ニュースリリース

ソラコム,年次イベント「SORACOM Discovery ONLINE」でIoTプラットフォームの“最終進化形態”を形作る新サービス,新機能を発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

⁠株⁠ソラコムは2020年7月14日(火⁠⁠,同社の主催するカンファレンス「SORACOM Discovery ONLINE 2020」の基調講演にて,新たなIoTインフラやサービス,新機能などを発表した。⁠SORACOM Discovery」は同社の年次カンファレンスで,IoTプラットフォームSORACOMに関する最新の技術情報や活用事例を紹介している。昨年は東京,グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールで開催されたが,今年は他のイベントの例に漏れずオンライン開催となった。

「SORACOM Discovery ONLINE 2020」で挨拶に立つソラコム代表取締役社長 玉川憲氏

「SORACOM Discovery ONLINE 2020」で挨拶に立つソラコム代表取締役社長 玉川憲氏

前日の説明会で,ソラコム代表取締役社長の玉川憲氏は,⁠グローバルコネクティビティで新しい産業を創る!⁠というビジョン元,ソラコムのプラットフォームは最終進化形態を迎えた」と語った。その言葉通り「SORACOM Discovery」でその具体的な発表が行われた。

ここでは,同カンファレンスで新たに発表された注目のサービスや新たなIoTインフラを中心に紹介する。

世界中どこでも最適なデータ通信を利用 ―1枚のSIMで複数のデータ通信契約ができる「サブスクリプションコンテナ」

現状でもSORACOM SIMは全世界140を超える国でキャリアを超えて利用可能であるが,地域によって最適な料金プランが使えず,割高で利用しづらいといったユーザの声があった。これに応えるため,ソラコムは同社が販売するIoT SIMに,複数の通信契約(サブスクリプション)をコンテナ化して無線経由で自由に追加できる「サブスクリプションコンテナ」の機能を追加した。

サブスクリプションコンテナの概要

サブスクリプションコンテナの概要

これまで提供されていたプライマリのサブスクリプション「plan01s」は世界140以上の国,地域をカバーするが,欧米で割安な料金となっている。これに加え,KDDIの回線を使用することにより,日本国内でplan01sと比べ通信料金が約10分の1となる「planX1⁠⁠,そしてアジアパシフィック13ヵ国での通信が可能となり,各国での通信料金が劇的に抑えられる「planP1」の2つのサブスクリプションが新たに使用可能になった。

新たなサブスクリプション「planX1」⁠planP1」

新たなサブスクリプション「planX1」「planP1」

「planP1」で利用できる通信料金,ミャンマーでは従来の100分の1に!

「planP1」で利用できる通信料金,ミャンマーでは従来の100分の1に!

これらのサブスクリプションはソラコムのコンソール上から簡単に追加することができ,一度追加するとSIMの位置から最適なサブスクリプションに自動で切り替わる。また,サブスクリプションが切り替わっても,SORACOMの提供する各種サービスは透過的に利用可能である。

サブスクリプションコンテナの利用料は,1サブスクリプションを追加するごとに初期費用3.0USドル,月額1.8USドル,これとは他に各地域の通信料が従量課金される。

デバイスからのデータにユーザのロジックを適用,転送「SORACOM Orbit」

IoTデバイスから送られてくるデータフォーマットは転送効率の良いバイナリ等の形式が多く,クラウド側のアプリケーション等では扱いづらいという問題に対応したサービス。⁠SORACOM Orbit」を使うと,デバイスから送られてきたデータをSORACOMの各種サービスに送り込む前に,あらかじめ用意されたユーザが設定したロジックに従って変換して送信できる。たとえばデバイスからバイナリで送られたデータをクラウドで扱いやすいJSON形式に変換するといった操作が可能。ロジックはデバイスに返すレスポンスにも適用できる。

SORACOM Orbit

SORACOM Orbit

提供ロジックはWebAssembly形式で登録し,SIMのグループごとに適用可能。WebAssemblyのコード生成用に,AssemblyScript,Rust,C/C++(Emscripten)向けのSDKが提供される。

コンソールのSORACOM Orbit設定画面

コンソールのSORACOM Orbit設定画面

料金は,基本料金がSIM1枚につき20円/(利用した月のみ)+10,000リクエストあたり40円(オペレーター単位⁠⁠。月間SIM1枚分+10,000リクエスト分の無料使用枠がある。

ソラコムのソラ=宇宙というモチーフをもとに,衛星軌道上で一度データを受け取って宇宙に送り出すイメージから「Orbit」と命名された

ソラコムのソラ=宇宙というモチーフをもとに,衛星軌道上で一度データを受け取って宇宙に送り出すイメージから「Orbit」と命名された

バックナンバー

2020年

  • ソラコム,年次イベント「SORACOM Discovery ONLINE」でIoTプラットフォームの“最終進化形態”を形作る新サービス,新機能を発表

バックナンバー一覧