前進し続けるRuby活用事例から大賞を選考!『Ruby biz Grand prix 2020』

[2]昨年開催のRuby biz Grand prix 2019で受賞した企業の

毎年恒例となっている、エンタープライズ領域でのRubyの活用を表彰する「Ruby biz Grand prix 2020」が、2020年12月16日に開催されます。第2回配信では、昨年の受賞者の声を紹介します。

Ruby biz Grand prix 2019で受賞した企業の声

Ruby bizグランプリ2019 大賞

今井 晨介 様

クックパッド株式会社
クックパッドマート
買物プロダクト開発部
ハードウェアアプリケーション
開発グループ長
今井 晨介(いまい しんすけ)

質問① Ruby biz Grand prixを受賞したプロダクトにおいて、Rubyを利用することに決めた理由を教えてください。

クックパッドは10年以上Rubyを利用した開発を行っており、Rubyによる開発効率の高さや豊富なライブラリに長年支えられてきました。今回、新規事業「クックパッドマート」の立ち上げにおいても、アプリケーション開発はもちろん、インフラやデプロイのしくみなど、既存の社内のエコシステムを活用できる場面は非常に多く、Rubyは高速に開発改善サイクルを回して事業に貢献できると判断し、採用しました。

質問② Rubyがほかの開発言語より優れていると考えている点を教えてください。

Rubyを利用することで、モバイルアプリのバックエンド開発からハードウェアのプロトタイピング、デバイスの検証まですばやく行うことができました。

Rubyはハードウェアからサーバサイドまで幅広いレイヤでライブラリが豊富で、長期にわたりメンテナンスされているものも多いので、安定した動作が期待できます。実際に私たちも、プロビジョニングや状態監視など長年培ったサーバサイドの開発技術をエッジ開発にも応用でき、クックパッドとしては初めて挑戦するハードウェア領域の開発も非常に速く進めることができました。

質問③ Ruby biz Grand prixを受賞したことでビジネスや開発業務に何か変化はありましたか。

もともとRubyを活用してサービス開発を行っていましたが、今回あらためてRubyの柔軟性を会社としてアピールできたことで、企業としてのプレゼンスがさらに上がったと感じています。採用活動を通じて私たちの事業やその取り組みを社外のエンジニアに知ってもらう中で、ソフトウェアからハードウェアまでさまざまな環境で稼働するRubyのおもしろさに興味を持ってもらえる機会が増えたと思います。

Ruby bizグランプリ2019 大賞

小山 健一郎 様

GMOペパボ株式会社
ロリポップ!マネージドクラウド
ホスティング事業部ホスティンググループ
マネージドクラウドチーム
プリンシパルエンジニア
小山 健一郎(おやま けんいちろう)

質問① Ruby biz Grand prixを受賞したプロダクトにおいて、Rubyを利用することに決めた理由を教えてください。

Rubyを採用している理由は、

  • 豊かで柔軟な表現力を持つ言語仕様
  • 組み込みシステム向けの軽量な言語処理系の存在

の2つが同時に実現されているからです。

ロリポップ!マネージドクラウドはホスティングサービスであり、サービスとして不特定多数からの大量のリクエストを処理するだけの性能が必要という技術上の要件があります。一方で、採用しているソフトウェアにはサービスの成長を止めないだけの柔軟な機能拡張が求められます。

ロリポップ!マネージドクラウドでは、リクエストの制御およびコンテナの制御というサービスの基盤を担うソフトウェアにngx_mrubyおよびHaconiwaを採用しています。それぞれRubyで柔軟に機能を拡張できます。Rubyを書けるエンジニアがマネージドクラウドの基盤を柔軟に制御できるというメリットのおかげで、ビジネス上の要求にも柔軟かつ高速に対応できています。

質問② Rubyがほかの開発言語より優れていると考えている点を教えてください。

開発言語はそれぞれに良さがあり、一概に優劣をつけることはできないという認識です。あえて個人的に感じているRubyの魅力を挙げるとしたら、①の回答にも挙げた「豊かで柔軟な表現力を持つ言語仕様」かと思います。

