インタビュー

新規のテーマより“自分が作りたいもの”を ―歴代卒業生とメンターが語る「サイボウズ・ラボユース」10年間の軌跡

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6.5 分

サイボウズ・ラボ⁠株⁠が運営する若手エンジニア育成プログラム「サイボウズ・ラボユース」(以下ラボユース)が3月31日に設立10周年を迎えました。これを記念して,プログラム卒業生の秋田大学理工学部 助教 新屋良磨氏,LINE⁠株⁠シニアソフトウェアエンジニア 城倉弘樹氏,osdev-jpなどで活動するhikalium氏,そして設立からラボユースのメンターを務め続けるサイボウズ・ラボ(株⁠⁠ 光成滋生氏の計4名をお呼びし,ラボユースの魅力を語ってもらいました。

オンラインで行われた対談の模様,左から新屋良磨氏,hikalium氏,城倉弘樹氏

オンラインで行われた対談の模様,左から新屋良磨氏,hikalium氏,城倉弘樹氏

応募の決め手となったのはメンターの存在

最初にラボユース応募に至るまでの経緯,そして応募の決め手となった要素を伺いました。

新屋:学部4年生のころに卒業論文や学会で正規表現エンジンの研究をしていて,Twitterで技術的な話をつぶやいていると,サイボウズ・ラボに当時所属していた竹迫さんから「こういう制度が始まります」と紹介を受けました。1期生なので少し経緯が特殊かもしれませんが,修士1年でお金をもらいつつ※1自分の好きな研究ができるのは良いなと思い,応募させてもらいました。

新屋 良磨

秋田大学 助教

サイボウズ・ラボユース1期生。学部4年生のころに正規表現の魅力に取り憑かれ,それから現在まで11年ほど正規表現の研究にハマりつづけている。サイボウズ・ラボユース第1期プロジェクト「世界最速の正規表現JITエンジンの実装」や,正規言語の組合せ構造の研究(日本学術振興会特別研究員DC2)を経て,現在は正規言語・オートマトンの基礎理論(科研費若手研究)を研究中。とくに言語と代数と論理の繋がりや,正規・非正規の「壁」に興味を持っている。

城倉:セキュリティ・キャンプ全国大会※2を卒業した後に,セキュリティ・キャンプのコミュニティで集まってオープンソースカンファレンス(OSC)にブースを出していたところ,川合さん※3がブースに訪れて,ラボユース制度に関して教えてくれたのがきっかけでした。ちょうどそのときは独学でプログラムを書いていた時期で,ラボユースでアドバイスを貰ってブラッシュアップしたいと考え応募しました。

新屋さんが仰ったことと同じで,僕も学生で金銭面に苦労していました。当時はテニスコーチのアルバイトをしていたので,プログラミングの独学に使える時間が限られていました。ラボユース制度のおかげで,学生生活の100%をプログラミングの独学に費やすことができて嬉しかった記憶があります。

ただ,どちらかというとお小遣いがもらえることより,光成さんとか,川合さんといった方々をメンターにつけることができて,その人にほとんどマンツーマンでいろいろ教えを乞えるところが良かったと思います。⁠どちらかというとお金を払って教えてもらうようなケースなんだけど,なぜかお金をもらっている」というような,不思議な気持ちでしたね。

城倉 弘樹

LINE株式会社シニアソフトウェアエンジニア

Tier1 ISPのR&D部門にて高速なソフトウェアルータの開発に従事し,2019年より現職。LINEのサービスを収容するプライベートクラウド部門にてネットワークサービス開発に従事。ネットワークや分散システムの設計,コーディング,SRE業務まで幅広く従事。IPA未踏事業スーパークリエイター認定,セキュリティ・キャンプ講師。

hikalium:私はラボユースの第6期と第7期に両方参加したのですが,もともとのきっかけはslankさん※4と同じで,2015年の10月ぐらいにオープンソースカンファレンスで初めて川合さんにお会いしたときに,ラボユース制度について教えてもらったのが始まりでした。

川合さんとはインターネット掲示板で話をする機会などはありましたが,直接会ったことはありませんでした。実際に会ったときはめちゃくちゃ感動したのですが,そこでラボユースに応募してみたらどうかと誘われました。

私は金銭的な目的はあまりなくて,どちらかというと,尊敬している「強いエンジニア」の方々が大勢いらっしゃるサイボウズ・ラボで自分の好きなことをできるっていうのが一番のキーポイントでした。大学だとプログラミングの仕方を教えてもらう機会はほとんどなかったのですが,その最初の機会がラボユースでした。

hikalium

Software Engineer

サイボウズ・ラボユース第7期卒業生。小学生のころにOS自作というテーマに出会ってしまったことで道を踏み外し,現在に至る。Non-volatile DIMMを活用した自作OS⁠liumOS⁠を開発中のほか,2020年より,オープンソースのオペレーティングシステムであるChromium OSの開発に従事している。自作OS以外にも,自作コンパイラや自作CPU等,低レイヤ全般に手を出している。

城倉:ちなみに僕は,hikaliumさんが川合さんと対面でやりとりされているのを真横で見ていました。そこでhikaliumさんとも初めて知り合ったのですが,⁠なんだこの,前から知り合いな感じは。初めて会ったような感じではない!」と思ったら,実はインターネット上で長く付き合いがあったんですよね。

光成:私も,新屋さんの活動はTwitterで先に知っていました。新屋さんが「最速な正規表現エンジンを作った」とツイートされていたのですが,公開されたコードを見て「自分のほうが速いものを書けるな」と思い,自分でコードを書いて試していました。そうしていると実際に本人が応募してきたので,⁠これは面白そうだ」ということで採用しました。

光成 滋生

サイボウズ・ラボ

さまざまなCPUや特殊プロセッサ向けのmp3やMPEG4などのコーデック開発に関わったあと2007年サイボウズ・ラボ入社。ペアリングライブラリの世界最速実装をしたり,Ethereumなどのブロックチェーン系プロジェクトで利用されているBLS署名ライブラリの開発をしたりしている。Xbyakは入社前からの一人プロジェクト。

※1)
サイボウズ・ラボユースには,学生が親の扶養を外れない程度の金額(103万円前後)を上限とした奨励金制度がある。
※2)
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が主催する,審査に通過した22歳以下の学生・生徒を対象とした合宿形式の情報セキュリティ勉強会。なお,2021年度は合宿形式ではなくオンラインで開催予定。
※3)
名著『30日でできる! OS自作入門』(マイナビ出版)の著者として知られ,ラボユースの「言語処理系ゼミ」のメンターを務める川合秀実氏。
※4)
城倉氏のTwitter ID「@slankdev」より。

著者プロフィール

宮島幸太(みやじまこうた)

Software Design編集部所属。技術評論社2018年入社。

バックナンバー

2021

  • 新規のテーマより“自分が作りたいもの”を ―歴代卒業生とメンターが語る「サイボウズ・ラボユース」10年間の軌跡