IT Cutting Edge ─世界を変えるテクノロジの最前線

第20回 個人の経験を全員の経験に ―6ヵ月で18名のAWS人材を育成したオムロン ソフトウェアの成功へのスパイラル

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

「IT人材に関して日本が諸外国と大きく事情が異なる部分は,約70%の人材がSIerやシステム開発企業など集中していること。今後,日本社会のデジタル化を加速させていくにはエンドユーザが教育プログラムを受けることが重要になる」―2月26日,AWSジャパンが開催した「将来のデジタルスキルニーズに関する記者説明会」においてAWSジャパン トレーニングサービス本部 本部長 岩田健一氏は,国内企業のデジタル人材不足についてこうコメントしました。

新型コロナウイルスの感染拡大により,多くの日本企業がデジタル化への取り組みを加速させましたが,その一方でデジタル化の要となるデジタル人材,それもクラウドアーキテクチャの設計,ソフトウェアの運用支援,大規模データモデルの作成など"高度なデジタルスキル"をもつ人材を内製化している企業は決して多くはありません。前述の岩田氏のコメントにあるように,日本の場合,IT技術者の多くがSIerなどに所属しており,ユーザ企業内にIT人材を育成する,つまり自社のシステムを自社の人材でカバーするという文化が醸成されにくい状態が続いていました。

しかし,長引くコロナ禍が引き金となり,国内企業の意識も少しずつ変わり始めているようです。本稿では2月26日の会見で紹介されたオムロン ソフトウェアの事例 ―6ヵ月間の集中トレーニングを受講した18名の選抜メンバー全員がAWSソリューションアーキテクトアソシエイトに合格し,その後もトレーニングを内製化してクラウド人材を着実に社内に増やしている事例を紹介しながら,現在の日本企業に求められている人材育成のあり方について考察してみたいと思います。

記者説明会で語るAWSジャパン 岩田健一氏

記者説明会で語るAWSジャパン 岩田健一氏

AWS提供の集中トレーニングを活用して集中育成

オムロングループのソフトウェア開発会社として1976年に創業したオムロン ソフトウェアは,駅の自動改札機やクレジットカード決済端末,ヘルスケア機器,ファクトリーオートメーションといった公益性の高い事業を数多く展開しており,IoTや組み込み分野における高い技術力で知られています。しかしIoTの人材ではなく,なぜクラウドに焦点を合わせた人材育成に今回取り組んだのでしょうか。その理由についてオムロン ソフトウェア ISTソリューション事業部 プロセスエンジニアリング部 グループリーダ 原田真太郎氏は「オムロンがめざすより良い社会の実現にはクラウド技術が必要不可欠であり,急速に拡大するクラウド開発事業のニーズに応えるためにも,一気に社内にクラウド技術者を増やす必要があった」と説明しています。

会見に登壇して事例を紹介したオムロン ソフトウェア原田真太郎氏(右)と新宅史菜氏

オムロン ソフトウェア原田真太郎氏(右)と新宅史菜氏

オムロン ソフトウェアおよびオムロングループがクラウド人材の育成に注力する理由は同社がめざす「よりよい社会」の実現にクラウドが欠かせないと判断したことによる

オムロン ソフトウェアおよびオムロングループがクラウド人材の育成に注力する理由は同社がめざす「よりよい社会」の実現にクラウドが欠かせないと判断したことによる

"ものづくりの会社"として品質の高い産業機器を数多く生み出してきたオムロンですが,世界中のデバイスが"つながる"ことを前提に作られている現在,オムロンもまた「単品の機器で価値を提供するのではなく,機器をつなぐことで新たな価値を創造していかなくてはならない」⁠原田氏)として,クラウドやAI/IoTなど時代が必要とする技術を積極的に取得していく方向へと舵を切りました。

もっとも社内にクラウド人材を一気呵成に育てるといっても,そのためのノウハウがオムロン ソフトウェアにあったわけではありません。ここで同社が利用したのがAWSが提供する集中トレーニングでした。各事業部から選抜したメンバー18名が2019年4月から約6ヵ月間,合計160時間に渡り,AWSによる以下のオンサイトトレーニングを受講しています。

