スタート!Windows Phone 7

第2回 ミュージックプレイヤーとしてのIS12T

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

今回は,ミュージックプレイヤーとしてのIS12Tに迫ってみます。

IS12Tとの組み合わせで使っているイヤフォン

筆者は,IS12TとPHILIPS SHE9700との組み合わせで音楽を楽しんでいます。

PHILIPS SHE9700は,2500円前後で購入できます。売り場には,1万円台のイヤフォンがあたりまえのように並んでいますが,筆者の場合は,頻繁に持ち運ぶためか1年くらいで断線して壊してしまうので,消耗品と割り切って使っています。とは言っても音質は,なかなかのものです。このイヤフォンから出る音は,クセや派手さがなくキメが細かい印象で,長時間聴いていても疲れないのでお気に入りです。

余談ですが,IS12TにはFMラジオが搭載されており,イヤフォンをアンテナに使います。逆に言えば,イヤフォンを付けた状態でないとラジオは聴けません。IS12Tには,外部スピーカーがあるので,それに音声が出力できれば,用途が広がるのですが,残念ながらそうした使い方はできないようです。

とにかく楽しいミュージックプレイヤー

Windows Phone 7のミュージックプレイヤーである「Music & Video」を使って,楽しい・嬉しいと感じるのが背景に再生中の楽曲のアーティスト写真が表示されるところです。

これが,なかなかの徹底ぶりで,端末の待ち受け画面やMusic & Videoのアイコンまでがアーティスト写真になります。先を走るiPhoneやiPodでもこうした演出はなく,ファンにとっては堪らない演出のはずです。

ユーザの気持ちを掴む演出は,Appleの専売特許のはずなのに,Microsoftのほうが先駆けたのは,Windows Phone 7のチームには逸材がいて,この先,Windows Phone 7を面白い方向へ進化させるのはないだろうか?と感じさせる一面です。

残念なことに,アーティスト写真が表示されるのは洋楽だけです。

筆者が所有している邦楽は,どれも表示されませんでした。洋楽も古い・新しいに関わらず,表示されないアーティストもあります。手持ちの楽曲で表示されたアーティストを以下にピックアップしておきます。

権利関係でご紹介できないが,再生中の背景にはアーティスト写真が表示される

権利関係でご紹介できないが,再生中の背景にはアーティスト写真が表示される

表示される
  • Ray Charles
  • Michael Jackson
  • John Lennon
  • Jamiroquai
  • Kraftwerk
  • Duran Duran(Decade,古い)
表示されない
  • 808 State

待ち受けの背景に設定されたアーティスト写真は,音楽の再生を停止すると,設定した壁紙に戻るという懲りようです。細かくリアクションを返すアニメーションと言い,Windows Phone 7は,なかなか憎い仕掛けや演出がたくさん仕込まれています。

こちらも権利関係でご紹介できないが,待ち受けにもアーティスト写真が表示される

こちらも権利関係でご紹介できないが,待ち受けにもアーティスト写真が表示される

音質は?

携帯型プレイヤーでは,圧縮音源を聴いているのと,使っているイヤフォンでも印象が変わるので,音質をどうこういう言うのは野暮かもしれません。ただ,先行して入手したHTC 7 Trophyには,独自拡張のSound Enhancerという機能が搭載されており,スペックには,Dolby MobileやSRS Enhancementが名を連ねるのですが,いづれも加工された感の強い音で,筆者の好みではなく,受け入れがたい音質でした。IS12Tは,そうした機能が搭載されておらず,素直な音が再生されます。比較対象のレベルが低いのですが,iPhoneと比較としても遜色ありません。

ただ,IS12Tには大きな欠点があります。

それは,曲の始まりや切り替わりなどで「ボツ」とポップノイズのようなものが入るところです。HTC 7 Trophyでも同じような傾向がありましたが,IS12Tのように派手なものではありません。いくらリリースを急いだと言っても,こうした機器でノイズが入るのは致命的な欠点になるはずです。この状態でリリースしたメーカの姿勢には疑問を感じます。

イヤフォンを付けない状態で再生すれば,外部スピーカーに楽曲を出力することができます。iPhone 4の外部スピーカーは,それなりの中でも高品質な部類でしたが,IS12Tは,本当にそれなりで,想像以上でも以下でもない音しか再生されません。

HTC 7 Trophyは,良い働きをしないSound Enhancerがイコライザー機能を持っていましたが,IS12Tには,相当するような機能はありません。

細かな使い勝手

細かなところに目配せすると,ボリュームはソフトで調整できず,ハードキーを使います。

そのハードキーは,画面オフの状態で押しても有効にならず,画面をオンにしている時に使う必要があります。楽曲再生中に,イヤフォンを引き抜くと再生が停止します。音楽を聴いている最中に,電話がかかって来たら,イヤフォンを引き抜いて対応できます。

Music & Videoのユーザインターフェースは,懲りすぎの感があり,失敗しながら操作の経験を積まないと使いこなせませんが,アーティスト写真の表示機能は,口元の緩む憎い仕上がりです。iPhoneやiPodの代替えと考えたいところですが,先で書いたポップノイズが入るのをどう考えるかになります。筆者は,許容しがたいので,非常に惜しいと感じています。

著者プロフィール

傍島康雄(そばじまやすお)

5月30日生まれ。

モバイルデバイスが大好物。それで動くアプリの開発に喜びを感じている。スマートフォン前夜のWindows Mobile,PalmOSのアプリに情熱を傾けていたが,最近は停滞気味でコードを書くよりも文章を書く機会が多くなっており,文章を書くのも,プログラミングと同じくらい奥深い作業だと感じている。

ブログ:http://yasuos.com/blog/