今回は、今までにない要素を含むサービスの開発であったため、現実の問題にすばやく対処する必要がありました。Rubyの表現力や抽象化能力は開発に有利に働きました。

また、Rubyコミュニティもとてもすばらしく、温かく頼もしい存在だと思っています。

質問③ Ruby biz Grand prixを受賞したことでビジネスや開発業務に何か変化はありましたか。

受賞発表後、SNSのPV数といいね数が増えたことや、お申し込みが増加したこと、複数メディアで取り上げていただいたことなどから、今回の受賞が認知度の向上につながったと考えています。

Ruby biz Grand prix 2020 開催概要

募集内容(すでに募集は終了)

Rubyを使った自社商品・サービスなどで、Rubyの特徴を活かし、⁠新規性」⁠独創性」⁠市場性」⁠将来性」に富んでおり、今後継続的に発展が期待できるビジネス事例を募集。おおむね1年以上ビジネスが継続されている国内外の事例が対象。

表彰
  • 大賞2点程度(表彰状、記念品、副賞100万円)
  • 特別賞3点程度(表彰状、記念品、副賞30万円)
審査基準のポイント
  1. 事業の成長性と持続性
  2. Rubyとの関わり方
  3. 事業の社会的な影響度(事業の実効性・インパクト)
  4. その他独自の特色ある事項、アピールポイント
主催
Ruby biz グランプリ実行委員会/島根県
Webサイト
https://rubybiz.jp

Ruby biz Grand prix 2020 表彰式

来る12月16日に、いよいよ本年度のグランプリが発表されます。今年のITトレンドを牽引するサービス/企業が一堂に会する本イベントの詳細はWebページをご覧ください。

次のページより、Ruby biz Grand prix 2020にエントリーしたすべての企業を一挙にご紹介します。

コロナ禍で成長を遂げる多数の事例が今年も集結!

株式会社iCARE

Carely
人事担当者が選ぶNo.1 健康管理システム
画像

多くの企業では、健康診断、ストレスチェック、長時間労働、産業医面談などの健康情報が紙やExcelで管理されています。これらの健康情報がバラバラのままでは、企業が抱える安全配慮義務を遵守することは非常に困難です。1つのシステムでまるごと管理することで、従業員の健康リスクを把握できるだけでなく、身体面・メンタル面でのケアをオンラインで自動的に実施できます。

株式会社アジャイルウェア

プロジェクト管理ツール「Lychee Redmine(ライチレッドマイン)」
小さなチームも大きなプロジェクトもマネジメントをもっと簡単に
ニューノーマル時代を生き抜く必須ツール
画像

Lychee Redmineは、仕事の見える化・生産性向上に欠かせないツールの1つです。チームでリアルタイムに共有できるタスク管理、マイルストーンが見られるガントチャート、担当者も使いやすいカンバン、情報共有のためのWiki、工数リソース管理、プロジェクトコストの見える化、CCPMなどによってシンプルなタスク管理から大規模なプロジェクト管理まで幅広く対応します。そのため、組織内で横断的に利用でき、管理業務をLychee Redmineだけで完結できます。

Increments株式会社

Qiita
Qiitaは、プログラミングに関する知識を記録・共有するためのサービスです。
画像

Qiitaは、プログラミングに関する知識を記録・共有するためのサービスです。Qiitaに投稿すると、自分のコードやノウハウを見やすい形で残すことができます。技術情報は、テキストファイルへのメモではなく、タグをつけた文章やシンタックスハイライトされたコードで保存することで初めて再利用可能な知識になる、そうQiitaでは考えています。

ウォンテッドリー株式会社

Wantedly Pulse
メンバーが抱える課題や隠れた貢献を可視化し、全員の方向を揃える。UI・UXを極限まで追求したSlackサインオンのコンディション・マネジメントサービス
画像

