GTDでお仕事カイゼン!

第9回 誰でも始められるGTD+R(4) アイテムの工夫

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ロディアケース

ロディアを普段から持ち歩くようになると,ケースが欲しくなってきます。ロディアケースには,縦開きタイプや横開きタイプ,革製や布製など,いろいろな種類があります。

筆者は,AssistOnで販売されている「YMSK 名刺&メモ・ホルダー」を愛用しています。

ロディアケース「YMSK 名刺&メモ・ホルダー」

ロディアケース「YMSK 名刺&メモ・ホルダー」

気に入っている点は,名刺と一緒にロディアを持ち運べる所と,ケース本体は手触りの良い上質なヌメ革で作られているので手に馴染んでくる所です。

他にも,いろいろなロディアケースが販売されているので,自分の好きなケースを探してみるのも楽しいですよ。

Moleskine メモ・ポケッツ

GTD+Rのポケットは自分で折り紙をして作りますが,もっと高級感のあるポケットにしたいという方は,Moleskineのメモ・ポケッツが最適です。

Moleskine メモ・ポケッツ

Moleskine メモ・ポケッツ

メモ・ポケッツは,ハードカバーを開くと6つの仕切りがあるので,そこにタスクシートを収納できます。サイズもぴったりなので,仕切り毎にTODAYやWEEK,MONTHとして使い分ければ,GTD+R的な使い方ができると思います。

6つの仕切り

6つの仕切り

メモ・ポケッツとGTD+Rを組み合わせた「GTD+R+M」という手法を,シリアル・ポップ2さんのサイトで紹介されています。

GTD+Rはアナログ的な手法ですが,アイテムをいろいろと工夫することで,自分に合った使い方ができると思います。こだわりを持つことが,GTDを続けていく動機付けになると思います。

次回は,連載最終回ということで,GTD+Rの究極のテクニックをご紹介したいと思います。

著者プロフィール

太田憲治(おおたけんじ)

クリエイトシステム代表。SEとして数多くのシステム開発を経験する。アジャイル開発の素晴しさに魅了され,開発現場の大切さや人と人とが作り上げているシステム開発の楽しさを学ぶ。現在は,システム作りよりも「工夫作り」をモットーに独立して,新しいことにチャレンジする毎日を送っている。筆者のLifehacks系サイトeXtreme Gadget(エクストリームガジェット)では,GTDとRHODIAを組み合わせた新しい仕事術「GTD+R」を紹介している。

URLhttp://gadget.cre8system.jp/