ニュースリリース

グレープシティ,SpreadJSの新バージョン「V12J」を2019年1月30日にリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は,業務アプリケーション開発を支援する「SpreadJS(スプレッドJS)⁠の新バージョンで,シェイプやステータスバーを収録し,Excel互換機能を強化した「V12J」を2019年1月30日(水)にリリースした。SpreadJSは,Webアプリケーションのあらゆるデータ表示に対応する,Excelライクなスプレッドシート&グリッドを収録したJavaScriptライブラリ。

新バージョン「V12J」では,ExcelライクなUIを実現できるSpread.Sheetsライブラリについて機能の追加や強化が行われた。例えば,図形や矢印,吹き出しなどExcelと互換性のある「シェイプ」を追加。この機能を利用することで,スプレッドシート上に組織図やフローチャートなどを表示することが可能になった。

追加されたExcelと互換性のある「シェイプ」

追加されたシェイプ

また,スプレッドシートの下部に表示できる「ステータスバー」を搭載したことで,よりExcelライクな画面を実現できるようになった。⁠ステータスバー」は,値が入力されたセルの範囲を選択するだけでデータの合計や平均,個数などを自動的に表示できる機能。このほかにも,セルデータのフォント色やサイズを部分的に変更できる「リッチテキスト」⁠QRコードやJANコード,GS1-128をはじめとする11種類の「バーコード」表示に対応した。

追加された「ステータスバー」

追加されたステータスバー


追加された「リッチテキスト」

追加されたリッチテキスト


追加された「バーコード」

追加されたバーコード

さらに,日本仕様の入力フォーム用JavaScriptライブラリ「InputManJS(インプットマンJS)⁠の機能をセルに組み込める「InputManJSセル」を搭載した。これにより,シート上に数値や日付などの高度な入力,編集機能を付加したセルを表示し使い勝手を向上できる。

追加された「InputManJSセル」

追加されたInputManJSセル


1年定額制のサブスクリプション方式で販売される。価格は以下の通り。

年間サブスクリプション契約価格

ライセンス種別ライセンス単位価格(税込)
初回費用リニューアル
開発ライセンス1開発者162,000円162,000円
配布ライセンス1ドメイン648,000円162,000円

※プライマリドメイン・サブドメインはそれぞれ別個に「1ドメイン」として扱われる。

【期間限定】SpreadJSでInputManJSをおトクに使おう!キャンペーン

高機能JavaScriptライブラリ「SpreadJS」のバージョンアップとセルに高度な入力機能を付与する「InputManJSセル」の搭載を記念し,「InputManJS」の開発/配布ライセンスを標準価格より【70%オフ】で提供するキャンペーンが1月30日(水)より3月31日(日)まで期間限定で行われる。
SpreadJSの製品情報
URL:https://www.grapecity.co.jp/developer/spreadjs
SpreadJS V12Jの新機能詳細
URL:https://www.grapecity.co.jp/developer/spreadjs/release/12
InputManJSの情報
URL:https://www.grapecity.co.jp/developer/inputmanjs

バックナンバー

2019年

  • グレープシティ,SpreadJSの新バージョン「V12J」を2019年1月30日にリリース

バックナンバー一覧