共感採用を実現してきたWantedly上で、メンバーの定着から活躍までを一気通貫でサポートし、会社のバリュー浸透や自律的なチーム作りを支援しています。UI/UXを極限までシンプルに作り、Slackサインオンで使える「Pulse」は、バリュー浸透を促進できる「さすが!」機能、週次で仕事の調子を管理できる「調子どう?」機能、そして組織の状態がひと目でわかる管理画面からなるコンディション・マネジメントサービスです。

株式会社オープンエイト

Video BRAIN(ビデオブレイン)
「誰でも簡単、どこでも動画作り放題。」
画像

「誰でも簡単、どこでも動画作り放題。」のインハウスAI動画編集クラウドVideo BRAINは、AIのサポートで誰でも簡単に高品質なストーリー性のある動画を数分で編集できるクラウドサービスです。未経験者のために作り込まれた操作画面で高品質な動画を簡単に作ることができ、業界問わず多数の企業が導入。⁠コスト」⁠時間」⁠スキル」といった一般的な動画編集の課題をAIが解決し、さまざまなビジネスシーンにおける動画の活用に貢献しております。

株式会社クレイ

DocBase(ドックベース)
DocBase(ドックベース)はWikiのように文書を簡単に書ける情報共有サービスです。国内でトップレベルのセキュリティ対策を目指しています。
画像

DocBaseは時間と場所を選ばず組織の情報共有を進めるサービスです。文書を扱うサービスとして、書きやすさには徹底的にこだわっており、Wordのように簡単に書くことができます。またテレワークなどへのセキュリティに対応するため、国内ではトップレベルの安全性を提供しています。1ユーザー月額300円(税別)から利用でき、初期費用無料、30日間の無料期間ですべての機能をお試しいただけます。

株式会社サイトビジット

NINJA SIGN(ニンジャサイン)
ビジネスを、「影」で支えるワンストップ契約サービス
画像

NINJA SIGNは、ワンストップ契約サービスです。契約に関するお悩みをクラウド上で解決し、ビジネスを「影」で支えます。また、安心して導入していただけるように充実したサポートを用意しており、導入後の取引先への配慮までを徹底して行っております。従来の紙ベースの契約書と比較して締結までの大幅な時間短縮を実現します。

株式会社SIGNATE

SIGNATE Quest(シグネイト クエスト)
実践形式で学ぶAI /データサイエンス講座
画像

法人向け:https://biz.quest.signate.jp/ 個人向け:https://quest.signate.jp/

SIGNATE Questとは、コンペティション型AI開発サイト「SIGNATE」の運用経験や、AI開発会社ならではのノウハウから生まれた超実践型オンラインAI教育プログラムです。最大の特徴は課題解決型の講座であること。各業界の実際のAI開発プロジェクトを疑似的に経験し、AI開発の流れを習得できます。個人向け・法人向けを提供しており、初心者から経験者までレベルに合わせて学ぶことができます。

株式会社ジョリーグッド

emou(エモウ)
360度実写VRにより、経験の浅い指導者でもレベルの高いトレーニングが可能になる発達障害支援施設向けソーシャルスキルトレーニングプログラム「emou(エモウ)」
画像

emouは、さまざまな場面を疑似体験できるVRテクノロジーを活用した、発達障害の方向けソーシャルスキルトレーニングプログラムです。支援者のスキルに依存しない良質な支援を提供できます。

株式会社Stock

Stock(ストック)
チームの情報を最も簡単に残せるツール
画像

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。特に、ITの専門知識がないチームでもすぐに使えることが特徴で、非常にシンプルなプロダクトです。最大の機能は「チームの情報を最も簡単に『ストック』できる」ことです。また、サブ機能として「タスク管理機能」「メッセージ機能」があるので、Stockだけでチームの情報管理を完結させることもできます。

株式会社すむたす

すむたす買取
不動産を最短2日で現金化、無駄のない新しい不動産売却
画像

すむたすは、AI査定の活用とエンドユーザーから直接買取を行う商流によって、無駄のない新しい不動産売却を実現します。これまでの不動産売却は、いくらでいつ売れるかがわからず、仲介手数料がかかる、不透明で手間のかかるものでした。すむたすは、オンラインで実際の買取価格が最短1時間でわかり、最短2日で現金化を行うことができます。また余計な仲介手数料は一切かかりません。

