インフォメーション

ソフトウェアテストシンポジウム「JaSST'17 Tokyo」2/3,4に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

NPO法人ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)は,2017年2月3日(金)⁠4日(土)の2日間,日本大学理工学部 駿河台校舎1号館(東京都千代田区)にて,ソフトウェアテストシンポジウム2017 東京(JaSST'17 Tokyo)を開催する。

ソフトウェアテストシンポジウムは現在は全国8地域で開催され,東京での開催は今回で15回目となる。今回は現場のエンジニアがより参加しやすくなるよう土曜日も含めた日程で,ソフトウェアテストの最新動向に触れる機会の提供とともに,同じ興味を持つ仲間を作るきっかけとなることを目指すという。

初日の基調講演は,早稲田大学名誉教授の東 基衞氏による「ICT応用S&S製品の品質不良のリスクとSQuaREシリーズ国際標準 - その歴史と概要」と題したセッション。ソフトウェア品質向上に関する数々の国際標準化に携わってきた経験をもとに,SQuaREシリーズ国際標準のこれまでとこれからを紹介する。

また,2日目クロージング前の招待講演には奈良 隆正氏(NARAコンサルティング 代表)が登壇し「品質保証活動の本質」をテーマに品質保証の概念や技術・技法の進歩の経緯の解説や若手技術者とのディスカッションが予定されている。

このほかテスト設計コンテストや数多くの論文発表,チュートリアル,パネルディスカッション,先進的なツールやソリューション紹介など,ソフトウェアテストにまつわる最新の企画が数多く予定されている。

開催概要は以下の通り。

日時2017年2月3日(金)⁠4日(土)
3日(金)12:00~ 付開始
会場日本大学理工学部 駿河台校舎1号館
参加費税込8,640円(2日券)ほか
主催特定非営利活動法人 ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)⁠JaSST'17 Tokyo 実行委員会
URLhttp://jasst.jp/
参加申し込み参加申し込みページから
申し込み締め切り2017年1月26日(木)17時

コメント

コメントの記入