インタビュー

IoTの民主化と最先端をシアトルから ―ソラコム米国法人を支える安川CTO & 川本CEOに聞くグローバル戦略

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

2015年9月に最初のサービスである「SORACOM Air」をローンチして以来,顧客と時代のニーズに適したサービスを発表し続け,日本のIoT業界を大きく変えてきたソラコム。この4年間で導入ユーザ数は1万5000,国内のセルラー回線契約数は100万を突破,7月2日に都内のホテルで開催された年次カンファレンス「SORACOM Discovery 2019」は約4000名を超える来場登録者数を記録し,名実ともに日本のIoTを支えるプラットフォーマーとして認知される存在へと成長しました。

国内での地位を固める一方で,ソラコムはその企業理念「世界中のヒトとモノをつなげ共鳴する社会へ」に掲げるとおり,創業時からグローバル展開を重要な戦略として位置づけてきました。2016年11月にグローバルSIMカード「Air SIM Global」⁠現在は「SORACOM IoT SIM⁠⁠)の提供とともにグローバル進出を開始,翌2017年2月には欧州でもサービスローンチを発表しています。クラウドベンダおよび回線キャリアとタッグを組み,SIMカードを軸にしたIoTサービスを幅広いユーザ層に向けて提供していくというソラコムのアプローチは,グローバルでも導入ユーザが2000を超すなど,一定の評価を獲得しつつありました。

しかし国内で成功したビジネスモデルをただ海外に展開するだけでは,イノベーションのスピードが速いIoT市場で,世界中のプレイヤーを相手に戦い続けていくことはいずれ難しくなります。ソラコムが本当の意味でグローバル企業となるには,日本以外の場所,それも世界最高レベルの先進性を実感できる拠点,クラウドやIoTのカッティングエッジに常に触れられる環境が必要でした。世界中のヒトとモノを,日本とは違う場所をハブにすることで,より共鳴する社会へ ―本稿では2017年から米国で活動するソラコムの共同創業者 兼最高技術責任者(CTO)の安川健太氏,そして2018年からソラコム米国法人(Soracom Global, Inc. America)のCEOを務める川本雄人氏に,米国を中心とするソラコムのグローバル戦略について,Discoveryの直後にお話を伺いました。

お話を伺った株式会社ソラコム CTO 安川健太氏(右)とSoracom Global, Inc. Americas CEO 川本雄人氏

お話を伺った株式会社ソラコム CTO 安川健太氏(右)とSoracom Global, Inc. Americas CEO 川本雄人氏

ソラコムはメンバーが世界中で活躍できる「疎結合で非同期なチーム」

――ソラコムのCTOである安川さんが米国に移住すると聞いたときはずいぶん驚いたのですが,まずは渡米に至ったきっかけを教えてもらえるでしょうか。

安川:ソラコムが最初にグローバル展開を開始した2016年の段階から,イノベーションが世界でいちばん最初に始まる場所,つまり米国に拠点が必要だということは玉川(ソラコム 共同創業者 兼 代表取締役社長 玉川憲氏)ともつねに話してきました。我々のゴールはソラコムを世界中で使ってもらえるプラットフォームに成長させることで,そのためにはつねにチャレンジする文化が根づいている風土の中で,最先端のトレンドに触れながら新しいものを生み出していくアプローチが不可欠だという結論になり,開発の責任者である私が行くことになったんです。

――安川さんが日本を離れてしまったことで,重要な決定やコミュニケーションに支障が出たりすることはありませんか。

画像

安川:ソラコムはもともとメンバーがあちこちに分散して働いている"疎結合で非同期なチーム"なので,全員が同じオフィスで同じ時間帯に仕事をする文化はありません。だから米国にいても日本のメンバーとの間で齟齬が生じることはないですね。コミュニケーションもSlackなどでつながっていれば問題ないですから。

――現在はシアトルのオフィスで川本さんと一緒に働いていると伺っていますが,赴任当初はシリコンバレーにいらっしゃいましたよね?

安川:最初はFacebookの本社にも近いメンロパークにいたのですが,シアトル在住の川本に強く誘われて,いまでは私もシアトルにいます。川本が北米の事業責任者としてソラコムにジョインしてくれたことは,我々の海外展開にとっても大きな分岐点でした。

――川本さんがソラコムにジョインすることを決めた理由を教えてもらえますか。

川本:私はもともとAWSで7年間働いていて,玉川や安川とはAWS時代の同僚でもあります。AWSでは東京リージョンの立ち上げ(2011年)に関わったあとに米国本社(シアトル)に移り,その後はAmazon EC2やデータベースビジネスを担当してきました。私はどちらかというと「0から1を作り出す」よりも「1を100に拡げる」ほうが得意で,AWSでも立ち上がったサービスを大きくすることにフォーカスしてきたんですが,7年も経つとさすがにAWSでできることはやり尽くした感があったんですね。そろそろ新しいことにチャレンジしたいと思っていたタイミングで,以前から誘ってくれていたソラコムからの申し出を受けることに決めました。

最終的に入社の大きな決め手となったのは,開発責任者の安川がすでに米国にいたことですね。ひとりで海外法人をドライブするのはさすがにきつかったと思います。米国でのトレンドやユーザの動向をリアルタイムで開発チームにフィードバックできる体制が最初から用意されていたことは私にとってもありがたかった。だから強引に安川をシアトルに引っ張ってきました(笑)

もうひとつの大きな理由はソラコムがすでに日本のテクニカルプラットフォームとして成功していたことです。日本発のプラットフォームをグローバルに拡大していく,その最初のステップとしてシアトルからチャレンジしてみることに可能性を覚えました。

安川:ソラコムが米国でのビジネスにチャレンジするには,現地の事情に精通しつつも日本の文化やビジネスを理解している人材がどうしても必要で,玉川とも「もう北米のビジネスを任せられるのはユージーン(川本氏)しかいないよね」とよく話していました。日米両方の市場を理解している人材はそうはいないですからね。

画像

著者プロフィール

五味明子(ごみあきこ)

IT系の出版社で編集者としてキャリアを積んだ後,2011年からフリーランスライターに。フィールドワークはオープンソースやクラウドコンピューティング,データアナリティクスなどエンタープライズITが中心。海外カンファレンス取材多め。Blog 「G3 Enterprise」やTwitter(@g3akk),Facebookで日々IT情報を発信中。

北海道札幌市出身/東京都立大学経済学部卒。