株式会社タイミー

タイミー
空いた時間に働きたい人と、すぐに人手が欲しい店舗・企業をつなぐスキマバイトアプリ
画像

「タイミー」は、⁠この時間なら働ける」人と「この時間だけ働いてほしい」企業をつなぐスキマバイトアプリです。働き手は、応募や面接をせず働きたい案件を選ぶだけですぐに働くことができ、勤務終了後すぐにお金を受け取ることができます。企業は来てほしい時間や求めるスキルを登録するだけで、条件にあった働き手が自動マッチングされます。

株式会社チュートリアル

クラウド型RPA「Robotic Crowd」
インストール不要・ドラッグアンドドロップで直感的に設定できるクラウド型RPA業務自動化プラットフォームで、仕事をもっと楽しくクリエイティブに。
画像

業務自動化プラットフォーム「Robotic Crowd」は、ブラウザで始められるクラウド型RPAです。ドラッグアンドドロップで直感的に自動化ワークフローを作成できるため、プログラミングの専門知識がなくてもすぐに使えます。SaaSなのでサーバーや専用端末は不要。ブラウザとインターネットがあればオフィスや自宅、全国各地の拠点などから利用可能。新機能や新しいツールとの連携も日々リリースされています。無料トライアル期間も用意しています。

株式会社tsumug

TiNK Desk
最も身近な、居心地のよい時間貸しセルフワークスペース
画像

空間サービス「TiNK(ティンク⁠⁠」ご近所にある空き部屋がオフィス/ワークスペースに!?

集中して作業できる机の時間貸しを行う「TiNK Desk」と、空間全体を1企業やプロジェクトメンバーと専有して使える「TiNK Office⁠⁠。LINEで「友だち登録」していただくだけで、アカウント連携や施設の検索・予約ができます。鍵の開け閉めはもちろん、利用時間分の決済まで行うことができます。現在、福岡と東京でサービスを展開しています。働く個人だけでなく、オンライン授業を受ける学生の方にもご利用いただいています。

株式会社テクノプロジェクト

人事システム「ジジ」
ピーター・ドラッカーの目標管理の考え方(目標による自己管理)をベースに業績・能力の評価や人事審査会(昇格審査)をサポートする経営者のための人事システム
画像

ドラッカーのいう目標管理(目標による自己管理)をシステム化し、目標面談を通して人材育成で重要となる上司と部下のコミュニケーションを円滑にする。目標の評価結果を昇給や賞与の入力データとし、評価会議をサポートする。評価結果により、支給額をシミュレーションし、決定した金額を給与システムに渡すしくみを実現している。評価に必要な社員の情報(総務系・人事系・教育受講など)をCSVで取り込み、いつでも参照できる。

株式会社ビビッドガーデン

食べチョク
こだわり食材やお花のオンライン直売所
画像

食べチョクは、全国2,500軒を超えるこだわりを持った生産者さんから、極上の食材を直接お取り寄せできるNo.1の産直ECです。独自の基準をクリアした厳選生産者から、旬の食材や市場に出回らないめずらしい地場野菜など生産者さん直売ならではの商品が豊富にそろいます。作り手と買い手に互いの声が直接届くので、⁠生産者のこだわり」が適正に評価されます。野菜・お米・果物・肉・魚介・お花などの新しい流通のしくみです。

freee株式会社

プロジェクト管理freee
会計・人事労務などのバックオフィス業務だけでなく、工数管理・収支管理といったフロントオフィス業務の効率化を実現し、複数プロダクトを統合し、ERP化へのチャレンジの第一歩
画像

プロジェクト管理freeeは、これまで手動で実施することが多く、リアルタイムにできていなかった工数管理・収支管理を刷新するスモールビジネス向けのSaaSです。高価なパッケージ型のERPと異なり、1500円/ID・月という安価な価格帯で提供しています(初期費用不要⁠⁠。プロジェクトなどの事業単位ごとに売上・支出関連データを周辺システムと連携し、予実管理まで対応します。