AWS Technical Essentials 2
Amazon EC2やAmazon S3などを使って実際にシステムを構築/運用する方法を学ぶ1日コース(AWS Technical Essentials 1の修了が前提)
Architecting on AWS(+認定試験準備ワークショップ)
AWSプラットフォーム上でITインフラを構築する方法を学ぶ3日間コース
Developing on AWS(+認定試験準備ワークショップ)
AWS SDKを使用して安全でスケーラブルなクラウドアプリケーションを開発する方法を学ぶ3日間コース
Systems Operations on AWS(+認定試験準備ワークショップ)
自動化や繰り返しが可能なネットワーク/システムのデプロイをコマンドラインから実行する方法を学ぶ3日間コース
Advanced Architecting on AWS(+認定試験準備ワークショップ)
Architecting on AWSの上位コースで,データサービスやガバナンス,セキュリティを組み込んだ複雑なソリューションを構築する方法を学ぶ3日間コース
DevOps Engineering on AWS(+認定試験準備ワークショップ)
DevOpsの文化哲学やプラクティス,ツールを利用して高速なアプリケーション/サービス開発し,提供/維持していく方法を学ぶ3日間コース
Security Engineering on AWS
AWSセキュリティサービスを使用してセキュアなAWSクラウドを維持する方法を学ぶ3日間コース

この短期集中型トレーニングにおいてオムロン ソフトウェアが設定したゴールは受講者がAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト(SAA)に合格することでしたが,結果として18名全員が合格,そのうち7名は認定資格の5冠を取得するというすばらしい成果を収めるに至っています。

2019年4月から半年間に渡って合計160時間のAWSトレーニングを各事業部から選抜した18名に対して実施した。短期集中型のトレーニングに方式を実際に受講した新宅氏は「ライザップ方式」と呼んでいた

2019年4月から半年間に渡って合計160時間のAWSトレーニングを各事業部から選抜した18名に対して実施した。短期集中型のトレーニングに方式を実際に受講した新宅氏は「ライザップ方式」と呼んでいた

各事業部からよりすぐったメンバーだけあって,半年間のトレーニング終了後は18名全員がソリューションアーキテクトアソシエイトに合格,うち7名は5つの試験に合格する五冠を達成。プロの力を借りて一気にコア人材を育成した好事例といえる

各事業部からよりすぐったメンバーだけあって,半年間のトレーニング終了後は18名全員がソリューションアーキテクトアソシエイトに合格,うち7名は5つの試験に合格する五冠を達成。プロの力を借りて一気にコア人材を育成した好事例といえる

実際にトレーニングに参加したオムロン ソフトウェア ISTソリューション事業部 システムエンジニアリング部 新宅史菜氏は「トレーニングの最中はほぼ毎回,質問がいくつも出るなどやり取りが活発で,受講者間での相談もしやすく,とても学びやすい環境が作られていた」と振り返っています。AWSというクラウドのプロの力を借りて,各事業部から選抜した優秀なメンバーを短期集中型で一気に育成する ―クラウドに限らず,人材育成の最初の一歩として参考にしたいアプローチです。

トレーニングおよび認定試験合格後のメンバーは,それぞれの事業部に戻り,学んだ内容をすぐに実践にアサインしているほか,OJTで後進の育成にもあたっています。原田氏は実践における成果の一例として,グループ会社のオムロン ソーシアルズソリューションズが2019年11月に発表した複合型サービスロボット「Toritoss」を挙げていますが,これは店舗や施設における清掃/巡回警備/案内などを行うロボットでAWSのサービスが数多く実装されています。オムロン ソフトウェアはロボットの遠隔操作や保守を行うサーバシステムのインフラ構築を担当し,選抜メンバーがトレーニングで学んだ知識や技術を反映してスピーディに開発を進めました。件のトレーニングが2019年9月に修了し,同年11月のサービス発表に至っていることを考えれば,まさに学んですぐの知識と技術を本番投入した結果だといえます(Toritossの正式なサービス提供開始は2020年11月⁠⁠。

トレーニング終了後のメンバーは事業部に戻って学んだ知識を業務にも活用している。オムロン ソーシアルズソリューションズの業務ロボット「Toritoss」にはAWSのマネージドサービスが数多く実装されており,これらの保守運用にメンバーの知見が活かされている

トレーニング終了後のメンバーは事業部に戻って学んだ知識を業務にも活用している。オムロン ソーシアルズソリューションズの業務ロボット「Toritoss」にはAWSのマネージドサービスが数多く実装されており,これらの保守運用にメンバーの知見が活かされている

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Blog 「G3 Enterprise」やTwitter(@g3akk),Facebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。

バックナンバー

IT Cutting Edge ─世界を変えるテクノロジの最前線

バックナンバー一覧