ニュースリリース

グレープシティ,ドキュメント生成・更新のための開発支援APIライブラリの最新版「DioDocs V4J」を2021年2月17日にリリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

グレープシティ株式会社は2021年2月17日に,同社のドキュメント生成・更新のための開発支援APIライブラリの最新版「DioDocs V4J」をリリースする。

DioDocs
https://www.grapecity.co.jp/developer/diodocs

DioDocs V4J

DioDocs V4J

「DioDocs」は,Excelファイルの生成・更新の機能を持つ「DioDocs for Excel」と,PDFファイルの生成・更新の機能を持つ「DioDocs for PDF」の2つの製品から構成される。

JavaScriptベースのPDFビューワが追加された「DioDocs for PDF V4J」

新バージョンのDioDocs for PDFには,JavaScriptベースのPDFビューワが追加される。これにより,Webアプリケーション上でPDFの表示・操作が可能となり,サーバサイドに配置したAPIと連携することで,注釈の追加・編集やPDFフォームの入力・作成・編集,文書内テキストの検索や選択ができる。このほか,PDF文書の印刷およびダウンロードまで,ユーザはAdobe Acrobatなどの別ソフトウェアをインストールせずに操作・利用可能となる。

DioDocs for PDF V4JのPDFビューワ

DioDocs for PDF V4JのPDFビューワ

Excelテンプレートの帳票設計機能「テンプレート構文」が強化された「DioDocs for Excel V4J」

新バージョンのDioDocs for Excelは,Excelをテンプレートとして簡易に帳票を設計できる「テンプレート構文」の機能が強化された。このほか,ピボットテーブルのデータを可視化する「ピボットチャート」機能の追加,特定の数値条件が満たされるまで計算を繰り返す「反復計算」の機能が追加される。

強化された「テンプレート構文」

強化された「テンプレート構文」

グレープシティ株式会社
http://www.grapecity.co.jp