株式会社ブリッジ・シー・キャピタル

CREAL(クリアル)
不動産投資を変え、社会を変える
画像

不動産投資クラウドファンディングサイト「CREAL(クリアル⁠⁠」は、実際に不動産投資を行っている感覚そのままに、煩わしい契約実務や不動産管理をインターネットで簡略化。1万円から始めることができます。不動産投資において必要な情報を明確(クリア)にした、本物(リアル)の不動産投資クラウドファンディングサイトです。

MAMORIO株式会社

MAMORIO
なくすを、なくす。みんなで、さがす。
画像

MAMORIOは世界最小クラスの落とし物防止タグです。Bluetoothでスマートフォンと連携し、紛失通知やGPSやARによる近距離探索機能でユーザーと企業の貴重品を紛失から守ります。また、旅行中や電車内に置き忘れた場合も、ほかのユーザーのスマートフォンや全国700路線の鉄道に設置されたセンサーから発見できます。2020年現在は企業向けにCOVID-19感染拡大防止機能も提供しています。

株式会社メディカルノート

Medical Note(メディカルノート)
“医師と患者をつなぐ”デジタルヘルスケアプラットフォーム
画像

「Medical Note」は、患者にとって最良の医療に出会うためのサービスを提供するデジタルヘルスケアプラットフォームです。医療の最前線で活躍する医師や専門家が保有する最新のエビデンスや治療における臨床経験に基づいた信頼できる情報を1人でも多くの方々に伝えることを目指し、病気や症状などをわかりやすく伝える医療情報とオンラインで医師や専門家に相談できるサービスを提供しています。

株式会社LIFULL

住まいインデックス
あなたにピッタリの住まいの条件を見つけよう。
画像

住み替えの条件整理をサポートするサービスです。大きなライフイベントである住み替えは、何回も経験するものではありません。だからこそ、条件整理を上手にすることが、理想の住まいと出会う大きな鍵となります。そのためのサポートをさまざまなコンテンツ情報とシミュレーション機能で提供するサービスです。住まいインデックスを使えば、住まいの予算がわかります。理想のエリアに出会えます。最適な建物が見つかります。

リンカーズ株式会社

Linkers
技術マッチングで、モノづくりの生産性を最大化
画像

現場に精通した産業コーディネーターによる「目利き」と、ITを駆使した高精度な探索システムをかけ合わせ、従来の閉鎖的な産業構造ではなしえなかった最適な出会いを提供。

Linkers for BANK
金融機関様のビジネスマッチング業務の成約数/手数料収入の最大化を実現するマッチングシステム
画像

Linkers for BANKはシステムを導入して終わりではありません。導入後のビジネスマッチングの『成約数の最大化』と、それにつながる融資などの『成果の最大化』を目的としています。そのため、導入後もシステム改修やコンサルティングサポートなどさまざまな支援を行います。

株式会社ONE COMPATH

aruku&(あるくと)
あなたの一歩が、宝にかわる。
画像

株式会社ONE COMPATHが運営している「歩くことが楽しくなる」しかけが満載のウォーキングアプリです。アプリ内に登場する住民キャラクターに話しかけると依頼が出され、クリアすると地域名産品などが当たるプレゼントキャンペーンに応募できます。健康増進施策を進める自治体や企業、家族や友人同士などチームでの参加も可能。ユーザー数は80万人(2020年6月末現在)で、男女年齢問わず幅広くご利用いただいています。

WEB+DB PRESS

本誌最新号をチェック!
WEB+DB PRESS Vol.130

2022年8月24日発売
B5判/168ページ
定価1,628円
(本体1,480円+税10%)
ISBN978-4-297-13000-8

  • 特集1
    イミュータブルデータモデルで始める
    実践データモデリング
  • 特集2
    いまはじめるFlutter
    iOS/Android両対応アプリを開発してみよう
  • 特集3
    ブロックチェーン、スマートコントラクト、NFT
    作って学ぶWeb3

おすすめ記事

記事・ニュース一覧