ニュースリリース

グレープシティ,JavaScriptライブラリ「Wijmo」の最新版2021J v1をリリース~REST APIとのデータ連携を支援するコントロールを追加

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

グレープシティ株式会社は2021年4月21日,同社のWebシステム開発社向けJavaScriptライブラリ「Wijmo」の最新版201J v1をリリースした。

Wijmoイメージ

Wijmoイメージ

Wijmoは2013年発売以降,年3回のバージョンアップを行いながら,とくにフロントエンド開発の機能を拡充し,改善してきたプロダクト。Angular,React,Vue.jsなどのおもなJavaScriptフレームワークへの対応を強化しているのが特徴のJavaScriptライブラリ。

今回の最新版では,

  • REST APIとのデータ連携を支援する「RestCollectionView」実装
  • 地理空間データを可視化する「FlexMap」⁠ベータ版)実装
  • 1レコード複数行グリッド「MultiRow」機能強化
  • ピボットテーブルコントロール「OLAP」機能強化
  • グラフコントロール「FlexChart」機能強化
  • カレンダーコントロール「Calendar」および日付コントロール「InputDate」機能強化

などの新機能実装や機能強化が行われている。

RestCollectionViewは,基底(Base)クラスとして提供されるRestCollectionViewを,連携する各RESTサービスに合わせて拡張し,Wijmoの各種コントロールとバインドして使用することができるもの。

また,ベータ版としてリリースされたFlexMapは,データソースとしてGeoJSON形式のデータをサポートし,地図上のレイヤにプロットしたい地理情報(経度・緯度)の配列を設定することで,散布図やバブルマップなどの作成が可能となった。

FlexMapを使った描画イメージ

FlexMapを使った描画イメージ

その他,Wijmo 2021J v1の新機能詳細は下記ページを参照のこと。

Wijmo 2021J v1
https://www.grapecity.co.jp/developer/wijmo/release/2021-1

バックナンバー

2021年

バックナンバー一覧