ニュースリリース

ソラコム,4つのセンサー内蔵の小型IoTデバイスを発売

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

⁠株⁠ソラコムは2020年2月12日, 省電力通信のLTE-Mを使い,GPS,温度,湿度,加速度の4つのセンサーが使えるIoTデバイス「GPSマルチユニット SORACOM Edition」⁠GPSマルチユニット)を発売した。

「GPSマルチユニット」は,GPS,温度,湿度,加速度を計測する4つのセンサーが内蔵され,同社のLTE-M通信に対応した特定地域向けIoT SIM(plan-D,plan-KM1)をセットして使うことで,センサーデータをセルラー回線で送信することができる。

GPSマルチユニット SORACOM Edition

GPSマルチユニット SORACOM Edition

デバイスは外部給電で利用できるほか,充電式バッテリーが内蔵されているため,持ち歩いたり,電源が供給できない場所で利用することも可能。デバイス側に必要な通信設定が入っているため,ユーザはブラウザからの操作だけで,取得するセンサーの値や取得タイミングを設定し,センサー活用を始められる。

GPSマルチユニットとSORACOMのダッシュボード作成・共有サービス「SORACOM Lagoon」を使うことで,収集したデータをグラフ化して,パソコンやスマートフォンで閲覧したり,事前に設定したしきい値を超えた場合にアラート通知し,メールやLINE,Slackなどのツールと連携させるといった仕組みも設定することができる。

また「SORACOM Beam」⁠SORACOM Funnel」などのSORACOMサービスを用いることで,クラウド上やオンプレミスに用意したサーバとデータを連携することも可能。収集したセンシングデータを予兆検知や,機器の自動制御などのシステムの一部として活用できる。こうした活用により,たとえば社用車や物流コンテナの位置トラッキングや,オフィスや店舗,倉庫内の温度湿度の管理,建設現場の熱中症対策,工場の装置の温度湿度の管理および経年による機器の傾きの検知,農業や林業など農業や林業でのひとり作業の安全把握(位置トラッキングおよび転倒検知)といった用途への利用が期待されている。

SORACOMの各種サービスを利用したシステム構成イメージ

SORACOMの各種サービスを利用したシステム構成イメージ

「GPSマルチユニット」のデータを可視化した例

「GPSマルチユニット」のデータを可視化した例

価格は,特定地域向けIoT SIM(plan-D)を同梱したスターターキットとして,1セット11,000円(税抜⁠⁠,SORACOMのユーザーコンソールから購入可能。

購入費用のほか,月々の利用料金として,SORACOM Air for セルラー plan-Dの基本料金/通信料金およびSORACOMの各サービスを利用する場合はその利用料が必要となる。

GPSマルチユニットSORACOM Edition(バッテリー内蔵タイプ)スターターキット
URL:https://soracom.jp/products/kit/gps_multiunit/