インフォメーション

「OpenStack Days Tokyo 2019」と「CloudNative Days Tokyo 2019」7/22,23に開催,参加申し込み受付中(gihyo.jp読者優待あり)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

7月22日(月)23日(火)の2日間,OpenStackの年次カンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2019」とコンテナ技術を中心としたイベント「CloudNative Days Tokyo 2019」が,虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催される。

「OpenStack Days Tokyo」は,OpenStack Foundation(OSF)公認の国内唯一のカンファレンスとして今年が7年目の開催。また「CloudNative Days」は今年から,Cloud Native Computing Foundation(CNCF)の支援を受けたコンテナ技術のイベント「Japan Container Days」と統合され開催となる。これらが同時開催となることで,OpenStackや今注目のKubernetesを中心としたコンテナ技術を含め,クラウドプラットフォームを構成する広範囲なテクノロジーが一堂に会するイベントとなった。

5/29に行われた説明会にて「OpenStack Days Tokyo」⁠CloudNative Days Tokyo」そして「Japan Container Days」の関係を紹介するOpenStack Days Tokyo 2019実行委員長 長谷川章博氏

5/29に行われた説明会にて「OpenStack Days Tokyo」「CloudNative Days Tokyo」そして「Japan Container Days」の関係を紹介するOpenStack Days Tokyo 2019実行委員長 長谷川章博氏

両イベントの共通コンセプトは「+Native ~クラウドからクラウドネイティブへ~⁠⁠。パブリック/プライベート/ハイブリッドとクラウド技術の利用はすでに多くの業務,レイヤで進められているが,さらにクラウドを効率的に使う⁠クラウドネイティブ⁠を目指す方法や指針について,最新の情報やさまざまなユーザ事例を紹介する2日間で9トラック100以上のセッションが用意されている。

初日の基調講演では,OpenStack FoundationのCOOであるMark Collier(マーク・コリアー)氏が「Collaboration Without Boundaries(境界のないコラボレーション⁠⁠」と題して,エッジコンピューティング,コンテナ基盤,AI&機械学習などで求められるOpen Infrastructureの役割をOpenStackの最新動向と共に紹介する。

また,AirbnbのエンジニアMelanie Cebura氏による同社の数百ものレガシーサービスのKubernetesへの移行事例紹介など,大手のネットサービス企業が大規模なクラウド化に成功したポイントを実際の担当者が紹介する基調講演も予定されている。このほか,DockerやKubernetesのMeetupの中心メンバーによるパネルディスカッションなど,興味深いセッションが用意されいてる。

「OpenStack Days Tokyo 2019 / CloudNative Days Tokyo 2019」の開催概要は以下の通り。

日程2019年7月22日(月⁠⁠,23日(火)
会場虎ノ門ヒルズフォーラム 4F/5F
主催OpenStack Days Tokyo 2019実行委員会 / CloudNative Days Tokyo 2019実行委員会
コンセプト+ Native ~ クラウドからクラウドネイティブへ ~
定員両イベント合わせて1,200~1,500名
参加費両イベント共通/事前登録制
早期割引(6月21日まで)6,480円(初日パーティ込)/ 4,320円(イベントのみ)
通常価格(6月22日以降)12,960円(初日パーティ込)/ 10,800円(イベントのみ)
⁠すべて税込み)
この記事の読者限定割引あり(下の囲みをご覧ください)
申込みEventRegistの申し込みページから
締切2019年7月22日(月)8:00(定員となり次第締切)
URL https://cloudnativedays.jp/cndt2019/

gihyo.jp読者限定割引のご案内

「OpenStack Days Tokyo 2019 / CloudNative Days Tokyo 2019」チケット購入時に以下のプロモーションコードを入力すると,読者限定特別割引として20%オフでご購入いただけます。

6月21日まで
初日パーティ込み 6,480円 → 特別価格 5,184円
イベントのみ 4,320円 → 特別価格 3,456円
6月22日以降
初日パーティ込み 12,960円 → 特別価格 10,368円
イベントのみ 10,800円 → 特別価格 8,640円
(すべて税込み)

利用方法

イベント申し込みサイト「プロモーションコードをお持ちのお客様は~」とあるフォームに,以下のプロモーションコードを入力してお申し込みください。

プロモーションコード:
gihyo20

バックナンバー

2019年

バックナンバー一覧