ニュースリリース

プログラミング生放送,キャラクターを使ったアプリなどのコンテスト『マスコットアプリ文化祭2020』を開催,支援給付金も実施

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

IT・開発系のコミュニティ「プログラミング生放送」は,キャラクターを利用したアプリなどの作品を募集し,選出・表彰を行うイベントマスコットアプリ文化祭2020の開催を発表した。

マスコットアプリ文化祭2020

マスコットアプリ文化祭は,主催・協賛する企業や団体などのイメージキャラクターや,二次利用・二次創作が可能なガイドラインが整備されているキャラクターを利用した作品を募集し,主催・協賛団体がそれぞれ独自の基準で作品を選考し表彰するもの。キャラクター同士がコラボした作品など,キャラクターファンが楽しめるイベントとなっている。

募集作品はいわゆる「アプリ」だけでなく「アプリ以外の作品」も受け付けており,誰でも気軽に参加できる。

なお,マスコットアプリ文化祭でのキャラクターは,いわゆる「萌えキャラ」的なキャラクターで,いわゆる「ゆるキャラ®」とは区別しているとのこと。

参加を表明しているキャラクターは下記の通り(2020/10/13時点,順不同⁠⁠。

  • 東北ずん子&東北イタコ&東北きりたん(SSS 合同会社)
  • ジスたん(ファンタジスタ)
  • 美雲このは(GMOインターネット株式会社)
  • 珠音ちゃん(HSPTV!)
  • 掛物継美&姫屏風美香(片山表具店)
  • 煌御門 碧琴(仲嶋はりきゅう院)
  • いちごのくにのイーたん(いちごちゃんベリープロジェクト推進委員会)
  • くすり屋の良佳さん(ハヤシ薬局)
  • 七海波音(婆娑羅Project合同会社)
  • 美月咲紅(株式会社ツキエス)
  • プロ生ちゃん(合同会社プロ生)

通常は二次創作のみ認めている団体も,マスコットアプリ文化祭用に二次利用可能なイラスト素材などを提供している。

また,マスコットアプリ文化祭2020と併せて,キャラクターを使った自作PC・MOD PCを募集する「プロ生ちゃん自作PC・MOD PCコンテスト with マスコットアプリ文化祭2020」も開催される。

プロ生ちゃん自作PC・MOD PCコンテスト with マスコットアプリ文化祭2020

さらに,参加者へ創作活動の支援金として,上限2,000円が支給される「プロ生ちゃんマスコットアプリ文化祭給付金」も実施される。マスコットアプリ文化祭2020に作品を登録後に申請すると,審査の上,作品の創作に関わる書籍,イラスト・音楽素材,ソフトウェア,ハードウェアなどの購入の支援として2,000円が支払われる。

プロ生ちゃんマスコットアプリ文化祭給付金

応募規定やスケジュールなど,詳しくはマスコットアプリ文化祭2020のページを参照のこと。

マスコットアプリ文化祭2020
URL:https://mascot-apps-contest.azurewebsites.net/2020/
  https://pronama.jp/2020/10/01/apps-contest-2020/
プロ生ちゃん自作PC・MOD PCコンテスト2020 with マスコットアプリ文化祭
URL:https://pronama.jp/2020/10/03/jisaku2020/
プロ生ちゃんマスコットアプリ文化祭給付金
URL:https://pronama.jp/2020/10/13/apps-contest-benefit/
プログラミング生放送
URL:https://pronama.jp/