インフォメーション

ものづくりAIと需要予測におけるAIの先進事例を体感するイベント「DataRobot AI Experience Virtual Conference」を12月9日,10日に開催

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

エンタープライズAIプラットフォームを提供しているDataRobotは,⁠ものづくり⁠⁠需要予測⁠に取り組む先進企業によるAI活⽤を紹介するプライベートカンファレンスDataRobot AI Experience Virtual Conferenceを12⽉9⽇,10⽇の2⽇間にわたって開催します。

今回のDataRobot AI Experience Virtual Conferenceでは「劇的な変化の今,AI でビジネスの⁠現場⁠が加速する」がテーマです。ビジネスの現場においてどのようにAIを活⽤して成果を出しているのかを紐解くため,実際にAIを活⽤しているヤマハ発動機やサントリー,資⽣堂,GSユアサ,ライオン,ローソンの実践者などが登壇します。

ものづくりの現場におけるAI活⽤

12⽉9⽇のDay1では,ヤマハ発動機の平野浩介⽒と⼤⻄圭⼀⽒による「ヤマハ発動機のAI学習と未知への推論」と題した基調講演を予定しています。また,ライオンの⿊川博史⽒,藤原優⼀⽒,宮澤彩⽒による「ライオンR&D におけるデジタル技術活⽤ 〜DataRobot 導⼊による⻭ブラシ開発〜」やGSユアサの森岡稔⽒,浜野泰如⽒による「⾃動⾞アフターマーケットにおける販売予測 〜AIプロジェクトをビジネス現場で実現する⽅法〜」などDataRobotの活用事例を通し,AI活⽤を効果的に実践する⽅法を紹介します。

AI×需要予測の最前線

12⽉10⽇のDay2では,リテールAI研究会の⽥中雄策⽒による「流通業のDX」と題した基調講演を予定しています。また,資⽣堂の⼭⼝雄⼤⽒による「新製品の需要予測におけるプロフェッショナルとAIの協同⁠⁠,サントリーシステムテクノロジーの坂本健后⽒による「AI現場適⽤の壁に挑む︕⁠⁠,ローソンの原⽥和浩⽒による「AIを活⽤した商品需要予測の第⼀歩」など,DataRobotを通した実ビジネスにおける需要予測の先進事例を紹介します。

イベント概要

名称 DataRobot AI Experience Virtual Conference
変化の時代にAIのインパクトを加速する
⽇時 2020 年 12 ⽉ 9 ⽇(⽔) -10 ⽇(⽊)13:00〜
場所 オンライン(詳細は申込者に別途連絡⁠
参加費 無料(事前登録制⁠
申し込み https://aiexperience.datarobot.com/home
※申し込み期限は12⽉8⽇(⽕⁠
DataRobot AI Experience Virtual Conference
URL:https://aiexperience.datarobot.com/
AI Experienceは2017年に⽇本で始まり,現在ではアメリカではボストン,ニューヨーク,サンフランシスコ,シカゴ,ヨーロッパではロンドン,アジア/太平洋地域では,シンガポール,シドニーで開催されているグローバルイベント。AI Experience発祥の地,東京では2017年に約900人,2018年に2,100人以上,2019年には3,000人以上が参加している。