ニュースリリース

グレープシティ,JavaScriptライブラリ「ActiveReports JS」を2019年12月11日にリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は,クロスプラットフォームで動作する使いやすいデザイナと,ブラウザ上で帳票を閲覧できるビューワなどを収録したJavaScriptライブラリ「ActiveReportsJS(アクティブレポートJS⁠⁠」を2019年12月11日(水)にリリースする。

新発売となるActiveReportsJSは,帳票の外観デザインの設定からデータの接続,印刷,PDFやExcel形式への出力まで,Webアプリケーションの帳票開発に必要なあらゆる機能を備えたJavaScript製品。帳票エンジンはクライアントサイドで動作するので,サーバーサイドの技術に依存することなくWebアプリケーションに帳票出力機能が組み込める。また,付属している帳票デザイナを利用することで,帳票設計にかかる工数を大幅に削減できるという。

ActiveReportsJSの特長

クロスプラットフォームで使える帳票デザイナ

クロスプラットフォームで動作する帳票デザイナは,WindowsだけでなくMac環境にもインストールが可能。豊富に用意された帳票設計用のコントロールを,ドラッグ&ドロップ操作で任意の位置に配置することで直感的に帳票をデザインできる。

マルチブラウザ対応の高機能帳票ビューワ

検索,表示ページ数の切り替え,ページ移動,拡大/縮小など多数の機能を備えた帳票ビューワを使用して,ブラウザ上で帳票の閲覧が可能。印刷やPDFなど各種形式への保存も標準機能として利用できる。 また,不要なボタンの削除やカスタムのボタンの配置など,帳票ビューワ上のツールバーを任意に変更することに加え,テーマ(CSS)で外観を自由にカスタマイズできる。

多様な帳票レイアウトに対応

表形式のレイアウトはもちろん,折れ線グラフ,棒グラフ,円グラフなどのグラフや,日本で使用頻度の高いQRコード,郵便カスタマバーコード,コンビニバーコードなどを含んだバーコードにも対応。グラフやバーコードを利用することで,より訴求力の高いグラフィカルな帳票を実現できる。

日本特有の要件に対応

行間・ピッチの指定,均等割付,縦書き,禁則処理,長体での表示,PDFへの外字埋め込みなど,日本の帳票に求められる機能を多数搭載。また,点線や二重線などの罫線の出力や,個別に大きさを指定できる角丸など,細かな調整ができる。

人気のJavaScriptフレームワークに対応

JavaScript開発で利用されることの多い定番のフレームワーク「Angular」⁠React」⁠Vue.js」をサポート。また,TypeScriptを使用した開発にも対応している。

必要システム

ActiveReportsJSライブラリ

ブラウザInternet Explorer 11,Microsoft Edge,Chrome,Firefox, Safari 5.1以上,iOS(Safari/Chrome⁠⁠,iPadOS(Safari/Chrome)

※Android用ブラウザはサポートしていない。

JavaScriptフレームワークAngular(V7~9⁠⁠,React(V16⁠⁠,Vue.js(V2)

ActiveReportsJSデザイナ

OSWindows 8.1/10/Server 2012/Server 2012 R2/Server 2016/Server 2019/macOS

価格

1年定額制のサブスクリプション

ライセンス種別価格(10%税込)
初回費用リニューアル価格
開発ライセンス165,000円165,000円
配布ライセンス(1ドメイン)660,000円165,000円

※ActiveReportsJSの詳しい製品情報は,製品ページで確認のこと。

バックナンバー

2019年

  • グレープシティ,JavaScriptライブラリ「ActiveReports JS」を2019年12月11日にリリース

バックナンバー一覧