インタビュー

F5 NetworksによるNGINXの買収に見る,オープンソース・パワー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

NGINXの買収に見るオープンソースの価値

2019年3月12日に報じられたNGINX社の買収は,多くのネットワーク・サービス関連のソフトウェア・エンジニアを驚かせました。

NGINXは,今とても勢いのあるWebサーバソフトウェアで,とくに大規模・大負荷のシステム構築に好んで用いられます。Netcraftによる2019年4月のレポートでWeb Serverシェアで第1位となった,まさに「旬」のソフトウェアです。NGINXはオープンソースとしてそのコードが公開されており,NGINX, Inc.(以後NGINX社)はその開発元企業です。

NGINXはサンフランシスコのダウンタウンにあります。すぐ前に,このMoscone Convention Centerの裏側が見えます

NGINXはサンフランシスコのダウンタウンにあります。すぐ前に,このMoscone Convention Centerの裏側が見えます

このNGINX社を6億7,000万ドル(約740億円)という高額で買収したのがF5 Networks, Inc. ⁠以後F5社)だったことも皆が驚いた理由の1つでしょう。

F5社は1996年創業の,インターネット関連技術企業としてはそろそろ老舗とも言える大企業です。F5社は広域サービス向けのロードバランサ・アプライアンス製品から出発していますし,NGINXはロードバランサとしてもよく使われますから,この買収によってF5社は自社設備ベースのエンタープライズシステムからクラウドベースのPublic Webサービス・システムまでカバーする製品ポートフォリオを持つ,といった説明は確かに合理ではあります。しかしそれだけで年間売り上げ20億ドル強のF5がこの金額を出すでしょうか。

筆者はちょうど4月のはじめにSan Francisco のNGINX社を訪問し,NGINX社をこの金額で買収するに充分な,もっと重要な価値について直接聞く機会を得ました。

エントランス

エントランス

ビル入口。NGINXは6階にある

ビル入口。NGINXは6階にある

本稿ではそこで聞いた,この買収で生まれるシナジー(相乗効果)と,その背景にある,今どきのオープンソースの大きな価値であることについて説明したいと思います。

ユーザから学ぶ

取材に応えてくれたのはVP of Product ManagementであるSidney Rabsatt氏です。

筆者からF5/NGINXがアナウンスしているオープンソースへのコミットメントを継続することについて尋ねると,Rabsatt氏はまずオープンソースへの同社の姿勢から説明してくれました。

Rabsatt氏:

我々は Open Source やインターネットへのコミットメントを双方向のものだと考えています。

筆者:

双方向,ですか。

Rabsatt氏:

オープンソースはデベロッパ自身が欲しいものを作る絶好の機会を提供します。そしてこれが我々にとって大変重要な意味をもつのです。つまりデベロッパ自身が望むアプリケーションを自分たちで組み上げる自由をオープンソースとして提供すると,その恩恵をまず得るのはユーザ(デベロッパー自身)です。しかしオープンソースは我々もまたそうした,特に興味深いソリューションやユースケースにアクセスすることを可能にします。

これが双方向のメリットです。ユーザは彼らが望んでいた自由を手に入れ,我々は我々が何をすべきか,製品をどのように前進させるべきかについて,より良い運用をもたらす先見性のあるソリューションから学ぶのです。これこそが我々がやってきたことです。スケーラビリティ,HA(高可用性)などはそうやって開発・実現してきました。

これは我々が得た,相補的なリレーションシップであり,とても重要です。だから我々はオープンソースのソリューションを開発することに対してコミットし続け,磨いていきます。

F5とのシナジー

そしてこれ(オープンソースとの双方向のメリット)はこの買収の一部でもある,と Rabsatt氏は続けます。

Rabsatt氏:

小さな組織では自然と出資に限界があるため,ものを作れる「量」が決まってしまいます。大きな組織のサポートによって,我々が作りたいものを素早く作るフレキシビリティを得ました。つまりより多くのリソースによって,今まで我々にできなかったことをやるのです。

いまNGINX全体で250人ほどですから,なるほど4,600人のF5のサポートは大きなものとなるでしょう。

しかし両社のユーザ(顧客)層の違いだけでなく,NGINXがフルにオープンベースのソフトウェア企業なのに,1996年に創業した(ハードウェアベースの)ネットワークアプライアンス企業であるF5はそうしたカルチャーとはかなり異なる歴史を持つことも含めて,この2社の組み合わせにはとても興味深い点があります。

その点についてもRabstatt氏はコメントをくれました。

Rabsatt氏:

F5はアプリケーションのフロントに置かれるロードバランサやセキュリティ製品を持っていますが,モダンなアプリケーションが実行されている場所は,そうしたF5のアプライアンスをスルーした先にあります。

今,彼ら(F5社)は自社の製品について,もっとアプリケーションと緊密な立場でインテグレーションできる機能を欲しがっており,それらをまさにNGINXがやっているわけです。

つまり,F5のスケーラビリティとセキュリティのためのソリューションがフロントに構えていて,NGINXがそのすぐ後ろにあるわけです。そこで多様なアプリケーション間通信,つまり,APIやマイクロサービスなど,east-west注1のネットワーキングのため働いています。我々はこれをとても良い相補的なストーリーだと思っています。

筆者:

あなたはユーザが作るアプリケーションから学べる,アプリケーションにいまどんな変化が起きているか見ることができる,と言われました。F5もあなた方を通してそれを知ることができるわけですね。

Rabsatt氏:

それが(買収の)理由です。人々がモダンなアプリケーションをビルドする現場にアクセスすることは,どんな需要があるのか,どんな問題を皆が抱えているのか,そのよりよい理解へと我々を導きます。そこにフォーカスすることで,我々はそこから多くを得ていますが,F5もそうなるわけです。

筆者:

なるほど。良いですね。

注1)
インターネットとWebサーバなどとの通信をnorth-southの通信,アプリケーションサーバとデータベースサーバの通信などバックエンド内の通信をeast-westの通信と表現します。システム構成図でよくインターネットを上に,(自社)サーバ群を下に描くからでしょう。

著者プロフィール

安田豊(やすだゆたか)

京都産業大学コンピュータ理工学部所属。KOF(関西オープンフォーラム)やiPhoneプログラミング勉強会などのコミュニティ活動にも参加。京都の紫野で育ち,いまは岩倉在住。せっかく復帰させたCBX 400Fに乗る機会がなく残念な日々を過ごしている。

バックナンバー

2019

  • F5 NetworksによるNGINXの買収に見る,オープンソース・パワー