インフォメーション

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2021 in Mitaka」開催決定,作品募集開始~2021年9月30日まで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

2021年7月15日,⁠中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2021 in Mitaka」第11回大会の開催が発表された。11回目となる今回は,コロナ禍をふまえ昨年同様,オンラインでの審査会・発表で実施される。

本コンテストは,子どもたちがプログラミングを学び,自分でコンピュータを動かしたときの感動や作った作品を発表する体験を通して,新しい世界への興味や関心を呼び起こし,将来への夢を育むことを目的としたもの。

対象は2003年4月2日以降の生年月日の中高生で,個人またはチームでの応募ができる。

今後,2021年9月30日までが応募受付となり,2021年11月上旬にRubyエンジニアによるソースコードレビューによる一次審査,その後,1次審査を通過した応募者は2021年12月4日に行われている最終審査会でのプレゼンテーションおよび,Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろ氏が審査員長を務める審査会の審査を経て,最優秀賞などが決まる。

申し込み,詳細は中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2021 in Mitakaのページを参照。

バックナンバー

2021年

  • 「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2021 in Mitaka」開催決定,作品募集開始~2021年9月30日まで

バックナンバー一覧