ニュースリリース

「U-22プログラミング・コンテスト2020」公式Webサイトをオープン,今年度の応募要項を公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は,U-22プログラミング・コンテスト2020公式Webサイトをオープンするとともに,今年度の応募要項を公開した。

「U-22プログラミング・コンテスト2020」公式Webサイト
URL:https://u22procon.com/

画像

「U-22プログラミング・コンテスト」は国内の優れたIT人材の発掘・育成を目的として,1980年から続けられているコンテスト。41回目を迎える今年は,今まで以上に受賞者の将来を見据え,経済産業大臣賞の副賞を昨年の40万円から50万円に増額するほか,⁠行くぞ!「MIRAI PASS」⁠と題し,IPA未踏事業への推薦や起業支援など,受賞後のステップアップの道も整えられている。

「U-22プログラミング・コンテスト2020」の概要は以下の通り。

参加資格

22歳以下(1998年4月2日生まれ以降)の方

チームの場合も参加資格は原則上記の通り。ただし,チームの代表者が22歳以下で,メンバーの半数以上が22歳以下で構成されている場合は,同一学校に所属する学生限定で,23歳以上(西暦1998年4月1日以前に生まれた方)もメンバーの一員として参加することを許容する。

募集内容

未応募(他のコンテスト含む)のオリジナル作品であること

未応募とは,U-22プログラミング・コンテスト2020最終審査会(2020年10月18日)よりも前のコンテストで応募歴のない作品。ただし大幅な改変のある作品に限り応募を可能。その場合,改変前後の比較資料を添付が必要。評価は審査委員に一任される。

応募方法

公式Webサイトを参照。

2020年開催スケジュール(予定)
4月1日(水)応募要領発表/公式Webサイト・応募要項公開
7月1日(水)
~8月31日(月)
応募受付期間
10月18日(日)最終審査会・各賞発表(ニコニコ生放送・一般聴講可)
10月19日(月)経済産業大臣賞・商務情報政策局長表彰式(予定)

最終審査会・表彰式イベントは,新型コロナウィルスをはじめとする感染症等,状況に応じて開催規模の縮小・オンライン開催・延期・中止などを検討,対象者には速やかに通知される。

U-22プログラミング・コンテスト2020実行委員会(敬称略)
委員長青野 慶久
サイボウズ株式会社 代表取締役社長
委員浦川 伸一
損害保険ジャパン株式会社 取締役専務執行役員/SOMPOシステムズ株式会社 代表取締役社長
佐々木 智也
株式会社デジタルガレージ 執行役員 社長室長インキュベーション担当 オープンネットワークラボ推進部長
荻原 紀男
株式会社豆蔵ホールディングス 代表取締役会長 兼 社長
武井 千雅子
株式会社フォーラムエイト 代表取締役副社長
田中 邦裕
さくらインターネット株式会社 代表取締役社長
田中 啓一
日本事務器株式会社 代表取締役社長 兼 CEO & CIO
水谷 学
ピー・シー・エー株式会社 取締役相談役
和田 成史
株式会社オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長
(調整中)株式会社ピーエスシー
U-22プログラミング・コンテスト2020審査委員会(敬称略)

外部有識者のみ,協賛企業審査委員除く

委員長筧 捷彦
早稲田大学名誉教授/特定非営利活動法人情報オリンピック日本委員会 理事長/公益財団法人情報科学国際交流財団 理事長
委員石戸 奈々子
NPO法人CANVAS理事長/慶應義塾大学 教授
遠藤 雅伸
東京工芸大学芸術学部ゲーム学科 教授
齊藤 康幸
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会CEDEC運営委員会 委員長/株式会社ヘキサドライブ 取締役/東京支社長
シブサワ コウ
ゲームクリエイター
竹迫 良範
高知工業高等専門学校 客員教授
夏野 剛
慶応義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授
馬場 保仁
日本工学院専門学校・日本工学院八王子専門学校デザインカレッジ顧問/株式会社ファリアー 代表取締役
藤井 彰人
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)未踏IT人材発掘・育成事業 プロジェクトマネージャー
まつもとゆきひろ
一般財団法人 Rubyアソシエーション代表理事・理事長
宮本 久仁男
情報セキュリティ大学院大学
客員研究員/株式会社NTTデータ 技術革新統括本部 システム技術本部 セキュリティ技術部 情報セキュリティ推進室 NTTDATA-CERT担当