,グラフィックファシリテーション(=グラフィックレコード+グラフィックフィードバック+グラフィックダイアログ)を実施する。300人超のシンポジウムから,企業も国籍も違う参加者の集まる研究会,組織を横断したプロジェクト,経営者・リーダークラスのビジョン研修,組織研修,顧客との協働プロジェクトなど多岐に渡る。企業・組織の事業判断・意思決定,プロジェクトや個人の意識・行動変革の一助になればと"絵筆を持って"活動中。

グラフィックファシリテーター(graphicfacilitator)は,やまざきゆにこの商標登録です。

グラフィックファシリテーション.jp:http://www.graphic-facilitation.jp/

バックナンバー

モヤモヤ議論にグラフィックファシリテーション!

バックナンバー一覧