ニュースリリース

「U-22プログラミング・コンテスト2021」応募要項発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は,通算42回目の開催となるU-22プログラミング・コンテスト2021公式Webサイトをオープンするとともに,今年度の応募要項を発表した。

「U-22プログラミング・コンテスト2021」公式Webサイト
URL:https://u22procon.com/

「U-22プログラミング・コンテスト」は国内の優れたIT人材の発掘・育成を目的として,22歳以下を対象としたジャンル・開発言語不問の作品提出型コンテスト。1980年から続けられており,今年は42回目の開催となる。経済産業大臣賞の受賞者には,コンピュータソフトウェア協会のエンジニア向けセミナーに期間限定で招待,IPA未踏事業への推薦,経営者や起業家からの事業支援,同コンテスト参加者のコミュニティへの参加等の特典が用意されている。

2021年は,⁠夢中は無敵だ。」をコンセプトとし,⁠好き」なモノや「作りたい」モノに熱中すること,楽しむことが,自らの道にもつながっていくということを,コンテストを通じて発信していきたいとしている。

「U-22プログラミング・コンテスト2021」の概要は以下の通り。

参加資格

22歳以下(1999年4月2日生まれ以降)の方

チームの場合も参加資格は原則上記の通り。ただし,チームの代表者が22歳以下で,メンバーの半数以上が22歳以下で構成されている場合は,同一学校に所属する学生限定で,30歳未満(西暦1992年4月2日以降に生まれた方)もメンバーの一員として参加することを許容する。

募集内容

未応募(他のコンテスト含む)のオリジナル作品であること

未応募とは,U-22プログラミング・コンテスト2021最終審査会よりも前のコンテストで応募歴のない作品。ただし,大幅な改変のある作品に限り応募を可能とし,その評価は審査委員に一任される。なお,学園祭をはじめとする学校内等に限定されたクローズな大会は未応募として取り扱うほか,オンライン上の公開有無は問わない。

2021年開催スケジュール(予定)
4月1日(木)応募要領発表/応募要項発表/Webサイト公開
7月1日(木)
~8月31日(火)
応募期間
11月21日(日)最終審査会・各賞発表(ライブ配信予定)

最終審査会は状況に応じて,開催規模の縮小・オンライン開催・延期・中止などを検討し,対象者には速やかに通知される。

U-22プログラミング・コンテスト2021実行委員会
委員長青野 慶久
サイボウズ株式会社 代表取締役社長
委員浦川 伸一
損害保険ジャパン株式会社 取締役専務執行役員/SOMPOシステムズ株式会社 代表取締役会長
荻原 紀男
株式会社豆蔵K2TOPホールディングス 代表取締役社長
鈴木 正之
株式会社ピーエスシー 代表取締役
武井 千雅子
株式会社フォーラムエイト 代表取締役副社長
田中 邦裕
さくらインターネット株式会社 代表取締役社長
田中 啓一
日本事務器株式会社 代表取締役社長 兼 CEO
水谷 学
ピー・シー・エー株式会社 取締役相談役
山本 博士
株式会社スマレジ 代表取締役
和田 成史
株式会社オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長
U-22プログラミング・コンテスト2021審査委員会

外部有識者のみ,協賛企業審査委員除く

委員長筧 捷彦
早稲田大学 名誉教授/東京通信大学 教授/特定非営利活動法人情報オリンピック日本委員会 理事長/公益財団法人情報科学国際交流財団 理事長
委員石戸 奈々子
NPO法人CANVAS 理事長/慶應義塾大学 教授
遠藤 雅伸
東京工芸大学 芸術学部 ゲーム学科 教授
齊藤 康幸
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会CEDEC運営委員会 委員長/株式会社ヘキサドライブ 取締役/東京支社長
シブサワ コウ
ゲームクリエイター
竹迫 良範
高知工業高等専門学校 客員教授
近山 隆
東京大学 名誉教授
馬場 保仁
日本工学院専門学校・日本工学院八王子専門学校デザインカレッジ顧問/株式会社ファリアー 代表取締役
藤井 彰人
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)未踏IT人材発掘・育成事業 プロジェクトマネージャー
まつもとゆきひろ
一般財団法人 Rubyアソシエーション代表理事・理事長
宮本 久仁男
情報セキュリティ大学院大学 客員研究員/株式会社NTTデータ 技術革新統括本部 システム技術本部 セキュリティ技術部 情報セキュリティ推進室 NTTDATA-CERT担当

詳細は公式Webサイト参照。

バックナンバー

2021年

  • 「U-22プログラミング・コンテスト2021」応募要項発表

バックナンバー一覧